CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:















◎乙女座の恋愛運・対人運傾向

日常を丁寧にいつも通りに、でも時に少し勇敢に進め!
そうやって乙女座の世界は同心円状に広がるのだ

さて、今回は乙女座の恋愛、対人関係について深めてみましょう。
うーむ!
最後にして特に興味深い人が来た!という気分で盛り上がっております(笑)。

さてみなさん、乙女座の対人関係ってどんな感じだと思います?

基本的な性格から…あと、よく示される彼らの資質から考えると…
乙女座は一般に、落ち着きがあり冷静で、分析力が高く平穏無事を好む、安定志向。こんな表現が多いので、あまり恋愛とかで揺さぶられなそうだし、人間関係でもほどほどって感じで行くんじゃない?そんなに特徴というほどの特徴はないんじゃない?と思われる気がします。

それは、確かに一部あたっているのですが。
でも、私は知ってほしいのです…。乙女座の持っている感性の独特のユニークさを!
できるかぎりこってり、説明してまいります!(こってりは乙女座好みじゃないかもしれないけど、まあいい)。

はい、まず基本形として。
乙女座はあまり人間関係に積極的ではありません。
でも常識を重んじる人ですし、自分がそれを好きかどうかより、「その場でどうふるまうべきか」の方を大抵の場合優先するので、目立って場を乱すことはしません。
たとえば、本当は部署の飲み会があったら、なるべ~く参加数は最小限で勘弁してもらいたいタイプだし(大人数での行動も苦手)、
「どうしても直に話さなきゃいけない」という事態になるまでは、メールで済ませたい人です(文字でだと思いをいろいろ伝えられるんですけどね…なんでだろう、という乙女座は多い)。

こういう、必ずしも人づきあいを好まない系の性格の人はほかにも結構いますが、
「好きじゃないからやらない」「親しくないから話さない」、みたいにふるまいきれないところが、乙女座の興味深いところです。
ちなみに、「人づきあいは嫌いじゃないけど、相手による」(誰に相対するかで、態度があからさまに違う)っていう人もいますし、
「自分の話したいときは熱心だけど、相手の言うことにはそこまで興味を示さない」みたいな人もいます。が、私から見るとこういう人は、時に気さくに見えても、別段人間関係が好きとは言えないと思うので。

それに比べれば、
そこまで熱意を感じていないのに、一応飲み会にも定期的には来るし、どうしても必要とあれば一応会いにもいく乙女座は、とても人間関係に対しても真面目で(何に関してもそうなんですよ、この人は)、
かつ、「見た目ほどには人間が嫌いってことはない。人を必要としていないこともない」のだろうな、と分析しています。

そもそも、12星座の真ん中あたりの星座は、自分を取り巻く環境や対人関係に重きを置く傾向が強いのです。ずばり乙女座はそこにも当てはまりますしね。
社交術の権化の天秤座や、仲間意識が強くみんなに認められたい獅子座、
一度できた絆はとことん信じ、信じた者のためなら喜んで身を投げ出す蠍座。

乙女座はこの間にいて、こういう仲間のほうに、乙女座は入っているわけですから。
(つまりこの真反対にいる人たちほど、己ペース&ぺースなわけです)

多分、乙女座がもう少し神経質じゃなくて、…つまりは“小心者”じゃなかったら、
案外獅子座や天秤座みたいにふるまうのかもしれません。

そう、乙女座の最大特徴といってもいい性格は、おそらく神経の細さ、繊細さ、ある種の気の弱さだと思います。

乙女座は水星守護の星座で、元から感情より知を重視。
つまりは理屈っぽいタイプ。よく考える性格の人です。
物事は、よく考える人の方が迷いやすく、思考の渦で足止めされやすくなるのは道理ですが(で、大胆な行動にはなかなか出にくくなる)。乙女座はこの典型でしょう。

