CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

 

 

 

 

ベル悩める20代に送りますベル

 

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル牡牛座に答える3つの質問」

第二回・牡牛座後編:仕事と人生・運命の相談

「人との距離感がつかめない牡牛座 」

 

新たに始まりました、占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!

 

 

2・牡牛座の仕事のご相談代表

「自分なりの真剣さが人からの評価や理解につながらない」

仕事での人間関係が難しいです。真面目に一所懸命にやっていますが、周りについていけないと言われたり、上司と衝突して辞めることになったりします。程よい人づきあいがわかりません。

 

 

3・牡牛座の人生のご相談代表

「黙っていると誤解される。私は理解されにくい?」

女らしいことが苦手ですが、とても女性的に見られることが多くギャップがあります。牡牛座は周りに理解されにくいのでしょうか。

 

 

まーさのお返事)

 

はい、今回は牡牛座のみなさんからの仕事、人生に関するお悩みです。

 

前回の恋愛編のときも思いましたが、牡牛座の悩みは、具体的な出来事、問題の中にあるというよりは、それに際する自分の側…より正確に言うなら、

「自分の対応にある種、原因の一端があるとはわかっているけれど、いったいどうしたらいいかわからない」的なスタイルがほとんどのように思います。

 

これが悪い!あいつのせいだ!と人のせいにしない、そういうところ。とても品がいいと思いますし、

まあそういう性質だと、確かにいろいろ悩んでしまいやすいんですけど…。

でも、そこが牡牛座のいいところ、素敵なところだとも思います!これ、まず強調ね。

 

で、今回のお話。

例として取り上げたご相談以外の方のパターンもいろいろ拝見していると、ふと思うこと。

「“自分がある”ということと、“頑固だ”ということの、境目とはどこか?」

これです。

 

そう、簡単に言うと牡牛座ってやっぱり頑固なのですよね。

あまり難しく考えないで、ちょっと想像してみてほしいのですが、

ひとつの袋にどんどん物を入れて、で、そこから物を出さないと(入れる一方だと)、中身はひたすら詰まって、圧縮されていくではないですか。そうしないと入らないから。

これが、イメージ的にいうと、頑固という気質に一番近い図だと思います。

 

牡牛座はとにかく、何でも溜め込む性格です。

感情や思いも溜め込むけど、物質的にもそうですね。物を捨てないね!(笑)

よく言うと、何でも大事にしますねずっと。

それはそれでいい性格と言えるけど、そういう人の裏の面としてどうしても一つ一つに対し執着心が強くなるし、「これはこうであるべきだ」的思考の膠着も起こりやすくなります。

 

物も気持ちもそうですが、やっぱり柔軟かつ自由であるためには、スペース…つまりは余裕、空いている場所が必要なのよ。

 

よく収納術の本などには、「引き出し、棚は70%までしか物を入れないように。でないと出しにくくなり、出さなくなって結局デッドストックになる」みたいな主旨のことが書いてありますが。

そう、あれは本当に真理です。

収納にしろ、自分という入れ物にしろ、中にあるもの、知識や感情や様々な能力を“活性化”させ、“生かす”には、

ただ持っているということ以上に、それを起動させたいときに起動させられること、使いたいときに使えること、生かしたいときに生かせることが、とても大事ではないでしょうか。

 

話がそれて行っているように聞こえるかもしれませんが、

牡牛座のみなさんの話を伺っていると、その真面目さ、真剣さゆえに、

とにかく自分の思っていることを一生懸命にやること、何ならそれの量を増やす、質をいっそう高めることで、目的に近づこうと考えている様子が感じられます。

 

それはもちろん間違ってはいないのですが、

こと、“自分と違う価値観の人とかかわること”、“そういう異質な人たちを束ねること、相手に評価されること”を現実の中で必要とするのなら、あるひとつの方向をひたすら突き詰めていけばいい!とばかりには、行かないかもしれませんね。

 

