2010年10月27日(水)

白菜と豚肉の重ね煮

テーマ:男子厨房に入りましょう


おとこの食の自立をめざして~男子厨房に入りましょう-白菜と豚肉の重ね煮

〈材料〉2人分

白菜 1/4株
豚バラ肉薄切り 200g程度
濃口しょうゆ 大さじ3
酒 大さじ3~4







ナイフとフォーク作り方-------------
1)白菜の葉と茎は長さ5~6cmくらいに切る。茎の方はさらに縦半分に切る。(切り口が斜めになるように「そぎ切り」にすると、火の通りがよい。)豚バラ肉薄切りは7~8cm長さに切る。
2)大きめの鍋(ホウローなどがよい)に、白菜の茎の方を入れ、次に豚バラ肉を広げて敷く。その上にまた、白菜、豚バラ肉の順に重ねていく。
3)上からしょうゆ、酒をまわし入れ、フタをする。
4)鍋を弱火にかける。グツグツといってきたら、時々フタを開けて軽く上下を混ぜる。白菜が柔らかくなったら火を止め、盛りつける。



メモポイント-------------

水やだし汁を一滴も使わず、浸透圧で野菜から出てくる水分(エキス)だけで仕上げる「簡単」「おいしい」秋冬の鍋料理です。お鍋に野菜とお肉を交互に重ね、しょうゆ・酒を回して火にかけ、あとは放っておくだけ。白菜と豚肉の旨味・甘みが絶妙で、野菜が驚くほどたくさん食べられます。(つけだれは不要。)
・お好みで、きのこ類、いちょう切りの大根なども途中に重ね(鍋底に敷くと焦げることがあるため)、一緒に煮て、最後に水菜や春菊などを加えると、旨味も栄養価もさらにアップします。
・最近、某だしメーカーのCMでよく似たメニューを見ましたが、わが家では子どもの頃からの定番。別名「白鍋」。亡き祖父は、翌日におもちを入れて食べるのを楽しみにしていたものです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)