もちろん、よく考えているからこそ、一回一回の行動にミスや無駄がなく、そもそもガンガン攻めたり、一か八かで動たりする必要なんかないんです。
一般に大胆だとか行動的だとか言われる人は、みんなそんなに考えていません(笑)。
行動のたびにいろいろ思い悩む(しっかり考えた上でないと動けない)タイプだったら、動くたびに神経が擦り減ってしまって、そんな称号はいただけないのである。
かつ、何も考えずに気楽に動けるからこそ、失敗も恐れないし、またやればいいや、挑戦すればいいやとと思うことができ、またこちらもどんどん場数によって胆力は鍛えられていくのですよ。
つまりどんな性格にしろ、その性格ならではの強い面、優れた面をより多く使うことで、人はみんな人生のスキルを身に着けていくってことでしょうね。

で話を戻しますが、
乙女座を知る際に比べると興味深い星座に、双子座がいます。
双子座も同じく、水星管轄の星座。同じく知に長けた気質で柔軟宮に属していることもあり、本当なら乙女座に酷似していてもおかしくない人。
でも実際にはそうは言われません。
さて、この二星座の決定的な差とは何か?
それは、双子座は多少の気の弱さをブッ飛ばすくらいの好奇心を持っているという点でしょう。

実際には、神経的にはかなり細く、いや繊細で?敏感で、その点は全くと言って二星座は同じです。

違うとすれば、乙女座は大体において平穏無事好みタイプなので、おそらく人生内で遭遇するドラマチック…という名の事件?の数も少なめなはずですが(何しろ避けて通っておるからのう)、
双子座はまったく違います。

双子座は乙女座に比べ、圧倒的に好奇心旺盛で、面白いことのためなら、ある意味何でもする性格。乙女座が「事件?…(そそくさと帰り支度)」なら、双子座は「事件!!❤(どこどこ今いく)」でしょう。
ついている神経自体は同じ方向性のものでも、とっさに出てくる必殺技(調べる、聞く、知るで情報を駆使し対処)は同じでも、
乙女座を「守りの水星」とするなら、双子座は「攻めの水星」って感じです。

すごく興味深そうだけど、身を危険にさらす可能性がある…という局面なら
乙女座は間違いなく、やめます(あとで、ネットで調べて詳細を知ればいいやと)。

でも、そこで双子座は行きたい!というほう(現場を見たほうが面白いに決まってるじゃん~)です。


はいどんどん脱線しそうなので、この辺にしますが。
こういう風に、いろいろな星座と比較して乙女座を見てみると、その性格の本質も少しつかみやすい気がしますね。
潜在的には同じようなものをもっていても、でも乙女座はこっちの道を選ぶタイプなんだなと…。
やはりそのキーワードは気の小ささ、神経の細さではないかという気もするし、
そここそが乙女座を読み解くカギ、魅力を知るカギでもあるんじゃないかと、私は思うのです。
そう、もちろん、いつもいつも飛び込んでいく方がいいとは限りませんからね。
乙女座の魅力も、そことつながった場所にあるのではないかと。
その辺を探りながら、より対人関係にスポットを当てていきましょう。

改めて行きますが、基本乙女座の対人関係は受け身です。

これは思うに、やはり動くより先に考えてしまうのが関係あるのと、
あと、「何が何でもこうしたい!」的感情、意思、が起こりにくいからじゃないですかね。

もちろん乙女座も強く人を好きになったり、激しい情熱を感じたりは当然するのですが。
でもすぐに行動に移せる人たちから見るとその温度は低目だし、
「状況が味方すれば、相手もそういう気があれば」みたいな、条件付きでないと思い切って動けない…。そういう面が強いのではないかと思います。
こう聞くと、「なんだだらしがねえなあ~」(牡羊座とかいいそう)、「本当に好きじゃないんじゃない?」(蟹座とかにいわれるな)とか…まあエトセトラのヤジが思いつきますが。

