第十三回・天秤座前編:恋の相談 | CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

 


 



 

ベル悩める20代に送りますベル

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル天秤座に答える3つの質問」

第十三回・天秤座前編:恋の相談

「『なぜいつもこうなる?』恋愛癖に悩む天秤座」

 

新たに始まりました、占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!

 

 

1・天秤座の恋愛のご相談代表

「本当に天秤座は恋上手?」

その1

「いつもダメンズばかり選んでしまいます。この人なら信じてもいいと思った人でも裏切られることが多いです。誠実な男性の見分け方を知りたいです」

その2

「好き!って思ったら彼の状況おかまいなしに迫ってしまいます(今ちょうどそんな感じで)。でも今相手はいろいろ大変なときみたいで…。そんなときはどう好きをアピールするのがよいのでしょうか」

 

 

まーさからのお返事)

天秤座諸君、こんにちはです!

早いもので、もう天秤座まで来ましたか~。

今回もなかなか興味深いご相談をいただきました。

さあどんどんお答えしていくぞ(笑)。

かつ、今回もナイスなタイトルが付けられた…と自分では思ってますが、

先に結論言っちゃおう。

天秤座は、12星座内では恋愛上手な星座とかなり思われている…星座ですが。

そんなことはないな(断言)。

いえ、他にもっと上手な星座がいるという意味ではなく、「星座ごとに悩んでいる部分が(工程が)違うだけ」。

まさにこのまんまだと思います。

 

でも、そこはさすが天秤座社交の星。

「出会いがまったくない」「好きだけどそれを表現できない」「人生で一度も彼氏ができない」と書いてきている方は一人もいませんでした(笑)。

いわゆる恋愛苦手ちゃんだと、こっちの(つまり恋愛初期段階の)悩みが圧倒的なんですが。

逆に天秤座は、

「ある程度のところまで行っても、いい方向に進まない」

「何度も同じような&いまいちな展開になる」

「どうも効果が出ない。私の恋愛アピール方に問題が…?」みたいな、

そこそこ場数を踏んでいる人だからこそ?の悩みばかりです!

 

もちろん、ある意味先に進んでいるから上級問題とも言えますが…。

テストで言えば、75点で落第しようが20点で落第しようが、合格してない点では変わりないわけで…(仮に80点を合格点とする)。

 

「全然彼氏ができない!」の悩みと、「いつも変な男に引っかかる!」の悩み、どっちが深いだろうか~~と、真面目に考えてしまいました(いえこれは単純に興味で…)。

まさに恋愛戦線の真っただ中にいる年代、時代、心境な人ほど、「何でもいいから恋愛できる方がいい!」とどうしても思いがちなので、“どんな相手でも、彼氏はいたほうがいい!”説が濃厚かもしれませんが、

特に女性の場合(あと繊細な男性の場合)、「なんじゃこれは??」みたいな恋愛をしてしまうと、

その傷や悲しみが結構後を引いたりしますもんねえ(そういうのをまさにトラウマというのよ)。

それを考えれば、やっぱりやたらめったらに恋愛はしないほうがいいのかもしれない…とも思ったり。

 

わかりません!(真面目)

これいつか、誰かと真剣に話し合いたいテーマ!(笑)

 

はいすみません、話を戻します。

 

今回いただいたその1は、まさに一定の恋愛経験のある方ゆえの悩みです。

しかし「信じてもいいと思った相手に裏切られる」…というのは、恋愛の悩みの中でも深刻な方だと思いますね(もちろんDVなどは除いて)。

 

でも同時に思ったのですが、

ダメンズって、どういう風にダメな彼なんでしょうね。

信用を裏切る…につながっているということは、一番あるのは浮気かな?もしくは、約束を破るとか、ちょいちょい嘘をつくとか、そういう系でしょうか。

どういう風にダメなのかでも、対処は少し違ってくるように思います。

 

あと。この「裏切る」という言葉も、私は注目している単語なんですが。

何をどうしたら、裏切るに値するのでしょうね。

 