そう、たとえるなら、

何かの技能を伸ばしたいなら、そういう一方向の動き…でもいいのですが(むしろそうしてほしいのですが)、

人とうまく(うまくの意味はとても広い)やっていくとか、相手を分かるとかわかってもらうとかは、

少なくとも双方向の動きなので、

「私はこうなんです!」の一点張りではやはり難しいです。

 

求められているのは、「私は正しい、それを証明する!」的強化&増量ではなく、

別の種類の力、知恵を持つこと。

そう、相手の考えや気持ちも同じようにわかって、受け入れる力が、牡牛座には少なからず必要なんじゃないですか。

で、それをうまくやるには、自分の中にも「相手の考えや思いを受けいれる余地」がないと。

これが、先に出たスペース、余裕…にとても似ているのではないか。私はこう思いました

 

実際、牡牛座が悩むとき、「私はこんなに真面目にやっているのにどうしてわかってもらえないのだろう?」みたいな気持ちを抱えることが、とても多いようですが。

 

でも、横で聞いていると、それって本当にわかってもらえていないのかな?(そういう話?)という気はします。

 

むしろ、あなたが真面目に取り組んでいることは、もう十分、わかってもらえているのではないでしょうか

(大体の場合「もっとまじめにやれ!」とは言われていないみたいだし)。

 

問題は、「真面目にやるか真剣か、みたいなこととは違う次元にある」のですよね。

何だかこの辺が、微妙に牡牛座には伝わっていないのかなと感じることも、よくあります。

 

多分、現実に求められているのは、

「他の同僚と協力してスムーズに仕事を回す」ことだったり、

「まだ仕事のできない後輩をうまくサポートして、早く独り立ちする手伝いをしてあげる」ことだったり、

「上司の望んでいる状況をうまく読み取って、問題点を解決し、同時に改善すべき点があるならそれも提案する」みたいなことだったりするんでしょう。

 

多分、持っている仕事の能力的には、牡牛座はどれもできるんです。

でも、現実的にはあまりうまくできていないことが多いし、やっていない場合も実はあるのかもしれません。

それはきっと、“苦手”だからですよね.

あと、“避けている”からですよね。

 

これは牡牛座に限りませんが、人は苦手なことはどうしても避けるものです。

それはよ~くわかります。

 

でもね、人は決して一人で生きているのではない限り。

人とかかわって、お互いに助けたり守ったりしながら、共同で世界を生き抜いている限り。

いくらそれが苦手でも、「人間と向き合う」というテーマは、やはり避けて通れないのですよ。

 

私が思うに、牡牛座のみなさんは、「人とのかかわりが必ずしも上手くない」傾向と、「自分のやり方を変えたくない」傾向の、ダブル合わせ技のタイプです(汗)。

 

必ずしもこの世のみんなが自分以外の人とうまくやっているわけではないのですが、

でも、牡牛座はその性格の真面目さ、そして頑固さゆえに、「うまく行かないのは、相手のせい」と思っている度合いが、やや強いように感じます。

それは、自分が怠けずに頑張っているからこそなんだけど、

同時に、ある方面ではどこかで「自分は間違っていないのだから、相手が歩み寄って私を理解してくれるべきだ」と思っている面も、あるんじゃないかなと。

 

だから、少し無理している牡牛座って、大体怒っている。怒りを内に貯めていることが多いようにも思うのです。

 

これ、もし自分が適当でずぼら度の高い人だったら、…まあそれはそれで問題が多いわけなんですけど、こういう人は大体自分も怠けている自覚があるので、「まあしょうがないなあ」とどこかで感じていて、

同時に、「相手も何とかしてくれないかな~。でも自分も変わらないとダメだろうな~」と、自分自身も含めて両成敗の感覚を持っていたりする。

こういう状態だと、いざ自分の気持ちが本当に真面目に切り替わったときは、話が早いんです。

自分も歩み寄る必要がある、と最初から理解しているからだね。やりたいか、すぐできるかは次の話として。

 

そう、ここなんですよね。

 

