Each map contains a different Variables Warehouse topic with the same key attribute defined as vars. Each of the Variables Warehouse topics contains a product variable with the same ID (productName), but a different value (Classic Toaster or Lightning Toaster).
それぞれのマップは、変数として定義された同じキー属性を持つ異なった 変数倉庫トピックを含んでいます。 変数倉庫トピックのそれぞれが同じID(productName)ですが、異なった値(クラシックトースターあるいはライトニングトースター)の製品変数を含みます。

The Toasting Bread topic has a conkeyref added with the value vars/productName, which is an address to the variable element that combines the key of the Variables Warehouse topics (vars) and the product variable ID (productName). In the Toasting Bread topic, this address resolves to the variable value (Classic Toaster or Lightning Toaster) depending on which map you use the topic in. This is possible because the conkeyref uses an indirect address that combines a key and an ID instead of a direct address. The same key/ID pair can resolve to different content when the key is assigned to a different warehouse topic that uses the same set of IDs for its variables.
パン焼きトピックは 変数倉庫トピックのキー(変数)と製品変数ID(productName)を結合する可変的な要素へのアドレスである値変数 / productName で 加えられるconkeyref を持ちます。 パン焼きトピックで、このアドレスは、あなたがどのマップでトピックを使うかに依存して変動値(クラシックなトースターあるいはライトニングトースター)に解決します。 Conkeyrefが、直接アドレスの代わりにキーとIDを結合する間接アドレス使うのでこれは可能です。 同じキー / IDのペアはそのキーがその変数のために同じセットのIDを使う異なった倉庫トピックに割り当てられるとき、異なったコンテンツに解決することができます。

How it’s done: With conkeyrefs, you can reuse small bits of content that might change. You can do it by inserting conkeyrefs in your topics that point to the IDs of elements in a warehouse topic. As a result, the content of the element is pulled from the warehouse topic and displayed in your topic. The address to the variable that is used by conkeyref is indirect and, therefore, can resolve to different variable values. The value to which it resolves depends on the variable value defined in the warehouse topic. If you’re interested in an article dedicated to conkeyrefs, please let us know in the comments!
それがされる方法: conkeyrefsで 、あなたは変化するかもしれないコンテンツの小片を再利用することができます。 あなたはそれに倉庫トピックの要素IDを指し示すあなたのトピックにconkeyrefsを挿入することでそうすることができます。 結果として、要素のコンテンツは倉庫トピックから引き出され、あなたのトピックに表示されます。 Conkeyrefによって使われる変数へのアドレスは 間接であって、従って、異なった変数値に解決することができます。 それが解決する値は倉庫トピックで定義された変数値に依存します。 もしあなたがconkeyrefs専用記事に関心があるなら、どうかコメントで我々に知らせてください!

===========================================================

インターネット・コンピュータランキング

============================================================

ネットサービスランキング

============================================================