今回の建設IT注目情報 ~新菱冷熱工業「S-CADの現場活用」~

 空調・電気設備の設計では、まだ2次元CADが主役で、3次元CADの活用はあまり進んでいません。ところが新菱冷熱工業では、3次元CADで施工図を作成するのは当たり前。さらに、3次元の設計データを工事現場で活用するという、新しい段階に入りつつあります。

 3月9日、東京・芝公園で開催された「三団体交流会」(主催:関東空調工業会、関東配管工事業協同組合、関東甲信越保温保冷工業協会)で、新菱冷熱工業の谷内秀敬さんと酒本晋太郎さんが「設備業界のIT化とその将来像」と題して講演し、現場での最新の取り組み状況を紹介しました。

 IT系の講演会と言えば、講師が演台に張り付いてプロジェクターの映像を見ながら話を進めていくパターンが一般的ですが、この講演は工事現場の雰囲気を会場で感じられるようなダイナミックなものでした。

 演台の脇には、
 
ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
トータルステーション
 
を設置し、「墨出し作業」を実演したのです。墨出しとは、図面に描かれた部材の取り付け位置などを、床や壁などの対応する場所に表示することです。

 同社では、シスプロが販売する設備設計用3次元CAD「DesignDraft」を業務用にカスタマイズした「S-CAD」というソフトを使っています。

 実演では会場のメルパルク東京のホールをS-CADで3次元モデル化し、天井面に墨出しする点を指定しました。点のデータをスマートフォンに読み込み、画面上で選んでいくと、トータルステーションが選んだ点の方向に向いてはレーザー光を照射する、という動作を繰り返しました。

 その手際のよさに、天井を見上げた受講者からどよめきが上がっていました。

 このほか、壁や天井の裏に隠れた空調ダクトや配管などの位置を“推定”し、建設当時の施工手順を仮想的に再現したCGアニメーションも上映しました。

 3月11日に東北・三陸沖を震源とする「東北地方太平洋沖地震」が発生し、多大な被害が発生しました。たまたま、講演でも地震時の対策にS-CADを使う事例が紹介されました。

イエイリはここに注目した! ~免震建物の設備の動きを確認~

 最近は建物本体と基礎の間に免震支承を設置して、建物本体に地震力が伝わりにくくする免震建物が増えています。

 このとき、配管類も建物本体の動きに追従するようにしておかないと、破損してしまいます。そこで、同社は配管類の
 
可動式継ぎ手の動き
 
を動的にシミュレーションし、動作状況をチェックしています。

可動式継ぎ手と、躯体や配管設備などとの干渉を2次元図面で調べるのは大変で、見落としも起こりがちです。その点、3次元モデルだと干渉などの問題個所を発見しやすいですね。

 講演の後、パネルディスカッションが行われ、設備工事会社やダクト、配管、保温の各専門工事会社の代表者9人が議論を繰り広げました。

工費や工期が非常に厳しくなっている現状のほか、元請け会社と下請け会社間でのコミュニケーションの改善や、現実的な工程計画の作成、若手社員の確保などが話題の中心でした。

 これらの課題の中には、ITによる工程情報の共有や、3次元モデルによる施工手順の説明などで、解決できるものもありそうでした。


建築設備の総合情報サイト

設備手帳管理人のブログ