形だけ、たとえば相手のことをもっと聞こうとか、いい先輩、上司でいようとすることは、やろうとすればある程度できるかもしれません。

が、人って自分が自覚しているより、いくら隠しているつもりでも本当の気持ちが周囲に伝わっているので。

それを、牡牛座は少し知っておいてもいいかなという気がするんです。

 

牡牛座。あなたは大体、何に対しても真摯だし誠実な人だと思います。

その人が真剣に取り組む以上、そこで一定の成果を出している、実力をつけていることはほぼ疑いがないでしょう。もし何か実力的な問題があるとしても、多分それは本当に少しだろうし、それが主な原因で物事がうまく行かないということは、あまり考えられません。

 

今回のお悩みの中にも、「周りについていけないと言われる」や、「上司と衝突して辞めることになる」などありますが、

こういう出来事に対して、「自分程度の仕事のやり方についてこれないのは、相手の力不足だ」、「上司が無能だから、正義なりきちんとした筋を通すためには衝突もやむを得ないのだ」、みたいに考えているところはありませんか。

 

もしそうだとしても。

多分、ある程度は牡牛座の思っている通りなんですよ。

周りはもっとその人なりに頑張るべきだし、上司がその役割にふさわしくないことも、実際あるでしょう。

 

でも、もし、本当にそうだとしても。

それを受け入れた上で、じゃあ自分はどうしたらいいだろうか、と考える視点は、やっぱり必要なんです。

自分も何か、しなくちゃならないんだね。

 

生きている中で、なかなか100%どちらかだけの問題、というケースはそうそうありません。

また、何にしろ先に進みたければ、「相手が悪い」とただ怒っているわけにもいかないのだから。

 

こういう状況を踏まえ、私には何ができる?

この考え方以上に道を切り開いてくれるものは、やはりないと思います。

 

よく言っているたとえですが、すべての人のつながりはキャッチボールに似ています。

相手がどんな球を投げる人であろうと、先に進むためにはそれを取り、また投げる必要があるのです。

「ここに投げて来るのが正解。それ以外は取る価値なし」とは、誰にも決められません。

だって、どんな球が取りやすいかは、その人によって違うのだもの。

 

ええ、そうなんですよ。

何に価値を置くか、どっちのほうが気持ちいいか、何が正しく思えるかは、想像以上に個人差があります。

だから、さっきの話でいえば、「どっちの方が仕事ができるか」「どちらの言い分の方が正しく思えるか」に関してだって、あなたとぶつかっている相手は、100%あなたの方が間違っていると思っているのかもしれません。

実際に聞いたら、びっくりしちゃうことも多々あるでしょう。でも、そうなんですよ!

 

でも、その人に「それはおかしい」とも、言えないでしょう?

赤と青、どっちが上だ!みたいな議論のようです。上も下もないさ、ただ、感じ方考え方だよ!そういうことなのではないでしょうか。

 

だからねえ。

自分の中にあるものがどれだけ価値があり、大事で、守っていきたいとしても。

人とかかわりながら進めていく内容に関しては、それだけではやっぱり難しいんです。

「その相手の大事なもの」を受け入れられる余地、余裕をもって、こちらも向き合っていかなくちゃ。

これはこの世の、み~~~んなが平等に、そうなんです。

だから、とても前向きな意味で、しょうがない。ただそれだけです。

 

ただ、「自分はこれだけ頑張っているんだから!!!」みたいな自負が強すぎると、

つまりは「自分に対し、無理を強いている度合いが強い」と、

これがなかなか…受け入れられないかもしれません。

それもね、人間の心、真理です。

 

でも、ある種、「肉体的・精神的にかなり重いものを過度に引きうけることで、より自分にとって苦痛、不安を感じるものを避けようとする」、みたいな心理、これも人間にはあるので。

 

たとえば上司に自分を認めてもらえるよう、口に出して、正面から自分の正直な気持ちをいい、きちんとした対話を求めるのが苦手だから、やりづらいから、

黙って人の倍量仕事を引き受けて、徹夜したり休日出勤を重ねたりして、

そのことで暗に「自分の望む状況に相手が気づき、それを主張しなくても与えてくれないだろうか。自分を昇進させてくれないだろうか…」と考える。そうなるのが当たり前だと思う、みたいなケースも結構あると思います。

