面接~持ち物アドバイス~

テーマ:

こんにちは。

「若者・女性の未来を創る」応援スポット、 就活ファクトリー東大阪です。 

今日は面接に向けての持ち物アドバイスです。
多くのサイトで同じようなトピックがあげられていますが
+αでご紹介。
まず定番の持ち物から始めましょう。

           

① 履歴書・職務経歴書のコピー
面接先に送った書類、何を書いたか覚えていますか?面接官の多くは書類を見ながら質問されます。※郵送する前にコピーしてください。
② 応募先企業の資料
ホームページに掲載されている企業情報や、求人内容は知っているという前提で面接は進みます。反対に「何か聞きたい事はありますか?」の問いにあなたの疑問をぶつけられる場でもあります。
上記①②はクリアファイルに入れておき、直前にもう一度目を通して確認しましょう。

③ 筆記用具、スケジュール帳
面接に行ったら当日筆記試験があった、なんて事もよくある話です。
次回の面接の日時を提示された場合にはスケジュール帳で即確認。

④ 携帯電話
緊急の連絡以外にも道に迷ったときは地図、交通機関の乗り換えチェックに欠かせません。
もし事故で電車が遅延したら・・・
企業の連絡先、担当者名はすぐにわかりますか?
                  

⑤ 現金
急遽タクシーを利用するなど、現金が必要になる場合を想定してください。普段より多めに持っていると落ち着いて行動に移せます。
⑥ 印鑑
交通費が支給される場合に備えましょう。

⑦ ハンカチ
まだ残暑が残る中ジャケットを着ての面接、緊張もあいまって汗をかいたときにサッとアイロンのかかった清潔なハンカチを出せたら印象UPです。
⑧ 予備のストッキング(女性の場合)
いつどこで伝線するかわかりません。気づいたとき近くにコンビニがあったらラッキー?
幅を取らないですし、鞄に1つ入れておいて損はありませんよ。
             

⑨ 鏡
面接での第一印象は身だしなみ、重要なポイントです。
鏡で最終チェックしていますか?
髪型の乱れ、歯に挟まった食べ物、唇の乾燥、意外と目に付くものです。
女性の場合は化粧崩れを紙おしろいなどで整えられると良いですね。

 

最後の+αとしてオススメしたいのは携帯用のアロマスプレーです。
アロマは緊張した気持ちをクールダウンしてくれますし、メンソールが入っていると冷汗効果も期待できます。ドアを開けて室内に入ったときにほんのり香るアロマは面接官にも良い印象を与えること間違いなし。

          

さあ、「何を持っていけばよかったのかな」という方はこれらを参考にしてください。
備えなければ憂いなし!
面接に必要な持ち物を自立型バックに詰めたら準備完了です。

それでも不安が残るという方、

就活ファクトリー東大阪にお越しください。
東大阪市在住の方はもちろん、その他市外在住の方もお越し頂けます。

※就活ファクトリー東大阪の対象者は39歳以下の若者(男性)と女性(年齢不問)です。

求職中の若者や女性の皆さまのご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております。

577-0056 東大阪市長堂一丁目8-37
 
ヴェル・ノール布施
4 
 TEL: 06-4306-5360 FAX:06-4306-5160

 開館時間 9:0017:30 休館日 土日祝、年末年始

AD