昨晩、トレーニング後に全ての情報をシャットダウンし、帰路へ着きました。

この世界が注目する一戦の録画をまるで生放送かのように観るために。

格闘技は本気と本気のぶつかり合いが観れるので非常に好きです。

格闘技に限らず、どのスポーツもそれが醍醐味ですよね。




とてつもない死闘を制し、井上尚弥選手がWBSSバンタム級を制覇しました。

素人目にも強すぎることがわかるほど強い選手ですが、何が起きても動じず、動じたとしてもすぐに立て直す強さがあるからこそ強いんだということを証明したように思います。

魅せられましたし、感動しました。

終盤までどうなるかわからない試合展開だっただけに感情移入はとてつもなく、胸を熱くしながら観戦。

最高の36分間でした。

この際の攻防を制することができるからこそ井上尚弥選手なのでしょうね。

このような選手が現代で活躍している姿を観れるのが幸せです。

どこまで行くのか?

本当に楽しみです。

おめでとうございます。





川邊