 

だからね牡牛座。

まずは、あまり無理はしなくていいと思うんです。

 

自分の中の自然な範囲で、頑張る、きちんといろいろなことをこなす。

で、ある程度「もうひと頑張できる!」余力のある中で、もしもっとこうであってほしいということが起こったら、

その余力を「一人で黙々と…」の方ではなく、誰かとの関係の改善のために使ってください。

 

もう一度いいますが、人の思いって、想像以上に相手に伝わっているものだから、

こちらが前向きに「わかってほしい」という思いでいるのは、きっと相手にも伝わります。

で、その中で言うべきことは言い、聞くべきことは聞きましょう。

「個人プレイ6割、対人プレイ4割」

牡牛座の仕事術は、これくらいがベストバランスだと思っておくと、ちょうどいいんじゃないかな?

 

もちろん、こちらが前向きに話しても、それをいつも受け入れてもらえるわけではないでしょう。

そういうことも確かにあります。

 

でも、それがわかっていても、やはりやってみるしかないのですよね。

 

あなたがいくら前向きであっても、有能だとしても、できる限り心を開いていても、

相手がそれを受け入れない場合は、本当に多々あります。

それはあなたのせいじゃない。しょうがないんです。

 

でも、自分が本当にやるべきことをきちんとやった上で、やはり「難しい」と結論が出たとき、

あまり人って、腹は立たないものです。

私はね、牡牛座。

あなたが怒ってさえいなければ、それでいいんじゃないかなと思います。

だって、内なる怒りはその人の魅力を損なうもの。力の出現を妨げるもの。

何より本当に大事なことを見抜く目を、曇らせるもの。

 

生きていればいろいろなことがあるでしょう。納得できないことも、いっぱいです。

でも、それでもそこで、自分なりの落としどころを見つけ、なければ作り、

自分で自分に納得しながら生きていくしかないし、それが最良であるとも思います。

牡牛座は誠実で根気強く、何よりまっすぐな人ですから。

一度うまく行かないことがあったとしても、そのまっすぐささえそのままなら、遠からず理解者も幸福も見つかるでしょう。

だから、一度や二度の難しさにとらわれる必要はない。

自分の中にたまったいらないものを定期的に出して、また新しい力、知識、喜びをそこに受け入れて、

常に自分を風通しよくしながら生きて行ってください。

 

困って悩んで、自分の中に閉じこもりそうになるときほど、相手に向かって笑うこと。

難しいことですが、それこそ、あなたの中に風を入れるコツだと思います。

 

 

そして、最後に人生のご相談の方にもお返事です。

ほぼ、仕事の方の内容と本質的には同じテーマなので、ここまでのお返事も活用していただけるのではないかと思います。

 

はい、おっしゃる通り、確かに牡牛座はあまり自分の内側を人に向かってさらけ出さないタイプなので、理解されにくいという傾向はあると思います。

まあ「何を考えているのかわかりにくい」というのが、より正確な表現です。

 

あと、これは星座に関係なく、人は大体見た目と中身に少なからずギャップがあるんだけれども、でも積極的に人と話す、かかわる人は、「だから違うって!」とか「私って案外こうなんですよ~」とか日常的に言うことで、相手に修正させていくものなのですよ。

そう、見た目通りじゃないという点はみんな同じなんですが、数多く接していれば相手も「あ、見た目と違うわ」と気づくし、こちらもギャップについて指摘するチャンスがあるし。

実に単純なことですが、それだけだと思います。

 

