コーヒーブレイク Vol.3

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの時間にいるはずの

店長がいない

 

 

 

 

その代わり

店長より少し背が低くて

少し短髪で

眼鏡はしていない

初顔の店員が

カウンターを挟んで

私の前に立っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご注文は??」

 

 

 

 

 

 

 

「あ、いつ・・・・いえ・・・

 

 

 

 

 

 

 

久し振りに

説明入りで コーヒーを注文する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お休みなのかな???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

その次の日も

次の日も

彼の姿はなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

一つの疑問が浮かんだ

 

 

 

 

 

 

もしかしたら私は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして早出出勤の朝

アルバイトの大学生くんの姿を見た瞬間

 

 

 

 

間違いに気づいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

大学生くんが

アルバイトを辞めると

勘違いしていたのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

「いつものでいいですか?」

 

 

 

 

 

「・・・はい」

 

 

 

 

どうしたんだろう

 

何故か

すこし淋しい気がするんだけど

 

 

 

 

 

 

コーヒーを差し出されて

精算しているとき

 

 

 

 

 

「店長 先週末で辞めたんですよ」

 

 

 

 

 

 

 

「そう・・・なんだ

急だったんだね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その言葉に対する返答はなく

 

 

代わりに

 

 

 

 

「これ 預かりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言いながら

小さな封筒を差し出した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next Coming Soon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD