CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

 

 

ベル悩める20代に送りますベル

 

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル双子座に答える3つの質問」

第一回・双子座前編:恋の相談

「“真剣さ”“情熱”がどこか馴染まない双子座」

 

占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!

 

1・双子座の恋愛のご相談代表

「結局私って、“ドライ”なんですか?」

 

その1

すぐ好きになるし、好きなときは本気なのだけど、恋愛が長く続きません。また終わってみると「本当に本気だったのかな?」とも感じます。毎回「長く続くように、何ならこれが最後になりますように」と思うのになんでなんだろう。でも恋愛と仕事どっちとる?と言われたら、恋愛!とは言いにくい自分もいて、悩みます。

 

その2

恋をするときはいつも全力で直球勝負なのですが、本気にしてもらえず、恋が始まりそうで始まらない事が多いのはなぜでしょう。中身は情熱的で言葉でも態度でも表現をしているつもりなのですが…ドライだと思われるのか、興味が薄いと思われるのか、いつの間にか連絡が取れなくなっていて人知れず枕を涙でずぶ濡れにするパターンが多いです…。

 

まーさのお返事)

今回は双子座のみなさんからのご相談です。

さて今回の相談内・最多登場単語は、“ドライ”でした!

まあ、双子座の性格判断にはとてもよく書いてある言葉なので、みんなそれを見て納得したり影響されたりしている結果なのだろうな…と思いますが。

 

今回上げた二つのご相談も、内容の方向性は違えど、どっちもこの部分がかかわっている気がします。

ひとつめは「どうも恋愛に本気になりきれない気がする私(これってドライ?)」だし、

ふたつめは「そんなつもりはないのに、相手にドライと思われ恋愛がうまく行かない」ですもんね。

 

双子座は気質が明るいし会話も巧みだし、基本的には「恋愛のきっかけ、成就なんかで悩まないでしょ?」と、もっと慎重な星座諸君に思われているほうだと思いますが。

実情は微妙に違うようですね。

このほかに戴いたご相談も、「これってドライってこと?」「ドライじゃないのに…」の話がとても多かったです。興味深いです。

 

そもそも双子座がドライかどうか、という話ですが。

問題を解決するにあたって、「本当にその人がドライなのかどうか」は、ある意味横に置いておいていい」と思います。つまり、ご相談の本質的な部分とはそこまで関係ないんじゃないかなあ。

そもそもこの話に限らず、性質や傾向のことって、あくまで相対的な話です。

つまり「他の人と比べてどうか」というだけなんですね。

あれだ、ドライヘアのドライと同じよ!(笑)

たくさん症例があれば、その中でこっち傾向だというだけであって、自分一人しかいない環境では、「髪の毛ってそういうものじゃないの?」としか思いませんよね。

で、そうか自分の髪の毛はドライ気味なのか…と知ったら、その性質を覚えておいて、そういうケア剤を買ったり、手入れをしたりすればいいだけの話。

性格がそうだとしても、ベースはその程度のことだと思います。

 

あと、ドライという言葉の定義も、結構曖昧だよな~と思うのです。

淡々としている、割り切りが強い、人への共感力が低い、性格的に軽く感じる…

この辺のイメージでみんなこの単語を使っていますが、おそらく意味するところはバラバラなんですよね。

だからもしちゃんと検討するなら、この言葉をどういう意味で使っているのか、確認することも大事じゃないかなと思います。

 

で、何が言いたいのかと言うと。

もし人から「ドライだね」と言われたら、

その人から見てこちらに距離を感じる、人と親密になりたがっていない雰囲気だ、みたいなニュアンスが入っているでしょうから。

うん、必ずしも…いい意味ではないと思います。

 

でも相手によっては、「そう思われていた方が、無暗に入り込まれたり、執着されたりしなくて済んで幸運」というケースもあるので、これは関係性にもよりますね。

 

でも今回のように、恋愛の状況で相手にもし本当にドライだと思われていたら、確かにやや不利ですね。それを見込んで対策を考える必要はあると思います。

(でもちょっとドライな感じが好きな人もいますからね。これはなかなか微妙)

 

あとこういう性格の話って「これがよくないのか?と思いつつ、案外そういう自分を気に入っている面もある」ということも、現実には多いと思うんですよ。

だから本当にドライであるかどうか、というのは脇に置いておいて、

そういう性格を持つ自分を、自分自身でどう思っているのか?には、着目してみるといいんじゃないかな。内心どう感じているかって、無意識でもすごく人生に影響してくるからね。

 

で、ここまでのところを、まず先にお伝えしておいて、私の意見?ですが。

そうですね~、ドライと言う単語をどういう意味で使うかに関しては慎重でありたいですが。

12星座の中で言えば、間違いなく双子座はドライな方だと思いますよ!(笑)

 

ドライって言う表現がよくないね、あまりね。

私なら「あっさりしてるな~」と言いますね(笑)。

 

双子座は、多分執着心が少ないんだなとも思います。

この“執着”という単語も、多々誤解され?やすい、扱いの難しい単語なので、よりわかりやすい感じに変更しますが。

あれですね、はがしやすい付箋みたいな感じの粘着感。

あちこち飛び回り、フットワークが軽く、好奇心旺盛で心も体もひとところに留まりにくい双子座は、ポストイットみたいな存在だと思います。

あれ、どこにでもすぐ貼れて便利でしょ?

でも、すぐにはがれるでしょ?

ああいう感じですよ。極めてあっさりしてるでしょ?(笑)

そうじゃないといろいろなものにどんどん向き合えないし、そのくらいのくっつき度だから、さっと離れることもできるんだよ。

 

で、その真逆を、布製のガムテープくらいに考えてください(笑)。

しっかりつきますよね。物と物を固定しますよね。

で、はがそうとしてもはがれにくいし、時間がたつともっとはがれにくいし、

何とかはがした後も、跡が残ったり、切れ端がくっついていたりしますよね。

あれが、「あっさりの反対」です。

 

ちょっとこの比較で考えてみるとね。

「確かに私はポストイットの方です」って思いませんか。

多分、こういうことなのだと思います。

言い方を変えれば、その程度のことなんですよ。

 

人間の個性って、すごく差があるんですが、

そのことをお互いに知らないんですよね。

みんな自分と同じような感じだと、みんながそれぞれに思ってるわけ。

だから、自分と違うなという性質を見かけると、「おかしい!」と感じてそれに名前を付けたがるというか、敢えてそのことを口にしたがるんじゃないか。私はそう思います。

だから相手をドライと評したくなる人の気持ちもわからなくはないのだけど、

同時に、言われた側のみなさんも、そもそも

「ドライとは何か」みたいなところが?だし、そして「自分はそれに当てはまるのか」が?だし。さらに言うなら「それが、恋愛がうまく行かない原因なのか?」も?だから、悩むのでしょうね。

 

 

だから解決への第一段階として、もっと自分を良く知るのはいいと思いますよ。

 

たとえば、あくまでこのドライ問題を貫くのなら(笑)、

「自分の性格は人よりドライか」を検証するため、自分とは全く違うと思うタイプの人に囲まれてみるといいですね。

これ、単数同士だと単なるそれぞのれ性格の差、みたいに感じるので、あくまで自分が少数派になってその場にいてみるとわかりやすいです。

「みんなにとってはこの反応が当然なの???」(自分はまるで違う)というケースをたくさん見ると、必然的に自分がどういうところに位置するか、わかるじゃないですか。

 

おすすめなのはこの辺ですね

◎自分がドライかどうか見極める案 水星座(蟹座、蠍座、魚座)だけの集団に混ざる

※会話に「そんなに人のことに熱心になれない」「この話はどこで終わるの?(もしかして結論なし?)」「あ、その辺、本当にどうでもいいんで…」などと思い始めたら終了

 

◎自分がホットかどうか見極める案 火星座(牡羊座、獅子座、射手座)だけの集団に混ざる

※ホットというか、勢い?ですかね。「え、何の説明も聞かずもうやるの?」とか、「いいねいいね!ばかりで、どういいかが不明」「え、今何の理由で興奮した?」「勢いに疲れたんで…帰っていいですか」などと感じたら終了

 

◎自分がマイペースかを知りたい案 活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)だけの集団に混ざる

※主導権争いに疲れ、「みんな勝手!」「知らねえし!」「あ、私は本当にどっちでもいいんで…」などと感じたら終了

 

◎自分の頑固度を知りたい案(これ混ざるまでもないと思いますが)

不動宮(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)だけの集団に混ざる

※「みんなもっと、人の話を聞いて!」「今相手の言ったこと、聞いてた?それ返事になってないよ?」などと、気をまわし会話を回すことに疲れたら終了

 

 

まあこれはおまけですが参考までに(笑)。

 

話を戻すと、

確かに双子座にはドライに象徴されるような性格の傾向はあるけれど、

それは本当に個人差もあるし、よほど「私ドライなんで!」みたいに売りにしているというのでもなければ、問題になるようなことではないと思います(売りにして得をするなら、売りにするのも可だし)。

 

が、先ほども出たように、「相手に、ドライだと思われることで距離が詰められない」とするとそれは確かに何とかしないといけないですよね。

 

で、ありえるとしたら、「本人は自覚がないけれど、確かに相手にドライだな…と感じさせるような言動を無意識にしてしまっている」のではないかと。

 

もちろん、実際に相手にアプローチしているときはそんなことないはずですが(愛情を伝えようとしているわけですから、近づこうと頑張ってますしね)、

もしかして、普段から知っている相手なら、日常的なあなたの姿の中から、たとえば「いろいろ言っているけど、どれも本気じゃないんじゃない」と感じ取っているのかもしれませんね。

 

可能性としては、双子座は「追い詰まっている自分をあまり見せたくない」というか、

「真剣になりすぎたと感じると、自分でセーブしたり茶化したりして、バランスを取ってしまう」みたいなところもあると思うので。

言い方を変えるなら、すごくつらいときでも、明るい、軽い感じでつらさを表現してしまうような?

