昨日の『さいたま音楽フェスティバル』の主役は古市佳央さんでした。


プロデューサーのたくみさんから若い時に事故って大火傷を負ったがそこから這い上がって見事に蘇生した素晴らしい人生を歩んでる方だと伺ってました。
(詳細は聞いてませんでした)


この日の自叙伝オペラのためにあえてそれ以上の情報を仕入れずに彼の話をずっと楽しみにしてました。


事故から人生の意味に気付き、それを学び、その大切なメッセージを伝えている現在の彼の姿は眩しく輝いて見えました。


痛みを知り、温かさと力強さを兼ね備えた人柄はとっても魅力的でした。


タイムマシンの件が、古市佳央さんの生き様を象徴していると思います。


是非、みなさんも機会があれば彼の自叙伝オペラを聴きに足をお運び下さい。


僕のなうからブログアドレスをご紹介するので、そこからアクセスして是非ご覧下さい。


もちろん昨日のAKIRAさんの歌、ゲンさんのピアノは本当に見事でしたよ!









AD
昨日の『さいたま音楽フェスティバル』でまた素敵な出逢いをさせて頂きました。


AKIRAさんも逢いたがっていたという「おかあさん」との出逢いです。


ライブ終了後の席で、彼の壮絶な半生の一部を伺いました。


とにかくとんでもない人生を歩んでます!


そんな彼の半生を語る講演会とゴスペルライブが合体したイベントが来週末の土曜日に世田谷区民会館で開催されます。


もっと話が伺いたくて僕もその場でチケットをゲットしちゃいました。


イベントの詳細は彼のブログをご覧下さい。


ブログを読んで彼に興味を持った方は是非チケットをゲットして足を運んでみて下さい。


僕のなうからブログアドレスをご紹介するので、そこからアクセスしてご覧下さい。


当日、会場でお逢い致しましょう。











AD