CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:

 

 

 

ベル悩める20代に送りますベル

 

人類共通の悩み、「恋と仕事、人生&運命」

でも実は、星座によってその悩みの中身は違う?

「リアル牡牛座に答える3つの質問」

第一回・牡牛座前編:恋の相談

「恋愛が“苦手科目”な牡牛座 」

 

新たに始まりました、占いにおける一番ポピュラーで、かつ深い三問にお答えする連載。

毎回実際に各星座のみなさんからお寄せいただいた内容をもとに、質問を構成。

それに、“その星座の方のためにお返事する視点で”…まーさがお返事を出します!         

 

1・牡牛座の恋愛のご相談代表

「恋愛がうまくいったことがありません」

「ずっと彼氏がいません。恋愛がうまくいかず、いつの間にかそれ自体、遠のいてしまいました。出会いもありません。牡牛座的・恋愛活性行動はどんなことをすれば良いでしょうか?」

 

まーさからのお返事)

 

牡牛座ちゃんこんにちは!

さて今回は牡牛座諸君の恋のお悩みです…。

 

う~むまた今回も星座的特徴(なのか?)が極めて著しく出ていました。

「恋が(そもそも最初の段階で)うまく行かない!」という、強くて明確なお悩みばっかりです。

 

そしてそこからうかがえるのは、「恋愛に関しての自分なりの成功体験がないこと」。

「どうしたらうまく行くのか、まだ突破口を見いだせていないこと」。

「(状況はいろいろであるにしろ)恋愛がうまくいかないことが、自信の持てなさ、異性への気持ちの開けなさにつながっていること」。

 

わかります…。そうですよね。

 

この世の誰にだって当てはまりますが。一生懸命にやってみて、で、その人なりに「こういう感じかな?」を少なからずつかむことで、初めてみんな前向きにもなれるし、何か傷つくことがあってもまた立ち上がれるのです。

 

恋愛って、確かに生きるためには、究極を言えばあってもなくてもいいものではあるんですが。

でも、基本は対人関係の話ですからね。

うまく行っているに越したことはない。その方が楽しいです。間違いなく。

人とうまく行くか行かないかというのは、人間として生まれている以上、幸福につながる重要なファクターですもの。

悩みが深いのは良くわかります。

 

かつ、こういうのって本当に個人差がすごいものなので。

「どうやったらもっとうまく行くの?」を人に聞きづらい悩みでもありますね。

いや、だって、切実であるからこそ、言いづらいじゃないですか。

同時に「そういう気持ちを、話した相手がきちんとわかってくれるかどうかも、わからない」ですからね。ここもほら、人間関係だから。

大事な悩みに対し、軽い&浅い対応をされて、さらに傷つくくらいなら、「恋愛なんか興味ないし」的な顔をする方がずっと楽だ…。こういう発想につながるケースも、きっと多いのだろうなと思います。

 

でも、今回ご相談下さったみなさん、こういう話はそうやって表に出すのが正解です。

 

私が思うに、かつ星座的な特徴からも、牡牛座はもっと自分の内面を外に出していく方がいいですね。

ある程度「自分をさらけ出す経験」に“慣れる”こと、これ自体がそもそも重要です。

だって、人と絆が深まるときって、大体そういうときですから。

 

まったく傷つくことのないまま、問題の起こらないまま、安全と安心が保たれると保障された環境で、…恋にしろ深い友情にしろ、芽生えることってほとんどないですもの

(一応あらゆる可能性も考えて、ほとんど、にしました。でも本音を言うならゼロに近いね)。

 

ではここから本格的に参りましょう。

 

恋愛が苦手だと思っている牡牛座の中にも、何個かのパターンがあるんじゃないかなと、私は思います。

 

①   男女年齢関係なく、基本的に「対人関係全体が苦手である」

苦手の尺度:ここ近年、新しい人間関係が全然増えていない、親しいと言える友達が片手以下、何かあったとき相談できる相手がいないか、長年の友人単数(幼馴染など)くらい。

つまりは「ある年齢以降、性別を問わず、新たに誰かと親密になったことがない」ということを指す

 

②   同性とは問題がないが、異性が苦手

苦手の尺度:恋愛を除けば、まあまあ人間関係はうまく行っている、出会いもある。が、恋愛を意識すると急に話せなくなる。好意を伝えるとき・伝えられたときの対処が苦手、好きな気持ちを付き合うまで発展させられない。

つまりは「自分の中にあるデリケートな感情(その最たるものが恋心)を、まず自分でうまく扱えない、客観的に見られない傾向が強い」ということを指す

 

③   同性、異性共にそこまで苦手ではないが、恋愛になぜか難あり

苦手の尺度:好かれるが外見、体目当て?など、変な好かれ方をする。もしくは好きになる相手に問題あり、アプローチが上手ではない、付き合い始めても関係を進展させられないで終わる。

つまりは「人として」は大体大丈夫だが、「女性として(もしくは男性として)」の自分の魅力をうまく発揮できない、自分で自覚&受容できていない。本当に自分に合う相手を見極め、関係が作っていけない、恋愛ということに関し何か根本的な勘違いがある、などを指す

 

こんな感じかな?

③はその内容によってかなりアドバイス内容も差が出そうなので、今回は主に①、②を中心に考えてみますが。

 

まず、三つのどのカテゴリーの人でも共通して言えるのは、

「恋愛をしようがしまいが、もし今の自分に満足&そこまで問題を感じないのなら、それでもう十分OKであること。こうでなきゃいけないということはない!」ということです。

そもそも、恋愛はこの世の全員がしなければならないことではありません。

牡牛座に限らず、「恋愛にあまり興味が持てなくて」という人は、思っているよりたくさんいます。

そこに問題を感じず、幸福に暮らしていけるのであれば、恋愛ないし結婚などは、人生の必須条件ではないということです。

 

これ、よく言われることだと思いますが。

改めて考えると、本当に本当に重要なことなのですよね。だからこそ自分に確認してください。

 

恋愛に限らず、この世には「こうでなくてはいけない」みたいな感じに、まことしやかに伝わっているものって、実は本当にたくさんあります。

若い女性が悩まされる系でいえば、この「恋をしていなければ、愛されていなければいけない」みたいなのとか。「若いうちに結婚すべきだ」とか、「子供を持つ方が幸せ」とか、「恋も仕事も充実させるべき」とか…まあいろいろ存在しますよね。

 

で、抜き出してみるとわかるけど、それぞれ、すでに前提段階で“矛盾”しているものも多いんだ。

なのに、それに悩まされ、影響される…。

つまりは、本当にそうしたいかもわからないのに、「そうでなくてはいけないように言われているので、何となくずっと気になってしまう」のね。

 

でも、時々思うのですが。

人間って、それが好きだったり興味がすごくあったりすることには、なぜか食らいつけるでしょう。

逆に、表面的にはどうあれ、実は興味なかったりそこまで必要としていなかったりすることには、あまり頑張れない、執着心が持てなかったりしますよね。

 

これ、恋愛においてもそうじゃないのかなと、私は思うのです。

この世には結構、実は「恋愛とか真面目に興味ないのだが、でもいろいろな義務感から、やや渋々恋愛ないし誰かとの関係に興味を持たねば…と思って、いろいろ考えたり行動したりしている」。

こういう人、本当は結構いるんじゃないでしょうか?

 

特に牡牛座みたいなタイプの場合。

基本いい子で従順ですので、ものすごく「私はこれがやりたいのだ!」みたいなこだわりに巡り合ている人でない場合、もしくは「何で人と同じでなくちゃいけないの?」とはっきり言えるタイプでもないかぎり(これも牡牛座には少なそう)。

なんとな~く“無難”な生き方を選ぶうちに、こういう「こうであるべき信仰」みたいなものに惑わされ、でも本心からそれを望んでいるのかわからないので、行くにしろとどまるにしろ引くにしろ、決断がしにくくなる。

結果「どっちにも行けない」という苦しみに陥る。

 

こういうこと、結構あるように思います。

 

だから何が言いたいかというと。

そもそも、「悩む価値があるほど、それを自分が必要としているのか」を、

まず最初に自分自身に問いかけてみてほしいのです。

 

