「JUMP system」で日本語を上手に教えたい ブログ

「JUMP system」で日本語を上手に教えたい ブログ

「JUMPsystem」と『みんなの日本語』を中心に、自分が実際に教えるときに使用した教材や現場の様子をシェアしたり、文法などについて考えたりしていきます。教え方や教案作りの助けになれば幸いです。

 

コロナ禍でオンライン授業が主流となっています。

 

コロナ以前にオンラインで教えたことがない私にとっては大逆風でした。

 

授業準備やPC操作への対応はもちろん、授業スタイルを変えることにはかなり苦労しました。

その甲斐あって、いくらか前身できたなという実感もあります。

 

JUMPsystem的ドリルも含めて、それらをまとめておこうと思います。

 

オンライン授業で失敗を繰り返すうちに、意識的に気をつけるようになったことがあります。

 

ざっくりいうと、3つです。

 

 

<共通のルールを決める>

オンライン授業をなるべく対面と変わらないようにするためには、ルールを設定して学生と共通認識を持っておくと快適です。私のクラスでは、以下の4つがルールとなりました。

 

・画面はONにする

・マイクは話すとき/指示されたときにONにする(基本OFF)

・話したい、質問があれば「手をあげる」

・確認ではスタンプを活用する

 

「画面をONにする」

日本語でやりとりする上で、視覚情報が大きな役割を担っているのは言うまでもありません。また、見えないと「好きなように」授業を受けられることになります。その「好きなように」が洗練されていくなんてことはまずあり得ませんね。

 

「マイクのON /OFF」

数名単位のクラスであれば、問題はないでしょう。ただ10名を超えると、教室での「それ」とは全く異次元の状態になります(学生によりますが)。慣れれば、対面授業よりもメリハリのある感じになりますよ(音としての笑いなどの反応が減るのは寂しいですが)。

 

「手をあげる」

私のクラスでは「ZOOM」を利用していました。昨日の中に「挙手」のスタンプがあり、質問や発言をしたい場合に活用していました。通常のスタンプと異なり、「手をおろす」まで消えないスタンプで、便利でした。

 

「確認ではスタンプ」

全体への支持をする際、例えば「10分で問題Aを解いてください」と言っても指示がしっかり通っているか不明瞭です。そんなとき、指示の最後に「わかった人はスタンプを教えてください」と言えば誰がわかっていないか一目瞭然です。※時折、わかっていないのにスタンプを押す優等生がいる可能性もあります。

 

 

以上のルールを共通認識として持ち、実行できるようになると、対面と大差ない授業になりました。

 

<反応を待つ>

オンライン授業ではそれぞれの機器、ネット環境に左右されがちです。

特にネット環境による「タイムラグ」はやりとりしている双方にも、聞いている側にも不快感を与えかねません。

 

オンラインといえど、教師としてはこちらの発話が届いているか、学生が理解しているか、聞いているか等々、心配事が山ほどあるために「〜さんはどう思いますか?」 「〜さん?」「聞いていますか?」と間髪入れずに言いたくなります。

 

間髪を入れずに話してしまうと、以下のようにカオスとなります。

 

「〜さんはどう思いますか」「わたs「〜さん?」」「はい」「〜さん、聞いていますか?」「はい、聞いて「〜さん?」

 

やりとりがカオスになる上に、元々の質問は遠のき、また、カオスを聞かされる周りは不快になるかもしれません。

 

そこで、「待つ」です。

 

相手が反応する、言い切るまで待つ。

 

<画面は見せたいものだけ>

これは共有画面を使う場合です。私は導入などではKeynoteを使用してます。オンライン授業に移行した後も変わりませんでした。ただし、スライド1枚に入れる情報は少なく、わかりやすくをモットーに、以前よりもシンプルさを意識するようになりました。

私の学生のほとんどがスマホで受けています。今までスクリーンやTVで見せていた画面を、スマホの小さい画面で見ることは負担が大きく変わることは想像に難くありません。

そのことに気づいてからは、要点を絞ることに磨きがかかったと自負しています。また、目への負担を考慮して明るさを落としたり、見やすい配色を意識したりできるようになったのも収穫でした。

 

 

オンライン授業を始めた当初は、私も学生もゆっくりゆっくりやっていましたが、慣れるにつれて対面授業と変わらないほどのテンポで進められるようになりました。慣れというのはすごいですね。