鑑定などでお話を聞いていると、

すごくわかりやすい…「これはまあ裏切りだなあ!」という内容以外にも、

「それも裏切りなの?」(驚)と思うような場面でもこの単語使う方、結構おいでなんですよね。

 

基本は、人の信頼や誰かとの固い(大事)約束をほごにして、なおかつ相手の感情や思いやりをも深く傷つけるようなことをする…のが裏切りの定義だと思いますが。

そもそもこの辺の感覚、「何を持って裏切りと感じるか」もかなり個人差があると、みんなが踏まえておくといいんじゃないかな~、問題が少ないんじゃないかな~と思います。

あと一般的な印象として、裏切るという単語を気軽に?使われる人ほど、その経験が多いような気がしますね。

人によっては一生使いませんもの。これ(多分私も今のところ未使用)。

もちろんそれに値する傷、悲しみを感じるからこそそういわれる場合が多いとは思いますが、

「自分にとって、裏切りとは何か?」みたいな根源的な部分も、少し見直してみるのは意味があると思います。

 

 

話を戻します。

このご相談の場合、もしおっしゃるままの事実が起こっているとすると、

その背景には、単純に“人選ミス”があるということになります。

 

で、ミスが起こるときは必ず理由がある(ビジネスでもラブでもそれは同じ)。

考えられるのはこのふたつのパターンでしょうか。

 

◎「ミスが起こりそうだと察知しているのに、見ないふりをしている」

 

→自分が完全に受け身で、相手から言い寄られる系の恋愛ばかりしている場合。

かつ、単に告白が向こうからだった…というだけじゃなく(=好きな度合いは双方同じくらいだった)、

自分を選んでくれたというところにやや恩義?を感じて付き合い始め、

「だからいい人に違いないと思いたい」的願望&期待が強くなりすぎて、

結果、最初からわかっていたはずの不安定さ、危うさ、危険性などにも、目をつぶってしまう

 

◎「そもそも“人選ミス”ではない。希望通りの相手である!」

 

→そもそも、「少しダメで自分を悲しませる要素のあるような男性が好き」な場合。

大体の場合は恋愛する自分に自信がなく、どこか無意識に「うまくいくはずがない」的刷りこみがある。結果、それを“証明”にするため、自分を良くない方向に追い込むタイプと積極的に付き合ってしまう。それと反対の「本当に誠実そうな」相手が来ても、避けてしまう(そういう彼だと、「うまくいってしまうかもしれない」から)

 

こうやって書いてみると、えーっ?と思う方もおられるかもしれませんが、

全然珍しくありません。

この手の恋の病は多かれ少なかれ…みんなかかっているものです!(あえて病と呼びたい)

でも人生の中でどこかの段階で気づいて、自分で修正をかけていくんですね。

「気づいた」ともいえるかな。

 

そして改めて見直すと、やはり「自分自身への自信のなさ、愛情をかけられなさが、そのまま恋愛成就&幸福に影を及ぼしている」と考えていいと思います。どちらの場合も。

 

確かに、たとえば服や仕事や友達や…。

その人が選ぶものって、そのままその人自身の個性や人生観を表していることが多いですよね。

 

ぶっとんだ、目立つ服装、髪型をしたい人は、「みんなの中に埋没したくない、特別な誰かでありたい」意識が必ずありますし、「なるべく無難で使い勝手のいい服で、ぱぱっと着替えたい」みたいに考える人は、外見にこだわらず、得てして面倒をさけ、平均的な人生をよしとする傾向にありますから。

 

どうして、恋人だけそうでないと言えよう。

 

そうです、もちろん「自分が選ぶものはすべて自分自身を表している」のです。

 

ということを考えると、自分のどういう部分が、そういう男性を欲しているのか…一度真剣に考えてみる必要はありそうです。

焦点は相手ではなく自分にあるのですから。

 

これはとても時間のかかる作業であると思うので(内面に向き合うのは尋常じゃなく大変)。

同時に「私から見て誠実な男性とは?」という、ポジティブな方の向き合いも、やるといいと思います。

どういう人なら誠実だな…素敵な人だな…と思って一緒にいられるか。

そこを具体的にするのも、とても大事ですよ。

でないと、見つけられないですもの。

多分、「誠実な男性とはどういうものか、自分に対してどういう風にふるまうのか?」があまり具体的にピンと来ていないから、見つけられない、判断できない…というのも、あるんじゃないでしょうか。

