尾道、鞆の浦への旅行記 Ⅴ | シニア夫婦は気ままに・・・

シニア夫婦は気ままに・・・

気ままに手作り、美味しく手作りの
日々の暮らしを綴って行きます

本日二度目の更新です

( 昨夜更新できずで お出かけの今日は予約投稿です )

 

旅行記第五弾

 

早く綴らないと そろそろ記憶が・・・

 

またまた画像多くて・・・ あせるあせる

適当にお付き合いを~

 

11月19日

 

耕三寺を後に 再びしまなみ海道を渡り

鞆の浦へ

 

今宵のお宿

汀邸 遠音近音

 

 

 

古き良き面影を残す玄関から

渡り廊下 下差し を抜けてロビーへ

 

 

 

チェックインを済ませお部屋へ

 

部屋からは仙酔島を望んで

 

 

 

部屋のお風呂は半露天風呂

冬は 半露天が有りがたい

波の音を BGM に優雅な朝風呂は

何とも贅沢でした

 

 

到着して すぐには

貸し切りの家族風呂へ

 

 

やっぱり広いお風呂は気持ちいいー

 

ではお待ちかねの夕食です

 

お食事処 『 颯 』 で

 

こんな景色を望みながら

 

 

では始めます

 

 

翌日 このいろは丸に乗って仙酔島へ渡りました

 

乾杯はビールで

 

 

前菜

秋鯖酢〆焼霜  菊菜豆腐  穴子南蛮漬け

蛸柔らか煮  柿ピクルス   蝦蛄真丈広島菜巻き etc

 

秋皿

京芋饅頭おかき揚げ

三良坂チーズ  零余子  菊菜湯葉庵かけ

トッピングは ゴボウ千切りの素揚げ

 

お造り

行燈お月見仕立て

鯛昆布〆酒盗和え  刺身蒟蒻

赤にし貝殻盛り  地穴子薄造り

鰆焼霜  太刀魚

バターナッツ

 

三種たれ

琥珀醤油 ・ ハーブオイル ・ 檸檬塩

 

焜炉

紅葉鯛きのこ鍋

世羅産「松きのこ」

廿日市産「あわび茸」

 

箸休め

広島牡蠣オイル漬けとオイスターリーフ

この小さな葉っぱが

高級食材のオイスターリーフ

噛むと牡蠣そのもの びっくり

 

肉料理

黒毛和牛  雲丹とろろ味噌焼き

秋茄子  粟麩  彩りパプリカ

アスパラ  さつま芋春巻き

蓮根煎餅

 

お食事

鯛釜飯

 

土瓶仕立て

 

一膳目はそのままで

 

二膳目は焜炉にかかっている土瓶の中の

熱々の干し椎茸の出汁をかけて

これが絶品でした ビックリマーク

 

残った鯛めしは 

お夜食におにぎりにして下さいました

 

水菓子

 

こちらはサービスでした

二度目の投宿ということで

でも食べ切れず・・・

 

満足の夕食でした

 

こちらのお宿でも

珍しい食材に出会って 幸せ ハート

 

 

つづく

 

最後迄お付き合いありがとうございました

 

 

下のランキングに参加しています

ポチッとクリックして頂けたら励みになります ♪

どうぞよろしくお願いいたします

 


人気ブログランキング

 

 
にほんブログ村

 


にほんブログ村