第十回・獅子座後編:仕事と人生・運命の相談 | CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

                     
  

 

 

                  

 

ベル悩める20代に送りますベル

 

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル獅子座に答える3つの質問」

 

第十回・獅子座後編:仕事と人生・運命の相談

 

「かっこつけたい、でも自信がない獅子座」

 

占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!

 

1・獅子座の仕事のご相談代表 その1

「人からの評価が気になる&上手な距離感で周囲と付き合えない」

調子の良いときは平気なのですが、ちょっと崩れると他の人の評価が気になって仕方がなくなってしまいます。しかもしょっちゅう崩れています(笑)。考えても仕方ないことは分かっているのですが、獅子座的に、なるべく精神的に好調な状態を保つコツなどはあるのでしょうか?

 

同じく その2

職場の人に心を開くのが苦手です。女性にありがちな悪口や愚痴が言えないので浮いてしまいますが、合わせてしまうと自分が傷付き、深く落ち込んでしまいます。職場の人とオフでも時間を共有できる人が羨ましいです。獅子座にそういう付き合いはできないのでしょうか?

 

2・獅子座の人生のご相談代表

「“何者”にもなれない自分に焦る…。でもどうしたら?」

いつまでも何者にもなれない自分に、これで良いのか、ずっとこのままなのかと焦りつつも、なかなか変化を起こせない不動宮…。タイミングや心がけなど、アドバイスがあればお願いしたいです。

 

 

まーさからのお返事)

今回は獅子座さんからの、お仕事そして人生に関するご相談です。

 

今回もなかなか興味深い内容が集まりましたが、そこにはやはり一定の共通点があって、同じ星座同士、感じ取っていることの核の部分は似ているみたいだなあ…と興味を抱きましたね。

 

まず今回も仕事に関するお話から行きます。

挙げさせていただいたふたつとも、「不特定多数の人とかかわる際の自分」がテーマの話です。

 

一対一でどう関係を築くか…というのもなかなかの難問ですけれど、

こういう、たとえば仕事場とか学校のクラスメイトとか、「特別な意図はなく、でも何となくうまくやっておかないといけない気がする人間関係」っていうのも難しいですよね~!改めて考えると。

この手の関係に対し、もうしょっちゅう悩む人と、ほとんど悩まないで過ごす人とは確かにいますが。でも「決してみんな何も考えずひょいひょいこなせているわけではない!」ということは、獅子座ちゃんにもお伝えしておきたいと思います(あなただけじゃない~)。

 

でも他の星座からすると、「え、獅子座ってそういうの悩むの?」と思われそうな気もします。

獅子座の一般的なイメージは、大体人に囲まれている気さくな人っていう感じですし。

男子でも女子でも同じように付き合える…みたいなことも、よく聞きますので

(むしろ「すぐに友達になってしまい、異性を意識してもらえない」とかなら、これまたよくあるご相談…)。

一般的には「人づきあいに苦労しなそう、人見知りなどもしないイメージ」だと思われがちなので、

自分でもそれがどこかでわかっているから、余計に難しくなってしまう面もあるかもしれないですね。

 

もしはなっから徹底して「人づきあい苦手」「なるべく一人でいたい」みたいなタイプであれば、

人の評価が…とか、もっと人と打ち解けられれば…とか、もう微妙なところであまり気にしないように思いますので(その辺で悩むあたり、やはりそこそこ人間関係はできているってことだな)。

 

まずひとつめのお話ですが。

うむ、おそらく調子のいいとき(本来の自分らしさが自然に出せているとき)には悩まない、というのは、すごく獅子座っぽいです。

私が思うに、獅子座は元々「ありのままの自分を認めてほしい」という願望が強い気がしますが。

でも同時に「もっとかっこよく、もっと立派に」みたいなカッコつけ願望もなかなかに強いので。

この二つのバランスが崩れると、この「他人の評価が気になりすぎる」みたいな状態になってしまうのではないでしょうか。

 

多分調子のいいときは、もっとカッコつけようとは思ってないだろうし、

調子の崩れたときは、「今の自分ちょっとカッコ悪いかも?」と不安になったから、そこを補おうとして不自然な言動になっちゃうんだと思います。

 

おすすめなのは、「自分にとってかっこいい自分とはどんな状態か?」を、

一度冷静なときに、きちんと突き詰めて考えてみることですね。

 

