難聴ブログ もしも願いが叶うなら

難聴ブログ もしも願いが叶うなら

難聴についての知識や情報、難聴に対する社会的なイメージ
難聴と音楽など色んな思いを発信しています。


Amebaでブログを始めよう!

久々の更新です。

今月上旬に辞令が出まして、転勤になりました。

転勤先は北海道の札幌です。

元々は生まれも育ちも勤務先も北海道でしたので、戻ると言う感じです。

2~3年の予定だと言われて、今住んでいる横浜に転勤になったのが13年半前。

もうさすがに帰れないだろうな、あっても圏内の移動くらいだと思っていました。

むしろ、13年以上も過ぎると子供も就学し、自分の身の情況も変わった事もあり、

転勤が無い方が色々と都合の良い部分も多かったのですが、大移動です。

 

今月辞令が出て来月からの転勤先での勤務に間に合わせないといけない、

これがどれだけ短期である事か…。

引越し業者数件から見積もりを出して会社に提出しないといけない為、

辞令後すぐに業者探しをし、下見の予約をし、週明けに業者が決定。

住む場所を11日までに会社規定に基づいた内容で決めて下さいと言われ、

会社が委託している業者から不動産を紹介され、

不動産が条件に合った内容をピックアップした物や、

自分達で探しそれを不動産に報告して委託業者の審査に通ると、

今度は会社の承認を得て決定と言う面倒な手順の為、決定したのが21日…。

もちろん、実際に住居の下見に行く余裕などありませんでした。

提供された情報や画像、動画などと地図で周辺環境の検索して、

家族の情況を考えつつ決めましたが、裏切られない物件である事を願うのみです。

決定してようやく固定電話の引越しの手続きをする事が出来る様になり、

当日中にネットから申し込みしたところ、

新しい電話番号が決まるまで1週間ほどかかるような事が記載されていましたが、

翌日には番号が決まり、何とか転居日に間に合いました。

 

その傍らで、片付け荷造り作業の毎日の中、

子供の通う学校に転校の連絡と手続きの準備をしてもらい、

飛行機のチケットを予約し、遠方なので荷物が即日中に届かない為、

宿泊するホテルを探し予約し、転院しないといけないので連絡し、

紹介状の受け取りとこちらでの最後の人工内耳の調整に行きました。

病院への通院調整は、1年以上も続いた酷いめまいの為に

ずっと行けずにいたのでとても久しぶりでした。

忙し過ぎて不眠不休に近い日々が続いています。

 

今回の転勤は1ヶ月内で全ての準備をしなければいけない事も

もちろん大変なのですが、子供もまた大変です。

生まれこそ2人とも北海道なのですが、

息子が1歳、娘が3ヶ月の時に転勤してきているので、

2人にとっては横浜がホームのような場所で、

育って来た場所や友人と離れる事に色々な思いがあるだろうし、

息子は中学3年生の受験生なので進学の事もあります。

後半年で卒業ですし、年度の区切りとしても良いので、

先に単身赴任をしてもらって、息子が卒業してからの合流も考えましたが、

そうなると受験時や受験校の下見、行き方など、

北海道まで受験に出向く事は中学生にとっては精神的な負担が大きいとも思え、

少しでも早くに行って受験校を検討しなおし調整した方が良いのかなと。

この時期に転校と言うだけで馴染むのも難しそうですが…。

娘の方は辞令前の内定時の間に友達とディズニーシーへ行ったり、

遊園地へ行ったりして思い出作りをしていました。

転校先の学校には(市内の中学校全体的にですが)手話部が無いので、

出来れば続けられる場所に出会えると良いなと思います。

転勤が決まって、行っておけば良かった場所とか

会えなくて残念だったと思う知り合いの事を思い、

もっと行動しておけば良かったと言う気持ちがありますが…。

 

来週には引越しです。

まだまだ片付けも終わらず、間に合うのか怪しいくらいですが、

運動だと思って作業をしたいと思います。