私が今まで、ある事情により、
全く貯蓄ができなかった話をしました。

私はある女性に、毎月お金を振り込み続け、
約5年ほど、カツカツの生活をしていました。

その女性が主導の新規事業の立ち上げに
人生を賭けていたのです。

その為、その女性の生活費から、
女性が飼うペットの病院代、
女性が集める東日本大震災の寄付金、
新規事業の運転資金を渡し続け、

そのために、最初はダブルワーク、
病気になる直前はファイブワークをして
生計を立てていました。

お金がない、貯蓄をしたい
という申し出にも、

貯蓄するお金があるなら、
新規事業の資金として渡しなさい

と詰め寄られ、

それが、私の役目なんだと洗脳され、

自分をすり減らして生きてきました。


お金のことは、あなたにしか頼めない。
どうするかは、あなた自身が決めなさい。

という言葉に弱い私の性格を掌握し、

あの手この手でお金を搾取され続け、

病気が発症し、次第に女性とは音信不通に。

私は一文無しの状態から、
病気療養をスタートしました。

その女性を憎んでいるか、
腹立たしいかと言われたら、

正直悩んでしまいます。


文字にすると、
お金を渡し続けた被害者と映るかもしれませんが、

私が自分で決めて選んだ道であり、

この5年に渡る交流の中で、
お金にまつわるエピソード以外にも、

私の心を支え続けてくれた事実があるからです。

優しく厳しく私という人間を
鍛えてくれて、見守り続けてくれた。
信じ続けてくれた。

普通の人生なら、到底経験できなかった世界に、
連れてってくれました。

お金には変えられない、
大変だけど、幸せな時間を過ごしてきました。

なので、この5年をお金にスポットを当てて、
見るべきではないと、今なら思います。

普通なら、常識的に考えたら〜など
という言葉で括ることのできない思い出です。

ようやく、自分の過去を、
認められるようになったのかな。

自分の人生は、自分で決める。
その通りに生きてきたんだから、
幸せぢゃん!

そんなことを思います。



だけど、誰かの為にではなく、
これからは自分のために働く。

新たしい人生のスタートです。


また、ツレも離婚やら諸事情が重なり、
現在までに貯蓄ができませんでした。


過去を嘆いても仕方ありません。


これからの未来を真剣に話し合いました。


まず、私のこと。

日常生活をキチンと回して、
病気を治す。

これが最重要課題です。


貯蓄をしていくための条件は2つ。


①ツレの自宅が売れること。

②私が社会復帰すること。


マンションに引っ越したら、
家賃、生活費はツレが出し、
私は生活費の同等程度の金額を、
共同貯蓄として貯金する。

その内訳、今後5年間の貯蓄を
シミュレーションしました。

すると、二人で約1200万円の貯蓄ができることが判明しました。

そこから、結婚式の費用をひいても、
ギリギリ1000万円は手元に残るかなという計算です。


5年後に1000万円。

本当に安心しました!


子供を作るのは、
5年後を想定しています。


私は36歳。
全然okぢゃない!


過去を嘆き、
未来を具体的に想像することに恐怖を感じていた私ですが、

きちんと向き合ってみたら、
そう悪くない未来が広がっていました。


もう、過去、特に過去のお金に執着するのを
辞めたいです。


高い勉強代でした。

そう心から思えたら、
私は一歩踏み出せる気がします。


重視すべきは、現在と未来。

そのことを忘れないように、

ツレと仲良く生活していけたら嬉しいです。