こんにちは。
「若者・女性の未来を創る」就活応援スポット、 就活ファクトリー東大阪です。

 

東大阪市内企業 Pick Upシリーズ!


今回で4社目となる

「山本光学株式会社」

をご紹介します。

 

 

 

山本光学株式会社は、1911年の創業以来「眼を護る」製品を開発、製造、販売しています。


産業用安全眼鏡、レーザー光用遮光眼鏡、呼吸用保護具など様々な製品を展開していますが、一般的にはスポーツ関連商品のブランドである『SWANS』が馴染み深いと思います。


『SWANS』のスイミングゴーグルやスノーゴーグル、サングラスを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

春の採用活動はスピーディー!

今回お話を伺ったのは管理部部長の益倉さんです。

 

「3月4月は就職シーズンで忙しいのでは?」とお聞きしたところ、『採用活動はスピーディーに行なうのであっという間ですよ。』とのこと。

 

『現在、新卒者の採用に力を入れており、ウェブサイトからエントリーが可能になっています。

4月の会社説明会後に適性検査、役員面接、そして最終の社長面接を経て、5月末に内定を出します。』


入社後は2ヶ月間の研修を経て、開発や製造、設計、デザイン、営業などいずれかの中で適した部署に配属されるそうです。

 

 

これまでの経験から、「どういう人物が採用になったのか。」ポイントをお聞きしました。

 

 

『元気でハキハキとした人』
『コミュニケーションが取れる人』
『質問に対して的確かつ簡潔に答える人』

 

 

あげられたポイントは、どの企業の採用担当者も面接時にチェックしていると思います。
現在就職活動をされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

製品ができあがるまで

 

社内には数々の部署、職種があり、社員の皆様それぞれが、製品ができあがるまでに大きな関わりを持っています。


営業は顧客と直接関わるため、率直な生の声を聞くことができます。


山本光学株式会社の営業は、1年目でもイタリアやドイツで開催される展示会への視察や、ヨーロッパ各国にある代理店を訪問します。


そこで聞く「嬉しい声」や「厳しい声」はデザイナーや設計担当者に伝えられ、デザインや新製品の開発に活かされます。


何度も打ち合わせを重ねて描かれたデザインは、CADを使用して立体化し、開発担当者や技術担当者と製造部が協力し試作品を製作。その後、モニターテストを行います。


他にも山本光学株式会社ならではの取り組みがあり、社内のクラブ活動であるスイミング部やスキー部、野球部の練習や試合の際には、試作段階のゴーグルやグラスを使用し、モニターテストを行います。


例えば、チェック項目のひとつである「汗による曇り度合い」を確認するため、冬は雪山へ行き、歩いて山を登っては滑るそうです。


集めたデータは、その日のうちに本社へ送られます。

こうして、繰り返し改善され、ひとつの製品ができあがるまでに1年程かかります。


デザイナーも実際に店頭に出向き、お客様の反応や売れ行きなどを確認するそうです。

自分がデザインした製品が店頭に並ぶと、とても感慨深いといいます。


このように、社員の皆様それぞれが、製品の完成までに大きな関わりを持っています。

 

 

『私たちが造る保護眼鏡やゴーグルは、それ自体が完成されたひとつの製品で、お客様が直接使用して頂いています。だからこそ、目に見えてやりがいがあるのです。』

 

と、益倉さんはお話ししてくださいました。

 

最後に、『社員にはスキーが好きな人が多いのですか?」と質問したところ、益倉さんは笑いながら『冬が私たちの繁忙期のため、製造や販売で忙しくて、プライベートではなかなかスキーに行けないのですよ。』と答えてくださいました。

 

 

会社情報

 

会社名

山本光学株式会社    

電話番号

06-6783-0232

所在地

〒577-0056東大阪市長堂3丁目25-8

アクセス・最寄り駅

近鉄奈良線・大阪線 布施駅

ホームページURL

https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/

採用ページURL

https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/recruit/

 

 

 

東大阪市内企業 Pick Up シリーズ!一覧はコチラ