そう、そもそも、乙女座は自分の力を一点に集中させることをあまり好んでいないようにも思うので(それが冷静であるということで、リスクヘッジということで、同時に用心深すぎるということなのである)、
特定の人にのめりこむ度合いも、確かに低いんだと思います。

だからこそ、周囲を見る余裕もあるけど、同時に恋愛の争いで出遅れ、告白のタイミングをのがし、好きなのにはっきり意思表示できず、あいまいな関係が長引きやすい…。
そういう面も、ありますね!(乙女座諸君同意してくれるはず)

乙女座は何度も出てくるように、繊細で何より「リスクを恐れる」面も強いですから。
これは恋愛に限らず、ほかの人間関係でも、多々現れる特徴で、同時に乙女座本人を苦しめる部分でもあるでしょう。

あと、同時に、乙女座自体の淡白な気質も、これには大きくかかわっているなと思います。
とてもわかりやすく言うと、「相手をどうしてもモノにしたい!」みたいな、動物的本能もかなり低いということ。
恋愛関係は言うまでもなく、対人関係とは、やはり生き物と生き物のぶつかり合いです。
最初こそ手練手管や駆け引きなども大事ですが、根本的にはもっと動物的な相性、強さ、エネルギーが関与してくるジャンルなので、
「絶対ほしい!」という人の方が、やはり一生懸命になれるし、一生懸命になれる人の方が、勝者にはなりやすいのです。これはエネルギー学の必然。

ふと思いついたたとえですが、乙女座はギャンブルもあまり強くなさそうです(興味も少なそう)、あれもかなり動物的本能&引き寄せ力とかかわるジャンルですから。
大損する可能性のある人は、逆を言えば独り勝ちの可能性も秘めているなと思います。
そこまでかけられるかどうか、っていう点で、もう適性がかかわっているなと。


かつ、同時に、そもそも乙女座はいい意味でも淡白なので、
プラトニックな、純粋な愛情や思慕のような感情も、持ちやすい性格です。
これも深く関係しているなと思います。
好む恋愛の、人とのかかわり方のスタイルが、やや距離感がありシンプルなもの、さっぱりしたものだってことかな。
欲を出したいけど出せない…という面もあるでしょうが、「もともとそういう好みじゃないんだよ!(フン)」というのも、本当だと思います。

確かに、今回話題にしているのは主に太陽星座乙女座のみなさんの話ですが、
乙女座の影響の強い人(月、水星…を筆頭に、乙女座に惑星が集中しているなど)は、ほぼみんな性的な資質&関心は低目で、その分非常にピュアなもの、ロマンチックなもの、精神性の高い愛情などに、強いあこがれをもっています。いくつになっても初恋の気持ちを忘れない…、そんな感じです!(本当)
初恋は実らないもの…みたいな慣用句もありますが?(笑)
乙女座も半分そんな風に考えているというか、
自分の情熱の結果、何かをなす、みたいな思考回路があまりないのかもしれませんね。

もちろん乙女座も人と深い関係を作り、結婚などもしていきますが、
それはもっと、自分の人生全体的に見て、ある意味妥当な流れだからとか、バランス的にそうなるといいかもな、とか。
乙女座なりにいい意味で合理的な判断だ、つまり「無理がない!」形であると、一番成立しやすいのかもしれない。
逆を言えば、あまり情熱や勢いや荒々しさのようなものを頻繁に持ち出さなければいけないような、
非日常的な人間関係は、乙女座には合わない。必要ではない。
こういう判断もできるのかもしれません。

いや、これは「乙女座にはドラマチックな恋愛は無理!」といいたいのではなく、
どんな一見ドラマチックな展開でも、
本当にそれが乙女座に合うものなら、乙女座は(いっときは興奮状態にあっても)冷静に、ある意味着々と、自分の日常にその関係を組み込んでいくことができる。
乙女座が毎回、過呼吸や心拍数最大になったりしなくても、自分の当たり前として取り込めるような。
そんな相手とのかかわりかたこそ、
乙女座には最も幸せで、自然で、同時に人生自体の規模や深さを広げてくれる可能性のあるものなのではないかと思うのです。

今把握できる範囲の中で、安全に無難に…と小さく生きようとして安定感を保つのではなく、
好きでなんとなく日々接しているうちに、いつの間にか受け入れられる土合、量、範囲が広くなる。
それが、乙女座にもっともいい形での成長だし、前進なのでしょう。

そして、それを助け、促し、一緒に歩んでくれる相手こそ最適。
「相手と一緒に成長してきたので、
お互いいい面も悪い面もかっこいいところも悪いところも知っていて、素直に見せられる」
そういう自然体感が、乙女座の理想とする世界なのかなと。
ほら、これも十分「初恋」感があるじゃないか!(つながった)

とはいえですね。
実際に乙女座が関係を作るのは、自分とは違うタイプの相手である可能性は高いのですから、
ある程度、意識して自分の感情や考えを意思表示する勇気は、ぜひ持ってほしいなと思います。

そう、乙女座の人間関係の最大のカギは、主に「勇気をどれだけ持てるかどうか」に正直かかっているのではないかと。
特に恋愛は、非日常の極致です。
それをおいおい、なじみある、いつもそばにいてもっとも安心な何かに育てるためにも、
一旦は非日常的な気合い、情熱、そして勇気を出す必要がある。
これを、乙女座は肝に銘じてもらいたいですね。
いつもいつも出さなくたっていいのです。
お金だって、いつも使いすぎていたら破産だぜ!
でも、いざというときも思い切って使えなくて、結局「何のために毎月貯金してきたわけ?」みたいなことも、乙女座には多い気がするのですよ。

お金もエネルギーも情熱も、持っていること自体には特に意味はありません。
大事なのは、それをどう生かすか、使うか、使いどころを見定めるかです。

多分乙女座は、何に関しても非常用の案を用意する傾向も強いでしょうから、そういう意味でも万全な人でありそうですが、
何にでも対応できる準備ができている(ストック万全)、はあくまで、“何かに対する用意段階、予備段階”として価値があります。
「いざというとき」を避けて通っていることで、「常に万全」を保っても、実はそこに何の意味もないのですよ(災害用の備えとかは別ですよ?)。

何かについて考え、きちんと自分なりの意見や判断を持ち、安定しているということは、
いざどんなに不安定になったときにも、その培ってきた内なる恒常性のおかげで心が整理され、慌てずいつも通りの自分を発揮できる点で何より素晴らしいのです。

おそらく、いろいろ恐れてはいるけれど、
乙女座、あなたはどんな局面でも、思っているよりははるかに、いつも通りやれるはず。
だから、特に人間相手のテーマには、もっともっと飛び込んで行っていいのです。
相手の気持ちがほしいなら、自分の抱いている思いに本当に価値を見出しているなら、
もっと多くのエネルギーを、自分の恋に賭けなさい。

絶対損をしないギャンブルがないように、絶対振られない恋もありえませんが。
大きなものをかけた経験は、必ずそれ以上の何かを学びとしてもたらしますから。
あなたが、生きることに攻め、勇敢である限り、損など絶対しないのですよ。

かつ、本当にあなたの冷静さ、安定感を奪うほどのなにかに出会えること、人生にはそうそうありません。
だから、ある意味大丈夫?(笑)だし、もし出会えたのなら、まさにそれは千載一遇のチャンスで、この世の誰をもってしても慌てさせる何かなんでしょう。
だったら、あなただって動転したってうまくできなくなって、当然ですが、
乙女座の本当の力はそんなときだって決して奪われません。
いつも通りやりましょう。興奮しながらも熱に浮かされながらもね。
しどろもどろでも真面目にぽつぽつ愛を語れるなら、
それはどんな情熱的な態度にもパワフルな大胆さにも気の利いた口説き文句にも、必ず対抗できますから。

さあ、すべての乙女座。
いつも通り、きちんとルーティーンをこなしながらも、勇敢さの炎に火をくべるのも忘れるな!
あなたはあなたの純粋さ、真剣さで、今日もまた挑んでいけばいいのですよ。


「ひとことアドバイス・対12星座の相手とうまくやっていくコツ」
※乙女座目線です!