 

それって、決して悪い性質ではないんです。

でもこうする理由には、どこかで「自分の中にある強い思いや感情を、直視するのが怖いから」というのもありそうな気がしています。

さっきの粘着力の話もですね。

事実、そういう力は他の人に比べて、強くはないんですよ。

それが双子座の魅力で、いいところなんですが。

でも同時に「自分はあんまり執着心ないんだよね~」を、妙に売りにしてしまうケースも、結構双子座には見かけるんです。

実際の内心は「そういう自分、どうしよう」なのかもしれないけど、それも含めて軽く表現してしまう。自分で自分を茶化してしまう。

双子座にはそういうところがあると思います。

 

というように、本人的にはなかなか複雑なところにいるのだけど、

周囲にはその複雑さはわかりませんからね。

 

そのままの言動を受け取って、「あなたはドライなんだね、でも自分はそうじゃないから合わないや」みたいに思われたり、敬遠されたりしてしまうのじゃないかなあ。

そう、人は、相手の深いところまでなかなか理解してくれません。

というか、人って難しい存在だから、他の人のことなど、わからないのが普通だと思います。

自分でもよくわからないのにさ。

であるからこそ、「目に見える具体的なところで、いかに自分を素直に表現できるか」にいろいろなことがかかってくるのですよ。

 

相手がわかってくれることにあまり期待せず(最初から計算に入れず)、

「自分が思い、感じ、表現したいと思っていることに対して、自分は適切な態度を取っているか?」

を、まず確認してみてはどうでしょう。

 

チェックポイントとしては、全般に刹那的、待てない、雑な扱いみたいなものを感じさせると、ドライと思われやすいんじゃないかと思います。

「どうでもいい」「もういいや」「それ関係ないから」「それなんだっけ(忘れてしまった)」みたいな言葉、それを感じさせる態度なんかが代表例ですね。

 

あと、多分双子座は言葉で伝えるのは得意な方だろうから、バンバン言うのだろう、メッセージなどもするのだろうな、と思いますが。

言葉はあくまで、伝達手段の中のひとつでしかない、というのも覚えておいてください。

で、伝えたいのは言葉的なものではなく、そこに込められた思い、エネルギーであるということも忘れずに。

数言えば伝わる的なことは、言葉が巧みであるがゆえに、双子座が陥りがちな勘違いですが。

そんなことはないんです。

むしろ、矢継ぎ早にいろいろ言うと、それだけで軽薄だ…と思う人もいるくらいです

(その手の理由で「もう~、本気じゃないんでしょ」とかいつも言われてる、まんがとかのキャラってよくいない? あれだあれ。笑)

 

かつこの世に、まったくもって「ドライだとは微塵も感じられない」的な人もいるじゃない?(笑)

それは、その人の表情や言動、様々な行動、態度が全て「非ドライ」な感じを出しているからなんですよ。

とすると、少なくともドライだと思われる人には、それを感じさせる要素がどこかにあるはずなんだ。

それはどこか?

かつ、自分の本意じゃなく、そういう性格が外に伝わっていないだろうか(これはドライに限らず、他の性格の場合も言えますね)。

 

人に誤解されやすいとか、本当はこうなのに…そう思ってもらえないなどのテーマで悩む人は、星座に限らずこの辺を考えてみるといいですね。

親しいお友達なんかに、意見を聞いてみるのも参考になりそうです。

 

あと、双子座に限っては、本当に伝えたいことは一度紙に書いてみるといいですね。

で、できるだけ文字数を絞って、少ない数で、でも確実に自分のいいたいことの本質が伝わるように“言葉を真剣に選ぶ”練習をするのも、いいと思います。

 

双子座はとにかく、言葉が武器なんだから。

だからこそ適当にしゃべったらダメなのよ。大事にする必要があるの。

あと、自分の言いたいことを言いたいように言うというのもいいんですが、

言葉に長けたあなたなら、「相手はどんな言葉を欲しがっているか?」にも、一層気を配るべきだと思います。

これ、口下手だとか、引っ込み思案だとか、そういう「言葉苦手系」性格の星座には勧めないし、そこまで求めませんけども(そういう人はまた違う戦い方があるから大丈夫なのさ)。