ダメンズな彼歴の中で、「こういうことをする男性はダメ」という例は、いろいろ経験があるんですよね。だとしたらそれも大変参考になります。

たとえば浮気したり借金したり…みたいな、一般的ダメ項目も、女性によっては全然受け入れOKです!ということもありえます。

自分が無理なくそれを受け入れられ、二人して仲良く笑っていられるのなら、カップルっていうのはそれでいいんです。

反対に、大多数は誠実では?と思うような相手にも、「こんなの許せない!」と判断する人もいます。

だから、何をもってして、自分は人を誠実と判断するのか。これは明確にしてください。

 

で、余力があれば(笑)、自分自身は恋人に対し誠実なのか…も、少し思い返してみるといいように思います。また、「相手を誠実にさせない癖」がないかもね。

 

たとえば、そんな気配もないのにやたらと浮気を疑う人などがいますけれども。

そういうのもさっき出た「浮気するような相手=希望通り!」のパターンですよね。

だからそういう前提で相手を見てしまう。その度が過ぎると、そのつもりもなかった人が段々嫌になって本当に浮気すると…(汗)。とてもよくある話です!

 

最後におまけとしてですが。

今回あまり天秤座であるが故っぽい話に触れなかったですけども、この話天秤座にあえて寄せて考えるとしたら、

天秤座は事を荒立てるとか、感情を明確に表して何かをするとかを、かなりの勢いで避けて通る傾向があるため、「本当はあのとき聞くべきだった、行動すべきだったのに、かっこ悪くなるのを避けて黙っていた、平気なふりをした」みたいなことが、のちのちの問題の原因になる…みたいなケース、よくありますね。

すごく好きなのに、わざと淡々とクールに(余裕がある風に)振る舞ってしまって、

相手に十分愛情が伝わらず、今一歩関係が深まらないとか。必要以上に軽く扱われてしまうとか。

 

恋愛って、根本的には魂の取っ組み合いですからねえ(笑)。

 

いけ!そこで間髪入れず息の根?止めろ!みたいなところまで突っ込む場面にいるのに、

そこで妙に余裕こいちゃって(失礼)、ああ…逃げられた…(心離れてしまった…。涙)

ということも、天秤座にはあるあるな気がします。

 

最後は向こうからガッと来てくれるのが、おそらく望みなのだと思います(天秤座の好きな「求められている感」)。

でも、愛情がきっちり伝わりあっている間でのかけひきは、実にうっとりですが(笑)。

その、一歩引いたスタンスのせいで、つかめるはずの心がつかみきれない…。

こういうこともあると思いますよ。

12星座みんなに、そういう微妙な心境が伝わるわけではないですからね。

 

 

 

そして、その2の方のご相談へのお返事ですが。

おおむねここまでの内容がこちらにも当てはまる気がしますが、

特にこちらに関して言いたいのは。

 

彼の状況おかまいなしに迫る…というのは、ええ、ご存じのとおりまずいです。

 

それは「高熱で寝込んでうわごとを言っている人をがくがく揺さぶって愛を叫んでも効果はない」(むしろ多大なる迷惑)

と同じことだからです(涙)。

 

そもそも、愛を告げる、迫る…というのは、「何のためにそれをしているのか」をよく考えてほしいなと思います。つまり目的ですね。

 

=それを言うことで、相手にも自分を好きになってほしい(愛していると伝えたい)

本来はこれでしょ?

 

でも、熱出して寝ている人に対して、一番すべき“愛情のある行為”とはなんですか…?

 

温かくして寝かせて、せいぜい水や軽い食事を提供して、あとは…静かに寝かせることでしょ?

 

いくら愛情があっても5分おきに来て「具合はどう?大好きです!!!」と大声で叫んだら…彼は治りません。

そういうことをする人を見て「自分のことを思ってくれている❤」とは…思わないですよね?