人に評価されるって大事です。

嬉しいのももちろんですが、今後へのモチベーションにもなりますから。

でも、この世の誰に支持される前に、自分自身から受け入れてもらえていないと

人間ってだめじゃないでしょうか。

逆に、この世のみんなから×をつけられても、自分からは「最高に◎!」と言ってもらえれば、

人は結構元気にやっていけるものですよ。

 

だからまず、「自分は果たしてどういう価値観を持っているのか?」を自分でわかっておくことがとても重要なんですよ。

で、その価値観に合わせて、「ここで適当なのはカッコ悪いぞ」「もうひと踏ん張りできる私なら、かなり最高」とか日々考えて、その方向に頑張っていくんです。

 

これが一番、心を安らかに保つコツだと思います。

 

本来一番頼りになり、いろいろな意味で当てになるのは自分ですからね。

 

だって、私の頑張ったところ、怠けたところ、不安だったところ、それでも意を決して勇気を出したところ。

全部知っているのは私だけですもの。

それも全部ひっくるめて、本当の意味で正当に評価してくれるのも、私だけのはずです。

 

人から良く思われたり、憧れられたり褒められたり…、それはもちろん嬉しいですよ?

でも他人は、勝手なことも言うし、やはり表面的なことしか見ないし(見えないことが多いし)、

多々、自分の好き嫌いでこちらのことを判断してくるものです

 

だって、わからないもんね。自分以外の人のことはね。

 

だからこそ、本来頼りに、指針にすべきなのは自分自身であるし、

そういう存在になってくれるよう、日々自分自身と対話して、

どう思い、どう感じているのか自分で理解しておくべきなんです。

 

もちろん人それぞれ、持って生まれた性格もありますし、自分で自分への理解が進んでも、だからといってまるっきり性格が変わることはないと思いますが。でもそれでいいんじゃないですか?

人の評価が気になる、というのは、裏を返せば「他人と言う存在を重んじ、大事にしている」ということでもあります。

「よく思われたい」というのは、「人ともっとかかわろう」という気持ちがあるってことです。

それ自体は悪いことじゃないですよ。

人を気にしすぎちゃうなんて、なかなか人懐っこいじゃないですか(笑)。

 

でも、だからこそ、人と自分の間に、きちんと線引きはできないとね。

 

自分はいいと思っているときに人から批判されても、「ああそういう風に思う人もいるんだ、でも私はOKなんです」と理解できれば成功だし。

逆に自分は何だかなあ…とがっかりしているときに人がよかったよ!と言ってくれたのなら、「ああそう思う人もいるんだ。反省すべき点は多いけど、でもありがたいなあ」と少し心が軽くなれば、それも成功です。

 

まず大事なのは、自分はどう思っているのか、いつもわかっておくこと。

その上で、人とかかわることですね。

人に評価される前に、自分で自分をきちんと評価してあげること。

 

これで大分、崩れなくなると思いますよ!(笑)

 

そしてふたつめの仕事のご相談。

大筋のメッセージは一つ目と共通なのですが、

私が思うに、悪口や愚痴を言うというのは…別に女性の職場に特有の性質ではないですね~。

男性でもそういう人はたくさんいますし、女性でもその手のことと無縁な人は多いです。

 

そもそも、その人間関係、本当にそんなことばかり話しているのであったら、そこに合わせなくていいと思います!

ご自身はそういうタイプの方ではないみたいだし、仲間になる必要ないのではないでしょうか。

浮くと言っても、純粋でよい性格の持ち主だからなのでは

(浮くかうかないかは、単純にその場での少数派がそうなるだけで、それ自体に悪い意味は特にないですから)

どっちかというと「私はあまりそういう会話は好きじゃないので、あっち行きますね」と言って離れることができる。そっちの勇気の方が今後は重要ではないでしょうか。

 

まあ…百歩譲って、そこのメンバーがとても魅力的で(お話し通りなら、そう思いにくくはあるけども。汗)、仲間に入りたいのであれば…別ですけれども。

 

「職場の人たちと親しくなり、フレンドリーな関係を築きたい」

ということ自体はとても素敵なことですし、それを目指すのも大いに結構…ぜひとも!ですけれど。

 

それと「悪口や愚痴を言い合う」こととは、直接的な因果関係はないですね。

 

もし、今自分がいる環境が、残念ながらそういう感じでないと仲間に入れない状況なら、

「仕事場はあくまで働くところ」と割り切って距離を置くか、

もしくは、自分が喜んで真似したい、一緒に話をしていたい人がいるようなところへ

転職することを検討すべきなのではないかと思いますよ。

 

どういう人が働いているかというのは、そのままその職場の質を指しますしね。

ここ、今後ご自身が良い仕事をしていくという意味でも、大事な検討材料だと思います。

 

あと、もし単純にもっといろいろな形で、新しい友人関係が欲しいと思っておられるのであれば

(多分、今十分に親しい人がいれば、「まあ仕事場くらいいいかな…」と言う気持ちに傾くような気もするので)、

行動範囲自体を広げたほうがいいのでしょうね。

学校や仕事場に限らず、人が複数集まれば、どこででも友達はできるものですよ。

「できない」と思い込んでいると…できにくいんですけど、できます!(そこは信じて)

 

そこでの基準はやはり「自分が楽しんでできること」の世界で、かつ「こういう人いいな、素敵だな、すごいなと思える人がたくさんいる」。

こういう世界でしょうね。

大体人は、同じような人がそこに集まるものですから、ご自身が好んで行くような場所には、あまり人の悪口や愚痴を言わない、他の会話を楽しめる人がたくさんいるはずです。

 

どうでしょう?

 

…復習しますと、まず最初は、「自分は、人の悪口や愚痴を言うのが好きな人たちの仲間に入りたいのかな?」と、自分に問うところからでしょうね。

そこで「いいえ!」と思うのであれば、そういう自分の価値観をもっと大事に守ってあげるべきだと思います。そのために…強くなりましょう。

 

あと、ちょっと聞くと「何か悪口っぽいなあ…」みたいに聞こえる会話でも、よく聞いていくと、実はそこまでじゃないって場合も、ありますよね

(特に女性がいろいろ不満を言い合っていると、ちょっと見、そんな雰囲気もあるが、実は「だからこうした方がよくない?」的、建設的な結論に進む展開もありえる。稀ですが)。

 

そういう会話が苦手だなあ…と思って、何となく斜に聞いていると、嫌そうな部分だけ拾ってしまうということも、現実的にはあり得ます。今の周囲のみなさんが、本当に(客観的に見て)そういう話題で盛り上がっているのか、もう一度確認してみるというのもありでしょうね。

 

また、相手が集団だとその雰囲気に飲まれて一緒にいにくいでしょうから、たとえばその職場の方たちとも、個人個人とまず話をしてみる…みたいなのもおすすめできます(順番にお昼に誘うとか)。

 

どんな性格の人でも、一対一だと、また集団のときとは違う素顔を見せてくれるものですので。

案外みんな「何か愚痴ばっかりでやんなっちゃうよね~」と、思っている可能性もありますね!

そういう事実を知ると、ご自身の気持ち、見方にも何か変化あるのではないでしょうか。

 

 

 

そして最後に。獅子座の人生の相談です。

 

うむ~~~!すごく獅子座らしい。「何者にもなれない自分」。こういうことを真剣に考えるのが獅子座ですね!(大変納得)

そう、つまりは「何者かになりたい!」と常に思い続けているということだし。

それは言い換えれば夢、大志、憧れ…みたいにも表現できると思います。

 

簡単な表現で言いかえるなら、目指すは「すごい俺」(笑。どうも獅子座には一人称男子が似合う)。

うまくいったときも「さすが俺!」だし、かっこ悪いことになってしまったときも「こんなの俺じゃない…!」。

生涯を通じて、自分を人生の主役として置き、主人公らしい生き方がしたいと思い続けられる姿勢、そこは獅子座の一二を争う魅力だと、私は思いますけれども(ひたすらにピュア)。

しかし、こういう性格が故の悩み、苦しみも存在しますよね。

適度にあきらめられないというか、いい意味で現実を知る・わきまえるのが苦手…みたいな表現もできますし…。

 

いえ、そうするのがいいと言っているんじゃないんですよ。

 

たとえば子供のころ、主人公が大冒険するものを読んでね。「自分もこんな旅に出るんだ!」と思うとするでしょう。

でも段々にみんな、そういう夢を忘れたり、「別にどうでもいい」と思い始めたり、「もっと他のことに夢中」になったりするじゃないですか。

こういうのがある意味、あきらめるであったり、わきまえるであったりするわけですよ。

 

もちろん「そんなの叶うわけないんだから!」的発想で、文字通りあきらめる人もいます。

逆に子供のころから、すでに「別に…さほど旅に出たいとは思わない」と言う人もいます。

だから本当にそこはいろいろだし、真剣度もあきらめる際の世知辛さも様々なんですが。

 

獅子座はその中でも、結構子供のころにいいなと思った自分像、人生像を

ずっと持ち続ける人が多くてですね。

で、子供のころの願望であるからこそ、大体の場合でっかく、かつ精密でないので(○○の社長になる、ではなく、すごい男になる!みたいな)。

叶えるのが難しいんですよね~(実力の問題ではなく、単に願望自体がアバウトだから)。

 

またなかなか叶わないようなものこそ、獅子座が惹かれやすいテーマだっていうのもあるね。

金とか地位とか…普通の野心的な内容を獅子座が熱く語ってるの、あんまりみないもの(笑)。

他の星座だったら、多々「すごく現実的」「リアルに等身大」みたいな夢ありますし、かつ年齢や自分の置かれる状況に合わせて、バンバン夢の方を修正かけますからね。

 

でも、獅子座はあまりそれをしないんだ。

だからこそ、多くの場合、獅子座は「なかなか夢に届かない自分」にフラストレーションを抱え、

「自分は何も達成していない…」

と思い込んで、元気を失いがちですね。

 

まあうまく行っているときはそれでも前向きですが、何かあったときいきなりがっくりくる…と言うのも、獅子座あるあるです。盛り上がっているときはどんな逆境にも強いのに、一旦意気消沈してしまうとなかなかダメージが回復しない…(主に自信を失ったとき)。

それが獅子座。そもそものあなたなんですよね。

 

でもですね、私思うんですが。

「わざと大きな(自分がかなえるのは難しそうな)夢ばかり追うのって、ちょっとMぽくない?」

私は時に獅子座に対して、こういう風に思うこともあります。

言い方を変えるなら、「夢を追い続ける自分が好き」。

これが獅子座の本当の気持ちなんじゃないのかなあ。

だから、叶いにくいものばかり好んで追うし、時に、叶いそうに、手が届きそうになると…「いやまだまだだから!」みたいなことを言って、自分の成功を正面から見ようとしない、なかなか満足しようとしない。

こういう面も、獅子座にはあると思うのですね。

 

このご相談を下さった獅子座ちゃんも、なかなか夢が叶えられない自分と言うのを、自分で長引かせているところ、ありませんかね。

まだ見ぬ(実在する?)「秘宝の果実」を待つあまり、ひたすら空腹を我慢して、

それでも身近になっているごく普通の果実…と言う名の成功(とてもおいしい)を食べない…(とてもひもじい!)

みたいなこと。ないかしら。…何かありそうですよね~。

 

で、まず具体的なアドバイスですが。

「自分が望んでいる“何者”とは、具体的にはどういう人物を指すのか?」

これをきちんと考えてみるといいと思います。というか、これは必須だからね!

 

ゴールは、正確に思い描けないとたどり着けないんです。

逆を言えばじっくり考えられ、自分の中でイメージできるものは、現実にできる可能性もとても高いのよ。

たとえば、あなたが、まさに“何者かになった!”と思えるその人には、

どんな要素がありますか、能力、環境、経験…どんなものが備わっていて、

今の自分はそれにどのくらいずつ、足りないですか。

 

本当に書き出して、きちんと分析し、本当に明確にしてみて下さい。

まさに自分の願望と落胆を、日の元にさらしてみるんです。

そうすると、すべきことはよくわかると思いますよ。

同時に、「これは必要ない、なのに必要だと思い込んでいた…」みたいなものも、いろいろ見えて来るはず。

 

確かに獅子座の属する不動宮は、変化の苦手なタイプです。

でも、毎日ちょこちょこ掃除するのが好きな人と、大掃除でどかーんとやりたい人がいるように、

生涯の中で必要な変化をきちんと起こせるなら、回数は何回でもいいと思いますけども。

だからあまりそこにもとらわれないでくださいね。

 

それに人間、本当に変わらなければいけないときと言うのはさすがにわかるし、

本気で「そうしなければ!」と思えば、必ず動きます。

 

変化が苦手なら、本当に必要なときまで動かなくていいですよ。

むしろ、「動かない間に何をしているか、何をしてきたか」が、変化の意味、価値を大きくするんじゃないでしょうか。

 

「私はいつも、満を持して動くの!そういうタイプ」

ということにしましょう(笑)。

で、その分、本当に日々満を持して…にふさわしく行動しているか、自分に確信しながら進めばいいですね。

 

私が思うに、「やらなきゃ…でも…」みたいなネガティブさが先に立つときは、動かなくていいです。

逆にそれが唐突でも、「今しかねえ!」みたいに思って飛び起きるようなときは、大丈夫ですね。

 

つまり…やはり人間、最後は勢いなのだろうか?(笑)

でも勢いも、パワーがないとつきませんからね。それがあるなら…何だってやっていいんだと思います。

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。