 

せっかく双子座なんだから、自分の情熱や優しさ、気遣い、相手への思いを

そういう精密さ、繊細さに発揮するという手もあると思いますよ。

 

伝わらなくて、恋が始まらなくて泣くより、もっと手前で違う形で全力を出してみましょうよ。

 

あ、これはおまけですけど。

 

これも星座に限らず言えることですが、

双子座のことが好きな人は、双子座をもしドライだな~と思っていても、それはそれとして好きになってくれますよ。他にいい面、いくらでもあるもんね。

だから、真面目な話、ご自身が一生懸命に表現しているのに伝わらない…ということは本当はないと思います。

ご自身が直球で行かな過ぎて…まるっきり気持ちをわかってもらえてなかった例を除けば(これは可能性少なそうだけど)、残念ながら相手はあまり関心がなかったんだろうな…と思いますね(涙)。

向こうも多少なりとも関心があれば、性格がいくら違っていても、相手の投げた球は拾おうとするもの。

 

だからこそ、普段通りの自分でいて、そういう自分を普通に受け入れてくれるような相手を見抜いて、恋をすることが何よりも一番大事なんだ…。私はこう思いますよ。

 

 

そして最後に、もう一個の方の御相談の、「自分は恋愛に本気になれない人間なんだろうか」的問題ですが。

 

この“本気”という言葉も、実に扱いが難しいですね。

(そもそも本気とはなんだ。かつ本気の反対語はなんだろう…浮気?何か違う気がしますよね)

 

あと、この件に関しても「本気かどうかはわからなくてもいい」と思いますね。少なくとも私は。

何となくですが、本気とそうじゃないの差って、かなり幅広いグラデーションではないですか。

ぱっきりとはわかれていないし、同じ人の中でも、その瞬間瞬間で変わるものでもあると思います。

 

なので、現実的に考えると、

その恋愛に夢中になり、深い部分にいるときには確かに本気だったけれど、今はそうじゃなくなっている(本気かもしれないが、それの程度が下がった…薄味になった?)。

こういうことなのではないかと思います。

だって本気度がずーっと高いまま継続している…そういう状態だったら、少なくとも自分の方は別れることに同意できないんじゃないかと思うので。

現在冷静に自分の恋愛を振り返れている段階で、本気度は下がっているのでしょうね。

 

かつ、本当に本気だったとしても別れることもあるし、

さほど本気度は高くなくても、長く続く関係もありますね。

だから、継続する長さと、本気であるかどうかは、また少し違うと思いますし。

 

これも何となくですが、本気であるかどうかみたいなことにこだわる…というところも、確かに双子座が冷静、つまりはドライな資質の強い星座だという例でもあると思いますが、

同時に「好きになればいつも本気よ!」みたいに信じている人と比べるなら、

やはり「そういう…どこか没頭しきれない自分が好きだから、『さほど本気じゃなかったのかも?』みたいな風に定期的に考えるのでは」という感じもしますね。

そうやって自分の熱を冷ましている面もあるのではないですか。感情に没頭しきる、それによってかき回されている自分が好きじゃない、みたいな側面もあると思います。

これも、どちらであってもいいように思いますけどね。失恋のたびに大騒ぎして「本気だったのに!」って泣いてもいいし、「また終わってしまった…。本気じゃなかったのか…」とつぶやいてもいいし。心を整理する儀式として、それぞれはあるんじゃないですか。

 

で、話を戻しますが。

私が思うに、「これは本気じゃないな…」というときは、多分はっきりわかるんじゃないですかね。だから、本気かどうかわからないと思っているときは、少なからず本気だと思いますよ。

でも「思っていたほど、それが続かなかった」んだよね。

 

でもそれはそれでいいと思います。

続けば偉いということもないし、本気度が高いということもない。本気の方が素晴らしいということもない。

でも多分、双子座は妙に器用だから「さほど本気度が高くなくても、そこそこ楽しく恋が出来てしまう」みたいなことも、関係あるんじゃないかな。

不器用で、なかなか人を好きになれない、そういう親しい関係になれないって人、結構いるもの。恋未満みたいな関係をたくさん経験できる人って、つまりは人づきあいがうまいってことですよね(うまいの定義にもよるけども、機会自体には恵まれ、得る力を持っているという意味では)。

数多く恋ができるなら、数が少ない人と恋愛の仕方が同じなはずはないし、そうであるからこその“心の成長の仕方”をする必要も、自分で見つけ出す必要はあるのではないですか。

 

本気度がいろいろなバージョンの恋をして、そこから何をつかむのかですよね。

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。