 

こういうことです。

気持ちはわかります…。が、ダメです。

 

おそらくこういうことをしてしまうのは、自分の不安に負けて、

だから「相手の愛情を受け取ることで、自分を安心させたい」という気持ちの方が強いからなんじゃないかと推測しますが。

 

相手がそれをほしいかどうかも分からずに

(いや、相手が大変だとわかっているのだから、明らかに今はいらないはず…)、

「こっちは、あげたいの!!!」という気持ちが勝ってしまう。

もうお分かりだと思いますが、愛情の押しつけ、押し売りの状態ですね。

 

でも考えてもごらんなさいな、あなた(真面目に)。

 

お腹すいてないときに、ぐいぐい口に何か押し込まれたら、嫌ですよね?

求めたときにそれが得られてこそ、すんなり中に入るんです。入れられるんですよ。

 

もし自分の不安が強くてそういうことをしてしまうなら、

その不安は自力で解決しなくてはいけません。

自分の問題は自分で解決しなくちゃ。

 

それに、あなたの愛情は押し売りしちゃうほど、そんなに安く価値の低いものじゃないでしょう。

もっときちんと喜んでもらえる形で、自分でそれに価値を見出して、差し出すようにしなくちゃ。

あなたの愛情だって、かわいそうじゃないですか。

 

これはこのケースに限りませんが、自分の人生に別の問題があるときに、「この恋愛さえうまく行けば、それも含めて一気に解決できる」的発想をするのは、一番よろしくないですよ。

だって、それ、相手におぶさってるのと同じだもの。

みんなそれぞれ、生きるのは大変なのですよ。彼だって当然そう。

ただでさえそうなのに、人の人生まで背負えませんよね。

この世の誰でもこれは同じですね。

 

また、背負いたがる人も問題です。それはそれで「相手の人生を支配したがっている」のと同じ意味ですから。包容力があるんじゃないですよ。惑わされないでください。

 

 

かつ、こういうとき(彼が弱っている)場合のアプローチ方法ですが。

 

まあ、ほぼ「熱に浮かされている」と同じなので、

本当は放っておく(彼が自力で回復する)のを待つのが愛情だと思います。

 

が、もうすでにかなり親しいとか、「本当に熱を出しているときに枕元にいっても嫌がられない」くらい、気を許してくれている人なら、相手に押しつけがましくない&うっとおしくない範囲で、応援、激励、サポート的なことならしてもいいでしょうね。

 

熱が出て苦しいとき、さっと水を用意してくれたり、果物をむいて差し出してくれたりする人がいたら嬉しいですよね?愛しちゃいますよね? そんな感じです。

 

でも、そこでも「果物を渡すついでに愛を求める」とか、あわよくば…的なことをいろいろ考えないように。

相手が大変だと理解しているなら、まず彼が回復し、万全な状態になることを助けなくちゃダメ。

そこで「ついでに自分も安心しよう、いい気持ちになろう」という欲が出てくると…難しくなることが多いです。

 

もちろん、相手が「サポートありがとう、好きだよ」って言ってくれること、あるかもしれませんけども。

それは思いがけず愛のご加護を授かった…!と思って感動の涙を流すべき(よかったね)。

でもご加護をこっちから」要求しては、せっかくのサポートに台無し感が…出ます!

 

相手が弱っているときはむしろ「自分の中の無償の愛部分を試されている」と思ってください。

 

いかに自分が彼を大事に思っているのか…自分で世界に向かって証明するのだ…自制心だ…。

この呪文が効きますよ!(笑)

 

かつ、本当に弱っているときに、こういうことができるようなら、一定の時間ののち、大体その恋愛はうまく行きます。

本物の愛情はみんな、わかりますから。

また、そういうあなたのやさしさにもぜーんぜん感知しない(受け入れない)彼だったら、やはりあまり縁はないのかもしれません。

でもあなたの恋愛技量は格段に上がると思うので、その次の恋愛では…たっぷり愛を受け取れるのではないかと私は思います。

つまり純粋に捧られた愛は、どういう形にしろ必ず帰ってくると私は信じていますよ。

 

どうぞお試しください!

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

CRODさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス