第七回・獅子座前編:恋の相談 | CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

                     
  

 

 

                  

ベル悩める20代に送りますベル

 

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル獅子座に答える3つの質問」

 

第七回・獅子座前編:恋の相談

 

「大胆で高飛車…女王様キャラが嫌いな獅子座 」

 

占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!

 

1・獅子座の恋愛のご相談代表

「派手で偉そうな獅子座像に違和感しかない」

よく獅子座の占いに書いてあるような、堂々と大胆でドラマチックな恋をしたことがありません。したいとも思いません。付き合っている人にも上手に頼ることができません。それはプライドではなく、自信がないからです。獅子座の、肉食で高飛車でプライドがエベレストみたいなイメージが大嫌いで、嫌気がさしています。周りでも、自信に満ちた獅子座を見たことがありません。獅子座のイメージはなぜ派手で傍若無人で偉そうなのでしょうか。

 

 

まーさからのお返事)

こんにちはまーさです。今回は獅子座のみなさんへのお返事ですね~。

うむ、今回の内容はある意味、獅子座から相談をもらうと必ず入っているものの一つなのだけど、改めて興味を持ったので、入れてみました。

例の「女王様キャラの獅子座」。12星座の性格分析で非常によく出てくるあれですが、全然自分はこうじゃない…という。

 

以前もこういうご相談、ご質問はよく来ました。まあそのときによって「こうなりたいけど、こうなれない」という場合もあるし、今回のように「そういうの好きじゃない」とおっしゃるケースもありますね。

 

うむ~そもそも、それで全く問題ないと思いますし、私も、その手の獅子座のイメージは何度となく言ってますが“古い”と思います。

でも間違っているというのではなく、それはある種の人を見る際のステレオタイプの表現が強く出ているだけだと思うのと、現代における獅子座の様子をきちんと表現しているのかと言うと、何か違う気がしますね(だからこそ古いのである)。

 

とはいえ、擁護したい部分もあるのです。

この手の話、○○座の性格的気質を語るとき。

わかりやすいのは、そして基準になるのは「他の星座と比較して」なんですよね。

 

で、大体「私はこうじゃないな~」とおっしゃる方は当然ながら自分+同じ星座の人のことをおっしゃっていますが。

他の星座の人たちの、同じ項目での特徴と比べると、確かにそういう傾向はある…。

こういう場合が、多いのも本当なんです。

 

この例で言えば、獅子座は間違いなく、他の星座の人たちより

「陽気で性格的に大らか、動きや考え方の大胆さ、華やかさなどを持っている」傾向があるし、好むものに関しても、ドラマチックなもの、わかりやすいもの(結果として派手と言える)を選ぶところはあると思います。

「できる限り目立たなく、平凡に生きたい」と言う人より、「ひとかどの人物になりたい、人に頼られ尊敬される存在になりたい」と志す人も多いです。

だから、全体的に見ると、当たっていないかと言うとそんなこともないわけよ。

 

つまりはその性格、気質をどうとらえ、表現するか…(書く側の問題)なのかなと私は思っています。あと、読み手側が、その内容からどういうことを連想するかも、同じく大事ですね。

 

これも何回も書いている話なんですが。

私が思うに、獅子座の性格を表現するときによく出てくる「女王様気質」みたいなあれ

(多分これが、高飛車でプライドが高いみたいな性格を要約した単語)。

私は「王位継承者に生まれた…みたいな人」と解釈しています(いや、あくまでイメージワードよ?)。

 

すごく大雑把にしか見ないなら、「王様、女王様って偉くて威張っているんでしょ。何でも思い通りにしたいんでしょ。偉そうなんでしょ」的な話になるのかもしれませんが、

私が感じる獅子座のそれは、

「将来国をしょって立つのだ…自分は…!的自負があり、つまりは『みんなの幸福は自分にかかっている。自分が責任を持って背負わなくてはならない、任務を全うしなければならない』みたいな義務感を、“特に誰にも言われないのに”負っている性格」

みたいな感じです。

 

もちろんえっへん!(威張る)みたいになるときもありますよ。

でも、それよりももっと獅子座に感じるのは、「人のことを放っておけない」し、「自分が頑張れば何とかできる」とすぐに(単純に)考えるし、そのために何かと無茶するし、むしろしたい人なのだ…。

こういう特徴の方ですね。

獅子座の人って、本当に人から頼りにされるのが好きで、モチベーションも上がるようです。反対に「あなたには関係ないでしょ」「適当でいいよ適当で」とか、そういうことを言われると、がくーん!とやる気を失って元気もなくなっちゃう人が多いですもの。

 

これは自分だからできるんだ。

みんなも自分に期待し、頼りにされている。

だからこそ、自分は人の倍でも頑張らなくてはいけない。

でもきっと自分ならできるはずだ!