本当に愛を必要としていて、で、うまく行かなくて苦しむのならいいんですよ。

それが生きるってことだし、それが本心ならそんな経験さえもきっと何かとなってのちに実るはず。でも、本当はそうでもないのに何か惑わされていて、本当の自分を見つけられなくて、で、「漠然とした自己否定の気持ちだけが、少しずつ溜まっていく」のだとしたら。

 

それが、おそらくこの手の話で一番よくないことなんです。

それに、恋をしようがしまいが、うまく行こうが行くまいが、自分を否定する必要はないのよ。

 

そもそも、愛はとっても難しい課題で、そもそもが誰にとってもすんなりいくものではありません。

だから、それに敢えて挑むか挑まないかは、自分で決めていいんです。

根本的に自分が幸福になるかならないかは、これとはまた別の場所にあるんですから。

恋をするかどうかとは、かかわりはあるかもしれないけど、絶対条件ではないですよ。

 

で、いざ「誰かを愛したい、愛されたい」という自分の望みに気づいたら。

それにふさわしい覚悟が必要だ。どうぞ覚悟を決めてください。

単にそういうことなんです。

 

これは特定の星座に限らない真理だと思うのですが、

恋愛を成就させるというのは先にも書きましたが人間関係の一部ですから。

かつとてもデリケートなジャンルですから。

絶対的に“勇気”が必要な分野なんです。

 

勇気、つまりは「その場その場で、自分の心と想いに従って、物事を判断し、決断し、行動に移す行為」ですね。

 

みんな勇気とか決断というと、告白とか恋愛の初期の部分だけを想像するかもしれませんが。

いや~~~違いますよね?

誰かと長く付き合ったり、一緒に生活したりしていく中でも、

「自分と相手の関係は、今どうなのか、自分はどう感じているのか、じゃあどうしたいのか、実際にはできるのか」。

この自問自答の繰り返しだと思います。

 

関係性は長く続く力を持ったものほど変化します。つまりいい恋ほど、覚悟がいるんです。

変化を繰り返しながら、相手と自分の間でいろいろなことを経験し、消化し、さらに一緒に発展させながら進むってことです。

これが出来なくなったら、関係は終わります。

相手と共にあるために、そのしんどい“勇気”をというものを出し続けよう、「えい~~!!!」と気持ちを奮い立たせて一緒に前を向こうと思えることが、その人に対しての愛だと私は思います。

 

逆を言えば、「その人のために頑張りたいと思えない」なら、「どうせこうなんでしょう」「何しても変わらないし」みたいな高のくくり方をするなら、もう関係は伸びません。

遠からず“本質的に”終わることになるんでしょう

(まあだからと言って、必ずしもそこで別れる人ばっかりではありませんが)。

 

そのくらい、自分に常に正直で、同時に相手の正直さを受け止めて、一緒に伸び縮みしながらやっていこうとすること。

そういう“ファイト”みたいなものが、愛においてはとても大事だと思います。

 

牡牛座的な性格を持ち、かつ恋愛方面に苦手のある方は、

特にここを(その苦手意識故に)、微妙にわかっていない、気づいていないのかなと思うことがよくあります。

たとえば自分の性格なり容姿なり、もしくはそのほかの何かなり。

そういうものが原因でうまくいかないのだ、と思っていることの方が多いのでしょう。

確かに人当たりのいい人は、好意を持たれやすいからチャンスは多いし、顔も抜群にきれいならちやほやされますから得は得です。

 

でもねえ。私がいろいろ皆様のお話うかがってきて思うのは。

多分一般的に想像されているより、そういう“良いスペック”はさほど重要じゃないですね。

 

だって、関係性って、ずっと続くべきもの、うまくいっているということは、長い時間がそこで流れるのですよ。

顔がかわいいだけで、ちょっと人当たりがいいだけで、つながっていけるものじゃないんです。

人が人を好きだと思い続けるのって、そこまで単純で底の浅いことじゃないよ。

 

はい、たとえば人見知りするとか、気の利いたことが言えないとか、あまりかわいらしく笑えないとか、好きな気持ちに素直になれないとか。

確かに恋愛を成就させるのには不利です。

でもそれは、しょうがない。

単に得意じゃないだけだ、しょうがないから何か他の方法で挑もう。ただそれだけです。

 