 

 

 

みなさんはオンライン授業をする上で、どんなことに気をつけていますか。

何か良いアイディアがあれば教えてください。

 

秋です。

日本語教師としてもっとJUMPしていきましょう。

 

 

コロナ禍で

季節の変わり目

見過ごし過ごす

慣れから生じる

飽きはfall

 

 

 

 

今週日曜は定例会です。

 

毎月第4日曜日(日本時間)に10〜名の先生が集まり、JUMPsysytemを通して、日本語教授法、日本語文法について話し合っています。

 

JUMPsystemは何か?というと、日本語文法を3つのシステムとして捉えるものです。

一般的な<日本語を教えるための理論>と重なる部分はあるのですが、統一性という点ではかなり画期的だと思います。その都度、教えるのではく、システムの中の1つとして教えていきます。

 

一度システムを教えてしまえば、新しい事項が出てきても、システムに当てはめるだけです。

 

学生は学んんだことが、先生は教えたことが繋がっていきます。

そのため、学生は毎回文法を理解する、先生は毎回新たに教えることがなくなり、双方の負担が大幅に減るというわけです。

 

そうすることで、文型を練習する時間は逆に増えます。

 

「文型を練習する」と言うと機械的だったり、強制的なイメージを持つかもしれません。

が、そうではありません。

 

JUMPsystemでは、「リーディングクエスチョン」を駆使した「ドリル」を行います。

特に最初の段階は先生が文字通り「リード」していくため、「先生主導型」です。

 

ただし、学生の既習事項を考慮し、「リードクエスチョン」を用いて会話をリードしていくため、学生は「自由会話」をしている感覚になります(それを目指す)。

 

練習のための会話ではなく、会話をしていくことで、それが練習になる、というわけです。

 

 

「なんだそりゃ」と思いますよね。

実際、そのような「会話の流れ」を作るのには苦労します。既習文法、語彙、学生の特性、定着率、話題・・・色々と考えながら、尚且つ、瞬時に判断していかなければなりませんから・・・(でも、会話ってそうですよね)。

 

初めのうちは、「機械的な会話」になりがちですが、やっていくうちに先生も「リーディングクエスチョン」で会話を作っていけるようになります。そうなるまでは、本当に苦労します。

 

それでも、JUMP的「ドリル」を覚えると授業感が変わる、あるいは、広がるはずです。

 

その第一歩が「リーディングクエスチョン」を考えることから始まります。

 

 

・・・長くなりましたが、その「リーディングクエスチョン」について、今週の日曜日の定例会ではやっていきます。

 

興味がある方は、ぜひメッセージを。

 

 

おしゃべりを

クラスでするのは

愚の骨頂

優先事項は

学びの提供

 

プロの土俵の上に立ちたいものです。

 

 

 

 

 

次回は「でしょう」と「かもしれない」を担当します。

 

 

「でしょう」と「かもしれない」の違いはなんでしょうか。

 

そう聞かれると、やはり「『でしょう』は、80%ぐらいの確証度で・・・」や「『かもしれない』は50%ぐらいの・・・」などが頭に浮かぶでしょうか。

 

 

上記の「違い」は「意味」ですね。

他にどんな「違い」があるかと考えてみると、「文法」と「使用場面」でしょうか。

 

 

では、どの「違い」が大事か、という問いは野暮ですね。

全て大事で、力の入れ具合は学習者、ニーズ、アプローチによって教師が加減しなければならないからです。大変ですね。

 

 

でも、もし、教える時にどれかの比重を少なくすることができれば、教師も学習者も楽になるはずです。その上、浮いた時間を練習に当てられるので尚良しです。

 

 

そこでJUMPsystem(以下、JUMP)です。

 

JUMPでは、文法のミニマムルールが前提です。

 

 

 

「でしょう」と「かもしれない」に文法の「違い」があるのか?今まで学んだ(教えた)ことと比べたら?

 

 

そこらへんを念頭に置いて、知的興奮を煽り、導入できるかどうか・・・

 

やってみようと思います。

 

 

文法の

言葉に感じる

難解感

経験してない

難、快感

 

 

教師の自己満文法授業にならないように・・・

 

 

 

 

 

日本語文法、教え方に興味がある方はぜひ!↓