マヤ暦リーディング

テーマ:

こんにちは。

先日こちらのサロンで最近始められたというマヤ暦リーディングをしていただきました。

 



マヤ暦とは

今から4-5千年前、古代マヤ文明で使われていたとされる暦。 
それをもとにあなたの性質、特性を読み解き 
ご自身の魂の目的に沿って生きられるようにお手伝いできるツールです。

 


以下は私の感想です。


いい香りに迎えられ落ち着いた空間での対面セッション。
事前に生年月日を伝え、それをベースにマヤ暦リーディングをしていただいた結果を聞きました。


自分の性質、特性、さらに身近な家族との関係。

特にそれぞれの家族の特性があるのでどのように関わっていくとよりいいか。

現在はどのような人生サイクルにあり、どのように発展させていったらよいのか。

娘の周囲の家族との関係は非常に興味深く、身近にいる家族、友人にに守られている生きていることが客観的に理解することができました。

診断結果は素敵なファイルで頂けるので後からゆっくり振り返りができ、それぞれに合った具体的なメッセージが最後のページにあります。
これが非常に役立つと思います。


マヤ暦リーディングで自分を振りができ、さらにこれからどう行動していくとさらに良いのか
のきっかけをくださったことに心より感謝しています。

 

ただいま、10月の3週目以降の鑑定予約受付中とのことです。

 

詳細はこちらをごらんください。

 





 

 

 

こんにちは。

 

毎年この時期思い出す出来事が2つあるのですが、今年もまた振り返ってみようと思います。

 

1つは10年前に住み慣れた仙台から家族でイギリスへ引越したこと。

もう1つは4年前のこの時期に参加したカウンセリングコースこと。

 

今日は10年前に引越した時のことを2年前に書いた記事に加筆修正して書こうと思います。

 

今月3日で、渡英してから丸10年、11年目に入りました。

イギリス人夫と付き合ってからは21年目。本当にいろいろなことがあって、まあお互いがんばりました。

恋は盲目とはいったもので、その時期を過ぎて本来のお互いがわかってきてからどのような関係性を築いていくかが継続するカギなのかなあと思っています。

 

イギリスへ帰国すると夫が決めてから私たちの生活は急に方向転換することになり、渡英に合わせた準備が始まったのです。

 

海外生活への希望というより小さい子どもと異国での生活が始まることに不安の方が断然大きかった。

けれども昔から本音を言えないできた私は、なんとかなると不安な気持ちをかき消すように自分に言い聞かせ、

退職するにあたっての仕事の手続きや、海外引越しの手続き、最も大事な私の査証の手続き等々、目の前のことをこなす日々でした。

 

生まれてきた長女は超がつくほどアクティブでなかなか寝ない子で、私も初めての子育てで余裕もないのに育児本を参考に子育てしてたんです。自分でどうしたらいいかわからないから誰かの意見を参考に試してみてはその通りにならないと落ち込んでの繰り返し。人それぞれ違うのだから教科書通りになる方がおかしいのにその当時は全く気がついていませんでした。

そんな自分もイギリスでの子育てをしていくうちに、いかに無駄な努力を真面目にしていたかにも気づけたので良かったですが。

 

 

仙台にいた時には二人とも収入があり生活には困っていなかったけれど、渡英した当初は、夫婦で無職ですよ。

日本での生活をリセットしてイギリスで30代半ばで一からやりなおし。それは不安になりますよね。

 

10年前、と3年前、そして今の自分は同じ人間でも考え方も在り方も相当変化していますよね。

昨日と今日でも異なることもあるでしょうし。

久しぶりに読み返して、当時の状況をどう解釈していたのかを見ると引っかかりポイントが見えてきました。

当時の自分は起きる出来事、目に映る全てを事実と思っていたので真面目なわたしは真に受けて落ち込むことが多かったし、イギリスに来たことをなんども後悔してました。本当に。

 

当時の自分が感じていた思いがあったにもかかわらず、不安を感じないように蓋をしていたことが苦しみの原因の1つ。

また日々の行動をしていく上で常に不安ベースの行動になっているので、自分は常に大丈夫だろうかと気になるし、

全く安心感がなく、そのような状態では体はさらに緊張状態となるでしょう。しかも本人は全く気がついていない思いが行動に影響しているのです。

 

当時感じていた苦しみの原因は、出来事に対して自分が感じている思いに抵抗していたことだったということがこころのしくみ

を学び理解できたことは非常に大きかったです。

 

ここまで書いてみて当時の自分が思っていたことがつたわってきました。その思いに気づき、「そうおもってたんだね」って受け止めるだけでよかったんだと。

 




こんにちは。

 

苦しいのに何をやっても楽にならなかったと感じていている、もしかしたらネガティブナルシズムという状態かもしれません。

 

※「ネガティブ・ナルシズム」(通称「ネガナル」)とは:

溝口あゆかさん提唱の「インテグレイテッド心理学」の中で定義されている心理状態。

ネガティブな思いにすっかり同化し、それがアイデンティティとなってしまっているために、絶え間なく自分否定や自分批判をしている状態。

ネガナル状態の方は、楽になりたいとカウンセリングやセラピーなどに取り組むが、「何をやっても楽にならない」と感じている方が多い。

なおこさんのウェブサイトより抜粋

 

先日の記事でもご紹介した、セラピスト徳山なおこさんがご自身の経験を元にわかりやすく書かれています。

もしかしたらと思っていたら、是非チェックされてみてください。

本当にわかりやすいのでオススメです。

 

 

 

こんにちは。


台風に続き、北海道で大きな地震が発生で、
不安や怖さなどのストレスを感じている方が多くいるのではないかと思います。


そんな時に簡単に不安、怖さを軽減できる方法をセラピストの徳山なおこさんがわかりやすく説明されているのでご紹介します。ぜひ一度お試しくださいね。

被災者の方だけでなく、被災された方々の関係者の方もぜひ。

実際に体験していない人も、災害が発生した際にはストレスを抱えていることが多いものです。


少しでも今感じている不安などのストレスが緩和されますように。





First day of senior school

テーマ:
こんばんは。

約7週間の夏休みを終えて、今日からうちの子供たちは新学年が始まりました。


やっとルーティンに戻って親はホッとすると同時に子供たちは新しい学年のスタートでワクワクとドキドキの初日。
2人とも楽しい1日を過ごしたようです。


今までうちのガールズは同じ学校に行っていたけれど、お姉ちゃんが今日からバスに乗ってsenior school へ。いつもお寝坊さんなのにさすがに今日は初日でバスに乗るため起きたらしい。



妹の次女も同じ学校ではあるけれど高学年に上がり(といっても8才)制服もチェンジ。
まだまだ小さいと思っていた子供たちの成長した姿をみてちょっと感動した母でした。


無事初日が終わりホッとしてます。



バス停から帰り道。