●1-2(0-1/1-1) 長﨑
 


5勝3分10敗。

 

8位という最終成績で2018プレナスなでしこリーグ2部を終えました。

 

数多い新戦力選手を加え、希望と共にスタートした2018シーズンは終盤の失速により非常に厳しい結果で終えることとなりました。

 

まずは昇格も降格もない最終節にも関わらず、大変多くの皆様方にご来場頂けたこと、同時にスタンドが青に染まっているその光景に多くの後押しを感じられたこと、誠にありがとうございました。

 

そして、目標から大きくかけ離れたこの順位に終わってしまったことを大変申し訳なく思っています。

 

 

 


試合は一進一退のゲームではありましたが、勝っているチームと負けているチームの僅かな差が勝敗に現れたように思います。

 

決して、我々も悪いパフォーマンスではなかったと思いますし、走ること、闘うことで相手の嫌がるプレーが出来ていたとも感じています。

 

勝敗がどちらに転んでもおかしくないゲーム展開だっただけに悔しさは積もりますが、この結果も受け入れ次の目標に進むしかありません。

 

 

 

今シーズンは一言に悔しさしか残らないシーズンとなりました。これまでの多くの経験を活かすべきシーズンだったと思っていましたが、さらに奥深い経験を積まなければいけない一年となってしまいました。

 

非常に厳しい現実ではありますが、この悔しさを胸に、今目の前に立ちはだかる壁を全力で乗り越えることを考えていかなければなりません。

 

 

 

選手達と共に、サポーターと共に闘い、これだけ悔しい想いをした一年を忘れることはないと思います。

 

それでも皆で全力で闘えたこの一年を誇りに思いますし、この時間を何よりも大切に思っています。

 

2018シーズンも残すところ皇后杯のみとなりましたが、皇后杯も勝利に拘り闘い続けたいと思います。

 

これからも応援して頂けるようなチームを目指して精進して参ります。引き続き宜しくお願い申し上げます。
 

 

 

 

 


川邊