勉強ができなくてもいい。テストの点数では人間性は測れないから。

 

 

 

とよく言うし、私も一部ではそうだと思う。

しかし一方で、測れる部分はある。それは、

 

 

テストを受けるまでの姿勢

 

 

である。

 

テストがあることを事前に告知されながらも、勉強を一切してこない。

 

これは、特に塾においては、「学力を上げること」が生徒にも塾にも求められること。

 

そしてまともな先生であれば、生徒のことを「どうにかしたい」と常に考え続けている。

 

 

で、それに対してへらへらと「勉強してねーwww」って言われたら。

 

 

 

がっかりもするし、悲しいし、怒るかもしれない。

 

 

 

君が所属していて、君がなにかを教わっている人に、もしそういう思いをさせて平気なのであるとしたら、それは君の人間性だ、と言ってもいいのかもしれない。

 

 

できなくてもいいんだ。

 

 

でも、できるように前に進もうとしなかったことはダメだ。

 

 

 

 

「ここをやって、ここをやって、そしたらこれをやって」という指示があればできる、という言い訳も稀に聞く。

 

でも、そこまで指示されないとできないのなら、そもそも自分が「できないことをできるようにする」ということを考えているか、ということを、もう一度振り返ってみてほしい。

 

 

 

 

瀬谷松栄塾