あと、敢えて牡牛座ならではの理由を考えるならですが。

世間でいうおとなしい、控えめな傾向の人は、自己主張が少ないがゆえに、人の願望やイメージを押し付けられやすいというところがありますね。

これもさっきと同じ理由です。反論してこないからですね。

普通の関係なら、大体相手は本当はどういう人か、ちゃんと知ろうとしますから、多少最初に誤解があっても段々直されるものですが、

ある種の強引な性格の人や、妄想癖?のある人は、「この人はこうに違いない」と思い込むと、いくら相手が否定しても、そういう風に扱おうとするところがあります。

多分、お悩みの中にある「女性的に見られる」みたいなのも、

「きっとすごく女らしいんだよね」みたいな言葉の裏には、「そうであってくれた方がこちらは都合がいい」みたいな、言っている側の願望が入っているのだと思います。で、それが伝わってくるから、居心地が悪かったり、少なくとも喜ばしくはなく感じたりするのでしょう(じゃなかったら、相談しないよね)。

 

と、考えると、もし「本当はそうじゃない」と思う自分を人に重ねられるのだとしたら、

やはり対処法は一つ。

「本当の私は、こうなのです!」というのを、何かしらの形で主張するしかないでしょう。

これは牡牛座に限りません。

何もアクションをしないでいて、相手にきちんとわかってもらう、望みどおりの状態にするというのは、なかなか難しいものですよ。

「何でわかってもらえないの!!」と言って、たとえば怒りを溜め…でも何もしない…のではなく、

少なくとも本当の気持ちを分かってほしい相手には、自分のことをもっと話すといいのかなと思います。

 

あと、これは人にも状況にもよると思いますが。

ご自身が女性である以上、「女性的である」というのはある意味当然なのですね。

そのまんま、だもんね。

とすると、どっちかというと、「女性ではあるけれど、でも女性的に見られることに違和感が…」というご自身の個性の方が、よりユニークだともいえると思います。いえ、それもいいんじゃないでしょうか。

繰り返しますが、人はみんな見た目のイメージ通りの中身ではありません。

だから、まずご自身の中で「見た目は見た目、中身は中身(あくまで別物であっていい、それで普通)」、がより浸透することも大事なのかなと思います。

 

それにこれは、もちろんご自身が他の人を見るときにも言えることですよ。

みんなも、見た目通りじゃないんです。

だから、本当にその人のことを知りたかったら、中身に触れに行かなきゃね。

よく知らないのに、「きっと○○だ」と決めつけていないようにしなくちゃ。

 

最後にこれもあると思うのですが。

何をもって「女性的だなあ」と感じるのかって、そこにも個人差があるんじゃないかな。

 

たとえば、ご自身は結構さっぱり目の性格で、かわいいものとか家事とか…いわゆる女性的?と思われやすいジャンルに興味がないから、「女らしいことが苦手」だし、=「私は女性的ではない」という理解なのかもしれません。

が、まわりは全然違う部分を見て、ご自身を「女性的だな」と思っている可能性もありますね。たとえば、ちょっとした気遣いの細かさ、肌や髪の美しさ、書く文字のきれいさ…とかね。

もしこういう点を見て「女性的だな」と思われているなら、なかなか…素敵だと思いますけども(笑。まあ想像ですが)。

 

かつ、もし文字通り「見た目がフェミニンに生まれたから」という理由だとしても。

そういう姿に生まれることも運命、ご自身の人生ですし、本当に変えたければ、服装もメイクも…まあ、今はいろいろ“どうにでもできる”じゃないですか。

「女らしい感じじゃない私の方が、私っぽい」というお気持ちがあるなら、一度徹底してそれに合う外見に、自分を変えてみるのも手かなと思います。すごくハードな髪型にしたり、男性的な服を着たりね。で、それでしっくりくればそれもよし。「驚くほど似合わない!」と気づくのも、よしです。

見た目も含めて、あなたですよ。

どういう風にも作れるし、でも同時に、生まれながらに与えられたものでもありますからね。

「やっぱり(やや不本意だけど)、かわいい服の方が断然に合うな~」ともし理解できれば、周囲の人はその本質を先に見抜いていた…のかもしれないですし。

 

何だかこの世の、みんなに対する見え方、変わってきませんか?

それならそれでまた楽しい、と私は思うのですけれども(笑)。

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。