コーヒーブレイク Vol.2

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある朝のこと

 

 

 

いつものように

コーヒーを注文して代金を支払い

その場を後にしようとした時

 

店の後方から 

アルバイトの大学生が出てきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「店長 お世話になりました」

 

 

 

 

 

「え? 今週まだ入りあるだろ???」

 

 

 

 

 

「いえ 僕はもうお逢いできない

と思うので・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

去り際に その言葉が聴こえてきて

 

 

 

ふ~ん アルバイトくん

辞めちゃうんだ・・・・

 

 

って思いながら職場に向かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次の朝

雇われ店長からコーヒーを受け取り

後方で帰り支度をしていた大学生くんの背中を

遠目でみながら

 

 

「辞めちゃうんだってね」

 

 

と言った私に

 

 

 

「そうなんです・・・・  淋しいですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

いや

アルバイトくんのことは それほど・・・・

 

 

 

 

 

 

 

「あ・・・う・・・ん どうかな」アハハ(^^;

 

 

 

 

 

 

 

「私は 淋しいですよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃそうだよね 職場仲間だし・・・

 

 

 

 

 

 

 

何と言っていいのか判らず・・・・・・・

話が途切れてしまって

そのままショップを後にした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか

ヘンな感じだな

 

 

と一瞬思ったけれど

すぐに忘れてしまう言葉だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことがあった次の日から

私は出張に出掛け

再びコーヒーショップに訪れたのは

数日後の週明けの朝だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next Coming Soon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(2)