そもそもこの世で、何もかもが得意な人というのはいません。かつ、この世のすべての人に好かれるという人もいません。

自分より生まれつき上手にできる人を羨んで、無駄に比較して、自分はダメだなあ…と落ち込んでいても。

いや、本当に真面目な話、しょうがないのです。

 

不思議なもので、たとえば同じくらい、あるジャンルのことが苦手でも。

それで「だから私はダメなんですよ…」という方向にすぐ行く人と、無暗にそういう方向に行かず、ガツガツやり続ける人がいます。

結果を分けるのは、そういうところなんです。

また、すっごく(私から見ると)かわいい人だが、恋愛がどうもうまく行かない…自信もない…という人もいるし、逆に「容姿的にはちょっとアレだが、自信とやる気でぐいぐい行き成功させる」人もいます。

また別の例で、「そんなとんでもない人が?」みたいな驚きのタイプでも(一般的に言うと難あり?)、妙に人にモテる、一定の支持者は必ずいる、というケースも多々あります。

対人関係において勇敢だなあと感心するし、人の魅力っていうのは、ちょっと見やプロフィールに乗るような情報だけで計れるものじゃ決してないのだわ、とも思います。

 

つまり…何が言いたいかというと、私が思う牡牛座型「もっと恋愛で前に進むには」ノウハウは、こういうことです(まとめます)。

 

★人間誰しも、得意なことと不得意なことはあると認める

 

ただ、不得意だからと言って「だからダメ」と決めつける人と、「それはわかった。でも模索する」と前進し続ける人はいる。長い目で見るとそこで差はついてくる気がする。

不得意でも、決して有利だとか楽だとかの状況ではなくても、自分で自分を受け止め、進もうとする。そういう人は、遠からず誰かに必ず愛される(とかなり思います)。

 

特に牡牛座は、長く一緒にいると良さが相手に深く伝わるタイプなので、まず内面を見てもらう努力しなくてはダメ。うまくできないとしても、やってみる!という姿勢がとても大事。

結果、たとえば目先の相手には伝わらなくても、そういう牡牛座を素晴らしい!と思って見ている人は確実にいる。男として女としてのアピール(もっとセクシャルなもの)ではなく、「人としてのかっこよさ」を大切に。結果として異性にも絶対モテます。素敵だと思ってもらえます。

 

そのためには、まずは自分の状態、良さもダメなところも、一度しっかり認めること。

認めた上で、じゃあどうしようを考えること。

そもそも誰かと本当の意味でつながること、愛し愛されることは「簡単じゃない」。

「簡単じゃないことに挑むんだから、本気出さなきゃダメだ」と、受け入れること。

 

★人と自分を比べない

 

恋愛がうまく行かないこと自体も確かに辛いですが、特に苦手感のある人は、もっとうまくやっている風に見える誰かと自分を比べ「それに比べて…」と無駄に劣等感を抱く傾向にある気がします。

 

が、これ、本当に無駄です!(本当に言いたい)

 

100歩譲って、同じ相手を争っている相手に負けた…と思うのなら、悲しんだり悔しがったりするのはわかります。でも、好きな相手が違い、条件が違い、求めているものが違うのに、誰かと自分を比べてがっかりして、それで卑下して、力を(自ら)失っていてもしょうがないのです。

 

かつ、人と比べることによってがっかりし、「どうして私は…」というループにはまることで、実は一番大事な、“勇気”を出すということへの恐ろしさを無意識に避けようとしている…。本当に大事な真実から逃げようとしている。そういうことも結構あるのではないかと思います。

 

恋愛がうまく行くかいかないか、みたいなアレは、勉強でいうと“芸術点”みたいな感じなのかもしれません。

もちろん上手い下手はあるけれど、究極のところ「あれとこれどっちが上の絵か?」は、採点するべきものじゃないじゃないですか。

ただの“見る人の好み”なんですよ。

恋愛が成就するかどうかは、完全にこれと同じです。

 

自分のベストを尽くしても、合わない相手とは合いません。◎はもらえません。

それは、もうしょうがない!

