『構え八段』

日本プロ麻雀連盟 瀬戸熊直樹


テーマ:
結果からいうと、準決勝負け。

ほんと準決勝負けは、きついっす。

過去、準決勝負けは十段戦は4回、王位戦4回、發王戦1回、日本オープン2回、グランプリ1回、あと忘れましたが、どこで負けても悔しいんですが、結構堪えますね。ここで負けると。

明日決勝が行われます。

メンツは、森山P、黒田P、大川P、猿川Pです。

運営で会場にいるので、しっかり勉強してきますわ。
しかし、俺もまだまだですね~。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

古い話ですが、發王戦の観戦記が、最高位戦のホームページにあります。


http://saikouisen.com/saikouisentoppage.htm


読んでみてください。実は観戦記を書かれてる鈴木聡一郎さんという方なんですが、


大変よく観察されてるとおもいます。


おととしの發王戦の観戦記の死神(伊藤優孝さん)に関する記事などすごいです。


http://blog.livedoor.jp/saikoui/archives/cat_50013309.html


これは準決勝で、決勝の観戦記の方なんですが、(みつかんない)


ホント優孝さんと長年の付き合いの僕も目からうろこの観戦記です。みてみてね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一萬一萬二萬三萬三萬四萬六萬七萬八萬七筒八筒三索四索四索 ドラ四索が前回の問題


僕の答えは、打三索。当たり前すぎるね。


で次巡ツモ二萬。その2巡後、九筒 出あがり。


まあ、何がいいたいかというと、その前の問題ありますよね、


問題 南3局0本場9巡目ドラ六筒 持ち点25500


二萬三萬六萬七萬八萬六筒六筒七筒八筒四索四索五索六索 ツモ五索


でここは、打七筒としてますよね。ようは、どちらも競技ルール(一発裏なし)の手牌。


イーペーコーとドラ雀頭の共通点に着目してください。


競技ルールでは、ドラ雀頭にして、イーペーコーも狙うと破壊力生むケースがよくあります。


普段のフリーなら、


一萬一萬二萬三萬三萬四萬六萬七萬八萬七筒八筒三索四索四索は打三萬の方が優れてるし、


二萬三萬六萬七萬八萬六筒六筒七筒八筒四索四索五索六索 ツモ五索は打六筒の方が実践向けという話。



次回5月8日発売の近オリにも、競技ルールのツボを書いているので、是非読んでください。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりです。(べつに)エリカ風


さて、やはりこのテーマで話すると、揉めますねー。


各方面でむかついている人いると思います。


まあいいです。なぜなら、最初ブログ始めようと思った時に決めた事は


1.嘘を書かない。(ネタをつくらない)


2.麻雀に関しては絶対思ってもない事は書かない。


この2点を決めました。だから、お世辞やおべっかは書かない事にしてます。



昔、高校時代に野球部の監督が言ったことで、それは違うだろと思った事があります。


「うちは、進学高でそんなに強くない。でも知能は県内1だ。だから頭を使え」




・・・・。勉強の頭と野球の頭は違うっつうの。それに、技術がなくては、作戦すら


狭い範囲のことしかできないんですよね。


150キロのストレートと多彩な変化球をもつピッチャーなら配球次第で毎試合0点に


抑えられるけど、120キロのストレートとカーブしかないピッチャーでは野村克也が現役で


リードしてもいずれは打たれるっちゅうの。


麻雀も同じです。どんなに確率や計算に優れる人間でも、麻雀のスキルが優れてなくては


麻雀では机上の空論です。毎回毎局勝つ為に牌効率を追っても、それすら正しいかどうか


怪しいものです。




ひとつ、誤解をまねいてる所をただしたいのですが、毎巡、毎局べつにオカルトを


考えてるのではないという事。カンチャンとリャン面なら、だいたい普通にリャン面を残すし、


最終形はなるべく早く、高く、より好形をめざします。あたり前ですよね。


そう、あたり前なんですよ、流れ考えないのは。


でも、どんなに効率追っても限界がきますよね。そして説明つげがたい事象が続きますよね。


そこで、流れ論者たちは局と局の狭間にある空間に目を向けることになります。




近年麻雀界も高学歴者が増えてきてます。たしかに考えにソツがない。


でも麻雀打たせると全く学歴は無意味なのがすぐわかる。


確かに、僕は大学受験負け組です。


でもね、麻雀に掛けてきた時間と情熱だけは、プロとして恥じない自負があります。


連盟内でも稽古量だけは、誰にも負けないと思います。


そして20年麻雀に自分の人生の大半をかけてきました。


そして、昔のホントへたな自分も知ってます。今も未だ道の途中で、真実がわかってないのかも

しれません。


でも、麻雀に流れがあるのは、疑いようのない事実だと思ってます。


べつにそれを否定する人が大勢いてもいいと思います。その方がおもしろいですよ。


そして、否定論者の中にも強いひといますよ。協会のたろうさんとか。(もし連盟にいたら唯一の


デジタル鳳凰位になってたかも)


まあ今日はこのへんで。





いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。