 

こういう風に考えることで、獅子座はやる気が出る人だと思います。

この、デフォルトで世のため人のため…的に無意識に考えるところが、確かに王様的だな…と感じますね(自分を中心に世界が回っていると信じて疑わない?)。

実際、本当の意味で自分勝手、個人主義の人は王様には向かないですよね。かつ、獅子座が王様なら、基本的にはいい国だと思います(適性がある人がその仕事をするのはいいこと)。

 

だから何が言いたいかと言いますと、

まず獅子座のイメージと言っても、その、よく書いてある言葉のまま?受け取るとかなり違うものになってしまうことがあるけれど、本質的には獅子座はそういうタイプじゃないか…と私は思うということと。

たとえ太陽が獅子座にある時期に生まれても、それ以外の要素の関係でご自身の中で獅子座的な資質が強くない場合も大いにあり得るので(星の配置的に)、

「私は亜流の獅子座だわ~」と解釈していても全然問題ないと思うということですね。

 

あと、そうですね。

獅子座は今言ったような面を持つ人が多いのですが、

であるからこそ、自分に自信を持てない、失うことも非常に多い人だと思います。

 

ご相談下さったご自身も(恋愛面で)自信がないし、周りにもそういう獅子座が多いと書いておられますが。

そこも含めて、正に獅子座っぽいところだとも思いますよ。

 

ちなみに今回の全獅子座さんからのご相談の中で、一番目立って使われていた単語も“自信”でしたね。

そもそも、他の星座の人は、あまり「自分に自信がない」とか、その辺をそんなに意識していませんから。

そういうことを言う、自分で積極的に気にかける(言及する)星座って実は限られています。

だからすでに特徴は出ている…とも言えますね。

 

で、じゃあ他のみんなはいつも自信満々なのか?というとそうではない。

「自分に対し自信を持つこと」が、そこまで重要じゃない…。何か問題があるときに、「それは自分に自信がないからだ」とは必ずしも考えない。そういうことです。

 

もちろん、自信はある方がいいですし、何かの際に「大いに自信になった!」と感じることは、みんなあるでしょう。この逆もしかりですが。

獅子座みたいに「私ってすごい!」「私って…なんてダメなんだ…」みたいな振れ幅がそこまでありません。そんなイメージですかね。

高いなら高いなりに、低いなら低いなりに、何とかやっていっている印象かな。

 

それに比べると、獅子座は何かとあらゆることを「自分の自信の糧にしたがる」し、

逆に「ちょっとしたことで、自信を削る、損なう」ところがあるとも思います。

まあ、それをプライドが高いと評することもできますが(だからこそ傷つきやすい)。

私はデリケートだな、でも純粋なんだな(ある意味子供っぽくもある?)と感じます。

で、そういうところが性格的にまっすぐで、だからこそ、単純に人のため!とかで気持ちが高揚することもあるのだろう…と感じています。

 

ついでにここで、「付き合っている人に上手に頼ることができない」問題にも触れておきますが。

これも獅子座からたくさんお寄せいただいた内容でした。

かつ、他の星座でもきっと同じ悩みを持つ人が大勢いそうですね。

だからこれはその内容への、獅子座版のお返事です。

 

「誰かに思い切り甘える、時に頼る」というのは、自分で自分をいい、マルだと多少なりとも思えていないと難しい行為ではないかなと思います。

自分の強くない部分を見せるのは、自分自身をさらけ出す行為ですからね。

 

弱いから人を頼る・頼れる…と考えがちかもしれないですが、多分逆ですね。

その人自身に、真に強い部分があるからこそ、自分の弱さを認めて、安心して人にも身をゆだねられるんじゃないでしょうか。

 

これ比喩であって比喩じゃないんですけど(笑)。

たとえばもし自分の体に自信があったら、立派な服を着ていなくても、あまり気にならないと思いませんか。こう見えても脱いだらすごいんだぞ~!と思えたら、その上に今何を羽織っているか…は、そこまで重要じゃないですよね。