でも、もし自分が自分なりにその恋にベストを尽くしていたのなら、自分は自分に◎をつけられると思います。

かつ、その「結果はともかく、私は頑張った!」という自信は、確実に次の恋への力になるし、日常的にもその人の経験値、オーラとなって、魅力を倍増させていくんです。

 

勇気を出すこと、自分を認めること、その時々でベストを尽くすこと…は、すべて経験によってどんどんうまくなるジャンルです。

絵だって、そもそも基本がへったくそすぎるものは、“個性”とは呼ばれませんよね。

でも、「あなたのことは魅力的だと思うが、でも他の人が好きなんだ。ごめん」と言われるんだったら、失恋だけど、本質的には失恋じゃないですよ。

 

★どうせ勇気を出すなら、早い方が有利である。

また、自分にとって不利な恋愛パターンは自分次第で変えられると知る。

 

 

さて、牡牛座ちゃんの恋愛相談の中で、「受け身、後手に回りやすい」というのも、よく見られました。

もちろん、何か意を決して動くまでには誰しも時間がかかるし、自分の心にそぐわないタイミングで動くことは、しなくていいと思います。

 

ただお伝えしておきたいのは。世界にはいろいろな人がおり、その内面、個性もいろいろなので。

「恋愛とは、自分と違う価値観の相手に大事なことを伝える行為なので、自分の想い、個性と同様に、相手のことも、大いに考えなければいけない」。

これですね。

 

たとえば、本来ならうまく行きそうな気配があったのに、自分がなかなか言い出せないせいで、気づけば相手に恋人が出来ていた…なんてことがよくあるのなら。

そこまで完璧になくていいから、「あなたに対して好意があります」的なアクションは、何でもいいのでもっと早く起こす必要があるでしょうね。

こちらとしては「まだ●か月…」でも、相手には「もう●か月…」なんてことは、恋愛においては、非常によくありますから。

 

かつ、愛情の伝え方は、そこまで上手さを追求しなくてもいいのでは。

これは好意だとわかってもらえれば、やり方は何でもいいのではないでしょうか。

 

相手も、もしこちらの好意をキャッチしたい(つまり向こうにも少なからず好意が…)なら、どういう小さいものでも、変化球でも、それを見ようと、受け取ろうとしてくれます。

逆を言えば、相手にその気がなければ、どんなに素晴らしいアプローチをしてもダメなんです。

 

会った時ににっこりしたり、明るく声をかけたりするくらいでも十分です。

人間、誰しも恋に関しては野生の勘が働きますからね。

逆の立場だったら、あれっ?て思うでしょう。自分がされたら「あ、好きなのかな」と思うようなことを、相手にもしてあげるのが一番自然かなと思います。

 

もっともダメ(難しい)のは「愛情を示すのが恥ずかしくて、天邪鬼的な態度を取ったり、『結局なにがしたいの、言いたいの?』みたいな行動になったりしてしまう」パターンかな。

 

大体、人の行動と身の回りに起こっている結果というのは、合わせ鏡の状態で、

つまりは「やったことがそのまま現実になる(=それにふさわしいものになる)」のです。

 

きちんと伝わりやすい形で相手に気持ちを伝えているのに、わかってもらえない(気づいてもらえない的な)と感じるなら、残念ながら相手にその気がないのだと思います。

が、それはそれ。認めるしかないですが、生きているうちにはどうしてもある、しょうがないことです。でも大丈夫!

 

またどうしても天邪鬼的になってしまう人ならば、「相手に想いを伝えること、できたら受け入れてもらうことは、自分にとってどのくらい大事か」を改めて考えてください。

「気持ちを伝えたい!」よりも、「でも恥ずかしい、正直になってその結果受け入れてもらえず、数貸しい思いをするのは嫌だ!」が勝るなら、それはそれでしょうがありません。

そのことも一度受け止めましょう。

でも、伝える方法は、想像以上にたくさんありますからね。

自分の性格に合う、告白の仕方、アピールの仕方を、もっともっと真剣に探してみる手もあると思いますよ!

 

頑張れ牡牛座ちゃん!!!

 

 

$CRODのブログ ~サンフランシスコから~-アストロカウンセラーまーさバナー
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

 にほんブログ村

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 代理出産・卵子提供へ

にほんブログ村

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。