病気になってから、
私は色んなものを失いました。

性格や生きがいや安心感や、
穏やかな心に、仕事への情熱。

そのどれもがかけがえのないもので、
私という人間を形どる大切な要素でした。


最近また、過去のあれやこれやを思い出しては
不安になったり、心ここにあらず状態に。

キャンプにいっても四六時中、
自分の殻に閉じこもり、
なかなか気持ちの切り替えができずにいました。


そんな私の唯一の楽しみは、

みったん。


みったんに関することだけは、
笑顔になれるみたいです。


ゴールデンハムスター歴20年の私が、

初めてこんなに飼育ブログを読み漁り、

みったんにとって良いことを必死に模索しています。


ハムスターを飼い始めた当初は、

ハムスターに関する情報があまりなく、

ハムスターにとって良いとされていたことが、

現在いくつも覆っていました。


ハムスターは水分を野菜からとるから、
水洗いした野菜を与えるのが良いというのも、

今ではハムスターフードを中心に、
野菜はたまにあげるのが良いとか、

野菜の水分によって下痢を引き起こすだの、

食べて良い野菜も昔と比べて全然違うんです。


ハムスターボールは、
ストレス発散になるというのも間違いだったり、

回し車は、身体に合ったものを選べだの、

細かい部分まで情報がアップデートされています。


檻をかじるのは、

単純に外に出たいからだと思っていたら、

飼育環境にストレスを感じていたり、

ハムスターにとって良くないことまで覚えさせたためだとか。。

小屋の外で美味しいものを与えると、

外の方が美味しいものにありつけると覚えてしまい、

小屋の中では満足できなくなってしまい、

ストレスが溜まるみたいでした。


私は単純にガリガリするみったんを可愛いと慈しんでいたのですが、間違いのようです(笑)


みったんの改善点はたくさんありました。


決まった時間に餌、散歩をさせる。

餌はハムスターフードを中心に、
キャベツ、にんじん、かぼちゃ、きゅうりなどの野菜を適度に与え、鳥のささみ、卵の白身などのタンパク質、たまには、カルシウムバーなどを食べさせる。

果物は基本与えなくて大丈夫で、
りんごなら適量ok。

水にはビタミン剤を数滴垂らしたものも良いらしい。

散歩は20分を目処に。


ケージは、ゴールデンハムスターなら横幅60センチ以上。

回し車は、ゴールデンハムスター用の大きめのものを。

砂場などの遊び場を作ってもok。





早速砂場を作ったら、気に入ったみたい!





回し車も届きました。



いやはや、みったんの長寿計画には、

さまざまな注意点があるみたいです(笑)

ゴールデンハムスターの寿命は、

2〜3年ということで、

みったんは、1年と2ヶ月になりました。


わたし的には、

3年半〜4年を目指して、

みったんの健康管理を徹底しようと思います。




そういえば、ショックなことがありました。

毎日せっせと世話をしている私には懐かず、

みったんはツレの側にべったりなんです 泣

みったんを抱いていても、

ツレの方に向かってトコトコ歩いていきます(笑)

しまいにゃ、ツレの服の中を探検し、

なかなか出てきません。

ツレの腕の中でウトウトしたり、

ツレが、ママのところに行きな〜って言っても、

みったんは全然寄り付きません(笑)


どうなってるんだってばよ!!www


ツレ曰く、

みったんの寝てるところを起こしたり、

激しいスキンシップ、大声で話しかける、

全てがみったんの信用をなくす行為になってる

とのこと(笑)


みったんとの信頼関係を築いていくためにも、

過剰なスキンシップは控える必要があるみたいでした。


けど、今日すでに、

みったんを一回起こしちゃったんだよなぁ(笑)

気をつけよーっと!(笑)


ハムスターのインテリアの例が可愛いです。