服ダセえ!と言われたら、何なら脱いじゃえばいいんだもん(笑)。

逆に、「ありのままの自分を見せられない!」という意識が強いほど、自分をさらけ出す強さを持っていないときほど、人は隠そうとし、自分を守る装備を脱ぐことができません。

一番根源的な部分の自分に、自信が持ててないからですよね。

 

私が思うに、人に構えなく素直に頼るというのは、心が“武装”していない人ほど容易です。

 

で、誰かと本当の意味で打ち解けたい、近づきたいともし思うのなら、

やっぱり武器は…おろした方がいいし、脱いだ方がいい。

だって、それを身に着けているということは、「相手が自分を害さない、大事にしてくれる、素直に信じても大丈夫な存在だ」と、“信じていない”ってことになりますから。

 

相手が自分に対しての警戒を解いていない感じは、当然ながら相手にも伝わります。

そうすると、相手もやはり構えますよね。

いくら顔は笑顔でも、手にこん棒持ってたら…ハグはできないですから(汗)。

ああ、この人はそういうことなんだなと思うでしょう?(笑)

 

また逆に、こちらがまだ打ち解けていなくても、相手がくったくなく開放的に自分に素直に接してきてくれると、こちらも自然にそうなってきますよね。

「おおお、すいません。まだ私こん棒なんか持っていましたね!」って、進んでポイしたくなるでしょう。

それが気を許しあっている、ってことだと思います。

 

少し話がずれましたが、

言いたいのは、「ドラマチックな恋をしたことがないし、したいとも思わない」というのは全く問題ないし、そういうのは好みの問題も関係あると思います。

獅子座がどうであるかよりも、自分がどうしたいかですからね。激しい恋愛より友情的な、穏やかな関係を望む人も多いですから。

 

でも、同時に、「好きな相手にもあまり頼れない」自分がいて、それは自信がないからだと感じる自分もいる。

何となく、この二つは関係があるんじゃないか…と私には思えてきました。

もちろんこちらに関しても、何もかも相手にさらけ出す必要はないですから、本人同士がよければ何ら問題はないと思います。

 

でも、逆に「堂々と大胆でドラマチックな恋愛」というのは、そもそもどういうのかな…と考えてみると。

もちろん、たとえばシチュエーションの激しさ、複雑さとか、急展開が起こるとか、三角関係とか…まあそういう状況的な要素もあると思いますが、

何より「恋する二人が、お互いに自分の感情や思いを相手にさらけ出しあって、エネルギーをぶつけ合って、だからこそ生まれるドラマがある」みたいな要素がないと、恋愛はドラマチックにはならないですよね。

さっきの話で言えば、どちらも何かあったらどーん!とすぐに服…つまりは装備を取り払ってガチでぶつかるような人同士の恋愛だったら、

シチュエーションはごく平凡でも、必然的に熱く、ドラマチックになるような気はします。

「誰かが自分に向かって心をさらけ出してくれている!」っていうのは、何より深い感動を呼びますから。

大声で「好きだ~~~~~!」って叫んでくれるような感じと言えばいいでしょうか。

まあよほど相手が嫌いでない限り、びっくりするし、感動するだろうし、こちらも熱くなりますよね。

 

で、何が言いたいかと言うと、

多分典型的な獅子座の人と言うのは、そういうことが人生の中で起こることを望んでいる、

そういうチャンスがいざあったら、自分は進んで…さらけ出したい!

そう考えているタイプの人なんじゃないかと思います。

いざとなったらできるかどうか、まあわからないとしてもね。

出来ないことの方が断然多いかも知れなくてもね。

でも「もしそうできたら、生きてるって感じがするだろうな…!」。こういう風に考えそうだし、素直に想像してワクワクもしていそうですね。

 

言い方を変えれば、獅子座は夢のある人が多いです。

できればかっこよくありたいとか、みんなから慕われたいとか、でかい自分になれることをしばしば夢見ていますし、でもその願いがでかいがゆえに、すぐ自信を失って落ち込みますね。

それこそ「かっこいい女王様」がハマるような、器のでっかい人間になりたい…みたいな考えもあると思います。

そういう、偉大で大胆な自分を目指して…素直に憧れ、人一倍がっかりしたり、深く落ち込んだりしながらも、日々ドタバタ頑張れる要素のある人だなんじゃないかな。

少なくとも私は、そのように解釈していますが。

 

もしこれが、ご自身の獅子座像と多少でも合うようなら、どうぞこれまでの獅子座のイメージの方を少しご改訂ください(笑)。

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

CRODさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス