CRODのブログ 〜サンフランシスコから~

卵子ドナーさんを応援します!
ranshi.com


テーマ:














◎獅子座の恋愛運・対人運傾向


華やかで気さくで関係も幅広い割に、ここ一番というときに非常に不器用!
獅子座諸君、大いにかっこつけ、時に素で勝負しましょうよ


はい、獅子座といえば…、例の「女王様タイプ」「周囲の注目を浴びるのが好き」などなど、
妙にど派手な(笑)単語も非常によく出てくる例の人たちです。
まあそれも、私から見ればあながち間違ってはいないのだけど、それを地でいく獅子座も一定数いるのだけど。
でもそれはあくまで一定数。そういう印象です。
多くの獅子座からは「むやみに派手に書かれるけど、現実の自分とギャップが…」とか、「なんだか獅子座って、とってもバカっぽくないですか?(汗)」とか、そういう声も聞かれます。

うん、興味深いんですよね~。獅子座って。
いろいろ自分の中にわかりやすい矛盾を抱えていて、そこがおもしろい。
人間的だな…と思って見ています。

そう、私がまず獅子座について皆さんに伝えておきたいのは、「獅子座は12星座の中でも断トツに人間的だ」ということかもしれません。

もちろん獅子座の中にもいろいろな人がいるので、
本当に女王様…(以下略)風な人もいて、きらっきらしている姿を見て「あの人にも(人間的な)弱みとかあるの?」って思われたり、
また、常にどんと構えていて、人に助けや意見する余地を全く与えないような“親分系”の姿を見て「なんであそこまでできるの?(バイタリティありすぎ?本当に人間?)」みたいに思われたりすることも、獅子座にはあるあるですが。

そうだなあ。
たとえるなら、獅子座ってエネルギーがマル(円形)なんです(また突然の比喩)。
だからまず、人から見て突出した部分のある獅子座は、つまりは「マル自体がでかい人」ってこと。
キャパシティが大きいと考えると、一般的でわかりやすいかもね(それは“傑物”ってことなんで、決して人数は多くはないですよ)。
ほかの星座の場合は、ある気質や才能だけ突出していることがありえるのですが、
獅子座はあまりそうじゃない。
そこだけが出っ張っているんじゃないんですね。獅子座でできる人っていうのは、全体に大きい人なの。
だから、何かですごく頑張っているけど、でもその分何かは全然できない…ということがあまりない。
仕事もめちゃくちゃできるし、いいお父さんお母さんだし、みたいなこともありえます。

多分、本人が“そうでありたがっているから”なんですよね。
獅子座はすべてのことに全力投球する。たとえそれでいろいろな無理が自分に生じても。
そういう意味で出し惜しみをしない人。
それが多分獅子座的「かっこいい」なんだと思います。

そう、獅子座は12星座の中でもこれまた断トツに、「かっこいい自分」を真剣に目指している星座でもあります。
「自分はこれができるから、こっちは全然できなくてもかまわない」とはあまり思っていないし、できればミスターパーフェクト、ミスパーフェクトみたいでありたい。
こういう願望の強い人なのではないかと思います。
(※ほかの星座より獅子座が優れている、というより、ほかの星座はもっとエネルギーを加減して生きている、が近いです)


また、獅子座はマルっぽい人説を、また別の解釈で見てみると、
「ある感情や考え方だけを、極端に持っていることもできない人」
こんな風にも思えてきます。

たとえば、ものすごく厳しい冷徹な面もあるなら、裏に必ずめちゃくちゃもろい面、情に厚い面もある。
もしくはある一面でもとても生真面目なのに、別の一面ではとても大雑把だったりもする。

相手によって変わったり、状況によって使い分けられたりしているのでしょうが、
再びイメージで説明するなら、
それはいわゆる“極端な二極の性格を持っている”みたいな、ちょっととんがった、際立って神経質的な性格のそれではなく、獅子座の持っているキャラクターの幅広さ、意識を向けている、気にかけていることの幅広さを表す感じです。

そう、そういう意味での“自分を中心としたときの守備範囲の広さ”が、円を感じさせるんですよね。


で、これは人間関係にも言える気がするのです。
実際、獅子座はとても感情的な人で、理屈より、自分がどう感じたかをとても重要視する人です。
が、でも同時にマルになろうとする性格でもあるので、ある種の感情的偏りをとても嫌う面もあります。
つまり普通に行くと、誰かを熱愛する、偏愛する傾向も強いのだけど(笑)。
同時に「みんなを平等に扱わなければならない、公平でいなくてはならない」みたいなところも強い人です。
誰かだけに集中したいような、でもみんなを見ていたいような?なのかしら。

この、自分の中の矛盾。
もし獅子座がエネルギーの小さい人だったら、全然たいしたことないことなんですが(小さいマルの中で生きるのは難しくない。端から端までいったって移動距離短いし。つまりは全体的に縁が浅くなる、淡白な付き合いになる)。
なまじ獅子座はパワフルで、基本姿勢、常に全力投球系の性格だけに、
時に「うわあああ~~~」って自分で叫びたくなるくらい頑張りすぎて、葛藤を呼び起こすこともある気がします。
本当は、冷静で適度な距離を保っているほうがかっこいいと思っているのに、でも誰かに好意を持つとそういう打算はぶっとんでしまう。
ただ楽しむほうが楽だとわかっているのに、真剣に真面目に入れ込んでしまう。
そこまでしなくてもいいことだと頭では分かっているのに、いつの間にか誰よりも責任を負ってしまう。

獅子座の人間関係には、そういう矛盾がしょっちゅうのような気がします。

たとえばですが、「人間関係とは入れ込むもの」的価値観の強い…そうね、一個前の蟹座なら、これには悩みません。
また一個先の乙女座も、「誰とでも適切な距離感を保ちたい」気持ちが強すぎて、こういう悩みとは無縁です。
彼らは獅子座に比べ、かっこつけてはいないから。
言い方を変えるなら、現実の自分を、理想の自分と比べるようなことはあまりしないからです。
少なくとも…獅子座ほどには。

言い方を変えるなら、獅子座は「こうでありたい」と感じる理想をはっきり持っているし、かつ「こうでありたい項目」も多いんでしょう。
それは視野が広いからだし、いざとなればいろいろなことをこなせる胆力があるからだし、同時に一つのことになかなか自分を絞りきれない欲と、かつ「こういうのは無理」と自分に対し認めきれない“見栄”も持ち合わせているからです。

本当はすごく単純な性格なのに、複雑なこと考えているなあ、こなそうとしているなあ…っていうのが、私の獅子座への感想です。
かつ、そこが「人間的でいいねえ」と思うところです。

はい、また話が長くなってきていますが(笑)。
実際の人間関係においても、この内的矛盾は多々影響を及ぼしてきます。

◎本当は弱いのに、強いふりをして仕事にせよ心理的負担にせよ、抱え込みすぎる
◎正直に自分をさらけ出したほうがいいのに、つい虚勢を張り、立派で問題ない風をふるまってしまい、素直になれないで裏で泣く
◎ついついストレートに感情を表してしまうのだが、それがどこか恥ずかしい(だから表した後、なんだか少し相手とぎくしゃくする)
◎自分の魅力を認めさせ、少し追われる立場でいたいのに、実際に恋に落ちると本能で追ってしまう。駆け引きをしたいのだが、いざとなると全然できない
◎いいときはさらっと明るく接することができるが、何かで傷ついたり不安が生じてきたりすると、急にいろいろ怖くなり、しつこく、疑い深く、嫉妬深くなる
◎本当はさばさばした自分が理想なのだが、さばさばキャラでいられる時間が短く、時に暑苦しく、自己嫌悪に陥りやすい

相手が誰でも、獅子座はこういうことが多いんじゃないですかね。
決まったときはとてもかっこいいのですが、総じて不器用な印象が否めない(笑)。

でもね、こういうところこそ、獅子座っていいなと私が思うところなんです。

いいじゃないか、獅子座。
そういう自分に胸を張れ!そういいたいですね。

私が見るに、あなたはとても前向きな意味で往生際の悪い人なんです。
ほかの11星座ならとっくにあきらめてはなっから追わないような素晴らしさを、何とか体得しようと最後の最後まであがいている…。そういういい意味でのしつこさがあなたの美点です。
あきらめさなさって、人の心を若くするんですよ。
獅子座にはなくてはならないものでしょう?

かっこよくありたいと思うのはいいけれど、
それはあくまで「自分をかっこよくする」ことに焦点を絞るべきであって、誰かから見たかっこよさに合わせることだとは考えないほうがいいでしょう。

だって、多分本当の意味でのかっこよさについては、ほかの誰より、あなたが詳しいはずですからね。

あと、自分が掲げる理想についても、見た目とか仕事の能力とかモテるかモテないかとか、部分的なものを追わないほうがいいですよ。
だってあなたの一番の魅力はまさにその多面的な人間性だし、生きることの欲、エネルギーの大きさそのものでもあるのだから。
目指すなら部分よりすべて。「スケールの大きい人」こそあなたの理想で、こっちのほうが、正直獅子座は達成しやすいです。
多分獅子座が本当にいい状態の時は、どこかだけ評価されたりしません。
「人して魅力的だ!(最強)」。こうなるはずですから。
しかも、評価されるときはみんなに評価されます。老若男女にね。

これこそ正しい“女王様(無敵)状態”でしょう(笑)?

最後に獅子座を愛する人たちへ。
思うに獅子座は、基本は腹を割りたい人たちです(笑)。格好もつけたいのですが、でも相手を身近に感じていればいるほど「素の自分を見てほしい」のほうに傾いてくる。そういう面が強い気がします。
なので、まず最初は、獅子座の「俺って&私ってかっこいいでしょ」的オーラにきちんと反応して、いいねえ~(素敵だね、センスいいね、さすがだね…とにかく褒め言葉なら何でもいいのだ)形で相手をその気にさせる荷が大事です
(※うそを言うのはいけませんが、獅子座に対しては多少言葉を盛るのは礼儀のうちです!)。

同時にそうやって賞賛しつつも、結果だけじゃなく過程も見る姿勢といいますか、
物事に対する向き合い方の誠実さや地道さ、努力、人望…そのへんのこともきちんと汲んで、そのうえで獅子座を褒めてあげてください。

自分が見てほしい“両面”に気づいてくれる存在こそ、獅子座から見れば理想の人なのですから。

また、さらに親しくなってきたら、獅子座の今一つな面も少しずつ愛情をもって伝えてあげるといいでしょう。ダメ出しではなく、「より獅子座が輝くための、身近な存在からの意見」としてね。言い方には気を付けたいですが、心を開いていればむしろ獅子座は相手からの意見を聞きたい派だと思います。獅子座は信頼関係ができてくると、相手を身内的に感じやすいし、そういう領域になると「人としてその人が好き」となり、まさに揺らがない関係になります。
獅子座を愛する以上、あなたが目指すのもここですよね?

つまり、獅子座と親しくなるということは、人間同士として深く愛し合う、絆を作るってことなんですよ。それって部分でなく、全体で愛し合うことなんだと、私は思いますよ。


「ひとことアドバイス・対12星座の相手とうまくやっていくコツ」
※獅子座目線です!


★(TRY!)=縁は深いが、努力や成長が必要
●(GOOD)=親しくなりやすい&パートナー相性
▲(SOSO)=大きな問題は少なめ&お友達むき


対牡羊座)- ●(GOOD)
獅子座のワイルドな本能?を呼び覚ます仲間。牡羊座を好ましく思うなら好調、そうでないなら少々考えすぎモードかも。仲良くなりたいときは一緒にわくわく冒険的なことをやると一発です。

対牡牛座)- ★(TRY!)
一見おとなしくて扱いに悩む牡牛座ですが、内に秘めた頑固さは獅子座をしのぐレベル。本能でそれを察知して双方近寄らない場合多し。苦労を共にするとお互いへのリスペクトが増すかも?

対双子座)- ▲(SOSO)
明るく察しのいい双子座は獅子座のムードメーカー。獅子座は自分が立派になりたい分、縛られない人が好きで、双子座はそれに一致。双子座も獅子座の苦労性に気づくのでつい代弁者になりがち。

対蟹座)- ▲(SOSO)
全方位的な視野が獅子座に一番近い蟹座。でも蟹座はいい意味でも自分の感情に忠実なので、獅子座から見ると自分のことしか考えてなく、蟹座に言わせれば獅子座は対面ばかり重んじる、になる。

対獅子座)- ★(TRY!)
最初は警戒から入る系。似た価値観を持つのでライバルになりやすいけど、腹を割りたがる点も同じなので、打ち解けだすと早い。でも一緒に何かするのは不向き。場に獅子座は一人でいいのだ。

対乙女座)- ▲(SOSO)
燃えたい×連帯感重視の獅子座に、常に冷静で個人主義の乙女座。業務などで組むと最強ですが感情面ではすれ違いがち。獅子座がわかりづらい乙女座の気持ちをどこまでくみ取れるかがカギかな。

対天秤座)- ▲(SOSO)
気の利く天秤座の目配りは大雑把獅子座からすると神業。最初ライバル視しても、明らかに目的地が違うので意気投合は早い。獅子座の度量が本物なら天秤座は尽くしてくれます。自分らしくね。

対蠍座 - ★(TRY!)
頑固対決という点では牡牛座と同じでも、本気で敵対したら相当根深いものになりえる点では蠍座は最強の相手。でも腰を据えて相手を見る覚悟があれば無二の親友にも。どこまで信じあえるかが重要。

対射手座)- ●(GOOD)
バカな話も真剣な話もできる魅力的な射手座。でもどこまで行ってもつかみきれないため、やや片思い気分かも。射手座には正面から受け止めるには熱すぎる獅子座。それでも案外うまくやれる好相性同士。

対山羊座)- ▲(SOSO)
自分ルールで何でも進めたい山羊座。その仕切りっぷりがなぜか獅子座を刺激し“覇権争い”が勃発しやすい。ほかの人には鷹揚なのにね。でもそれは山羊座も同じ。双方余裕をもって接すること。

対水瓶座)- ★(TRY!)
究極の自由人・水瓶座には少し反発しつつひきつけられる獅子座。水瓶座も自分からはなかなか寄って行かないものの実は興味津々。集団の中でより二人きりの時のほうが深く親しくなれます。

対魚座)- ▲(SOSO)
魚座の世話を焼きたくなるオーラは気になりつつ、どう接していいか悩む獅子座。魚座も、獅子座とは価値観が違いすぎてツボを押さえられず。案外笑顔でそばにいる…のほうが好意は通じるかも?






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

CRODさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。