★(TRY!)=縁は深いが、努力や成長が必要
●(GOOD)=親しくなりやすい&パートナー相性
▲(SOSO)=大きな問題は少なめ&お友達むき


対牡羊座)- ▲(SOSO)
何事も本能で判断する牡羊座を得意なはずはない(涙)。が、牡羊座はサバサバ系で勘もよく高い行動力を持ち、乙女座と組んだら最強の可能性も。人を一面的に見ない訓練だと思って向きあおう。

対牡牛座)- ●(GOOD)
平穏無事大事・仲間で一緒にいて安心できる人。乙女座は賢く牡牛座は誠実な優等生コンビ。お互いにリスペクトし続けられれば関係継続は必至。ただ二人だと実年齢より地味になりそうなのが難点(笑)。

対双子座)- ★(TRY!)
最初は苦手感が強く、気がしれてくると共通点を感じる二人。特に乙女座は双子座を敬遠気味だけど、話せば気が変わるよ。でもここがタッグを組むと相当知能犯なので世界のためには不和がいい?(笑)

対蟹座)- ▲(SOSO)
どちらも繊細だけど、傷つくことを恐れず人と付き合う蟹座の姿勢は大いに見習いたい。蟹座も乙女座のまず先に考える姿勢には学びが大きそう。できないなりに助け合う、温かい組み合わせです。

対獅子座)- ▲(SOSO)
真面目でいろいろ考える点は同じでも、獅子座は劇的大好きっこで思考がどんぶり勘定なのが乙女座には理解不能。獅子座には乙女座の好みは淡白、地味すぎ。適度に距離があるほうがうまくいきます。

対乙女座)- ★(TRY!)
思考回路が同じなので気持ちは非常にわかるけど、乙女座は多分自分をあまり肯定していないので、似た相手は…。時々情報交換して愚痴を聞くような、「他部署在籍の同期」くらいがベストかも。
対天秤座)- ▲(SOSO)
華やか&自分とは程遠い存在だけど、実は綿密な計算のもと生きていると見抜ける乙女座は天秤座のよき理解者に。そこに行きつかず密かな対人コンプレックスを刺激されてしまうと、苦手感のみに。

対蠍座)- ▲(SOSO)
蠍座の持つ安定感は本来好物のはずだけど、独特の威圧感、重さが少々息苦しい乙女座。蠍座から見ると乙女座はドライ過ぎ。人とも距離を置きすぎで、あれで何が楽しいのだろうと思っているかも。

対射手座)- ★(TRY!)
一見乱暴で動物的なのに、実は冷めた射手座にはハッとする乙女座。関心ごとには共通点ありだけど、ついこわがっちゃう。射手座も乙女座は評価しているけど、臆病さに何かイラつかせられる相手かも。

対山羊座)- ●(GOOD)
乙女座が戦略練り係で山羊座が実行部隊なら最強のコンビ。どっちも実際的な頭の良さで、相手の技量に尊敬を抱くタイプ(情抜き)。相性はいいので続きますが、腹はとことんまで見せません。それでいいの。

対水瓶座)- ▲(SOSO)
乙女座とは全然違う系統の賢いちゃん。全く接点がないか、距離間ゆえに案外自由に付き合えるかどっちか。水瓶座は来ればそこそこ受け入れる人。親しくなれるかどうかはまさに乙女座の度胸次第かも?

対魚座)- ★(TRY!)
まさに運命の人(笑)。魚座の天然ぶりを見ると日頃の理屈も吹っ飛びがちで、地位や名誉など大人の理屈を超えた価値観で結びつく可能性あり。魚座は多分素の乙女座を見てくれる人なんだろうね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。