第二十四回・魚座後編:仕事と人生の相談 | CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:


 



   

 

ベル悩める20代に送りますベル

 

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル魚座に答える3つの質問」

第二十四回・魚座後編:仕事と人生の相談

「支配や欲や利益追求・・・のそばは生きにくい魚座」

 

占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!

 

 

魚座の仕事&人生のご相談代表

 

「この世の嫌な?部分から離れたい私はわがままですか?」

「相手をコントロールしたり、利益のために立ち回ったりというのは、頭では立場や環境によって大切なスキルだし、理解できるのですが、自分が身をおく場所としては居心地悪く気持ちが沈んでしまいます。抜け出したい欲にかられるのですが、それは単にわがままなのかなとも思います」

 

まーさのお返事)

 

みなさまこんにちは。まーさです。

さて各星座二回ずつのこの連載も今回が最後!

魚座の仕事&人生のご相談です。

前回の恋愛の回にも書きましたが、今回いただいた魚座さんたちのご相談は、一個一個深いものが多い!その方らしい背景をどれも含んでいるよなあ…と感じつつ拝見しました。

かつ、今回のこれも仕事の相談としていただいたのですが、これって…生き方(人生)の話ではないか…。そう感じたもので。

そのまま両方の意味を含めてお返事考えたいと思います。

 

まず星座の考え方の中で言われているスタンダードの話として。

魚座は確かに、いわゆる競争や利益遵守の考え方、人を思い通りにする・しないみたいなやり方、非常に苦手ですね。

その理由はまあいろいろ考えられると思うのですが、

すごく良い言い方をすると、性格が純粋だから。

悪く?いうならある意味弱いから(そういう形で強さを発揮するのが難しい)みたいなことが根幹にはあるのかな。

 

そもそもここで、「居心地の悪いこと」の例として挙げられているものは、

どれも力・パワーがベースとなっているものというか、ある種の力学というか。

そういうジャンルに分類される何かではないかと思いますが、

これは言い換えるとしたら、

人として生き物としての生命力が、この世で“生き抜くこと”を目的として現れた一つの形、魚座の彼女が苦手だというのはそういうことでしょうか。

 

確かに私としても(僭越ながら)、

自分に余裕がある状態にもかかわらず、誰かをコントロールして自己満足に浸ったり、

より多くの利益を欲張って得ようとしたりするのは、時に非常に浅ましいことに思えます。

それは全く持って同感です。

 

でも少し状況を変えて考えてみるとですね。

 

自分自身も必死になっている中で、「何としてもこの案を通す!」みたいなときに、

誰かの支持を得たくて、言葉や態度で誘導して相手をコントロールするような態度になったり、

利益が何としても必要で、競争相手と真剣に戦ったりすることに関しては、あまりそう感じません。

 

この辺は大変個人差のある感覚なので、そこはご容赦いただくしかないとしても。

 

少なくとも私の中では、

人間同士の中で起こるさまざまな事柄の中のほとんどは、「時と場合による」ものが多いし、

かつ、「その人がどういう背景を持ち、どう考えるかで決まる正義も多い」。

こういう風に感じます。

絶対的な正義とか悪とかも、ごく少数のケースを除けば、ないんじゃないかと。

 

なので、この例の場合でも、

「それが必要なことだと頭では理解していても、生理的に受け付けない」

というものがあるのはまったく問題ないと思いますし、とても理解できます。

人は誰に限らず、自分の気持ちが沈む…、つまり自分を損なってまで、それに順応する必要はないのですよ。本当に嫌なことをやる必要、ないと思います。

 

だって、世界にはそのことをもっと抵抗感なくやる人はいくらでもいますから。

 

逆に、他の誰かにはどうにも無理なことを、あなたはきっとすすんでやってくれるでしょう?

それは全く持ってわがままなんかじゃありません。

 

ただの個体差だし、自分がそれをできないと認めるなら、

それが得意で無理がなくて、何なら好きだという人にお願いして任せればいい。

嫌がっている人を無理やりそこに縛り付けておくのは、真面目な話、非効率的だもの。

 

たとえば、どうにもこうにも掃除が苦手で、努力しようとしてもきれいにできない人って結構いるでしょう。

同時に、いつも誰にも言われなくてもあちこちピカピカにしていて、

何なら人の家まで片づけちゃうし、何ならそれを仕事にしてしまう人だっていますよね。

 

まあ家の掃除を毎回外注することは(経済的に)許されないだろうとはいえ(笑)、

理屈の上だけから言えば、「人は自分の得意なことを人の分までやり、決定的に苦手なことはそれが得意な人にお願いする」。

これが多様性に飛ぶ社会の中での、もっともスマートな生き方ではなんじゃないかと思います。

相互扶助というやつじゃないのかな。

 

…というのが今回のお話の根幹部分なのですが。

ちょっとここからあえて脱線してみるとすると。

 

実に今回のようなご相談、魚座の皆さんには多いのですが。

この例を下さったご当人は、よくよく考えて、でも無理という結論に達しているように感じるのでこれに当てはまりませんが。

時々「人からお金をもらうなんて純粋じゃない!」とか、

あまり考えず、かなり極端な形で何かを忌み嫌うタイプの人もいたりしますね。

この例で言うと、「お金を介在させること=欲?(というか何か不純なもの)にまみれている、よくないもの」みたいな思い込みが先にあるというかね。

 

そう、魚座は確かに12星座内でも「何かに対し純粋な愛情や思いを向けやすい。没頭しやすい」傾向のある人なんですが、

そうであるからこそ、そうでないもの、ちょっとでも純粋さから外れる要素のあるものを急に弾劾したり拒否反応を示したりする面、あったりします。

 

これ、乙女座にも時々見られる傾向ですが。

この二星座(180度離れているがある種のピュア度は同等)、

言い方を変えれば、そう、純粋だし。ある意味子供っぽいというか、熟していない、練れていない種類の個性なのではないかと考えます。

 

最初に出てきた「相手をコントロールする」とか、「利益のために立ち回る」などは、

もちろん自分の欲のために進んでやる場合もありますが、

 

それ自体に個人としては賛同していなくても、「必要とあらばやるしかない」こともあるし、

時に人は主義主張よりも現実的な問題、または大勢や自分のいる集合体のため、やりたくなくてもやるしかない。何なら“手を汚す”必要も出て来るでしょう。

 

まあこの件に関してはこの表現は大げさですが。

「こういう風でありたい」という自分は、人それぞれ違いますし星座によってもそれぞれです。

その自分の中の“理想”に対し、どこまで融通を利かせられるのかというのにも、

かなり個人差はあると思います。

で、魚座は基本的にはかなり柔軟な気質の持ち主ではありますが(普段はもっと「自分を持て!」と思うシーンの方が多いわよ?笑)、

でも、こと理想に関しては、自分というものの純粋さに関しては。

かなり断固とした面を見せる人がとても多い人たちだとも思いますね。

 

極端な例ですけど、魚座、そして先ほどの乙女座はどちらも信仰やスピリチュアリティーとかかわりの深い星座ですし。これと思ったものをまっすぐに信じる気持ちは元々の持ち味なのですよね。

で、そういう混じりけのなさがその人の強さになる…そういう性格だからこそ、

人生の中で出てくる極めて人間臭いこと、競争や欲、エゴなどには弱いというか。

耐性がないのだと思います。

 

そう、子供っぽい、熟していないというのは、愚かということではないのです。

子供の方がしっかりつかんでいる真理というのもこの世にはたくさんあります。

 

が、真っ白はちょっと汚れると真っ白ではなくなりますが、(きわめてその異質感が目立つ)、

いろいろな色が混ざった複合的なものは、何が入ってこようが「これが自分だ」といえる(揺らがない)強さがあるでしょう。

 

ある意味、魚座が苦手とするようなことをやってのける人たちは、

こちらの色味に近い個性なのかもしれません。

だから生命力的にはたくましくも感じるし、汚れれば汚れるほど(いろいろな思いをすればするほど)、一層深みを増す…みたいなイメージもありますね。

 

とはいえ、もちろん「欲深い人」も「人をコントロールする傾向にある人」も、

魚座が抱えるのと同じく、「そういう強さを持っているが故の弱さ」が同時にあるものです。

この点で全ての人間は同じですから。

 

「自分の強みと弱みを理解し、受け入れた上で、

それにもっとも適した人生を自分の力で選択し守っていく。

その覚悟と自己肯定感を経験の中で培っていく」

 

これが私たちみんなのすべきことなのではないかと、私は思います。

 

かつ、最後に気づきましたが、

「…そういう場所から抜け出したい“欲”にかられる」とありましたね。

つまりこの方にも、自分らしい形での欲はちゃんとそこにあるということです。

 

それこそ力強く生きている、意志があるという証ですから。

いいんじゃないでしょうか。

自分の中で欲、つまり「こうでありたいという強い意志エネルギー」が発生することには

そのまま従っていいのだと思います。

 

ただし、自分の欲は自分のものでしかないし、時に人のそれとぶつかることもあるでしょう。

 

それを恐れず、正面から出す勇気とその行動に対する責任が持てるなら。

どうかそれに従いましょう。

 

特にこれは仕事の話ですから。

人が働くのはまずは「自分を生かすため」。

命として生かすため、存在を活かすためなのだから、

たとえ万が一それがわがままだと言われようと、好きに生きていいですよ。

他の誰も、あなたのその大事な部分に強要する権利などありません。

だって、誰にも正解なんかわからないじゃないですか?

もしわかる可能性のある人がいたら、それは唯一…あなたですからね。

 

自分の生き方を押し通すための強さを出す。

純粋でいることがそれにあたるなら、必死になって混じりけのない自分で居続ける。

そういう戦い方ができるのが、魚座ではないかと私は思いますよ。

必至になってそれを行う以上、ぜひとも応援したいとも思います!

 

 

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

CRODさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス