こんにちは。世田谷区千歳船橋 せたがや漢方堂の横山ですニコニコ


最近、私の周りで出産ラッシュです!
可愛い赤ちゃんの写真、たくさん見せていただいていて、とてもハッピーな気分ですドキドキ

赤ちゃんと過ごせる日々は、大変ではありますが、一生のうちにそうそうないとても充実して幸せな時間でもあります。

しかし、産後うつ、育児ノイローゼという言葉もメディアで良く見かけますねショック!

ドラマ「○○妻」でも柴咲コウ演じる主人公は、過去に育児ノイローゼで赤ちゃんを置き去りにして死なせてしまったという壮絶な過去がありました(ドラマを見ていない方すみません)。


ということで、今日は産後うつにならないための産後の養生のお話です。

産後の方も、いつか赤ちゃんをと思っている方にも、奥さんが産後だというパパにも是非読んでいただきたいです。


出産時は自然分娩でも帝王切開でも大量に血液を消耗しますね。
産後も母乳は血液からできているので、おっぱいをあげると血液を大量に消費します。

胃腸が丈夫でどんどん食べれる人はどんどん血液を補充できますが、胃腸が弱い方は、血液の補充が間に合わず、おっぱいの出が悪かったり、めまいがしたり、目がかすんだりといった、血液不足(血虚:けっきょ)の症状が出てきます。

胃腸が弱く、血虚の症状が出ている方は、すぐに漢方を飲むことをお勧めします。


しかし、胃腸が弱くなくても、最近の産後の女性には血虚が多いと言われています。

それはなぜでしょう?
諸説ありますが、一番ありそうな原因として、スマホやパソコンの普及ではないかと思います。

スマホやパソコンなどの画面を見ると、目が疲れますね。
目で物を見る時、血液が大量に使われます。
テレビや雑誌などを見るときと、目の疲れ具合はかなり違いと思います。
つまり、かなり血液を消耗してしまっているということです。

産後で元々血液不足、そして母乳をあげていて、さらに血液が不足して、その上スマホやパソコンの画面を長時間見ることで、産後の女性の血液不足はかなり深刻なものになっていきます。

目を使うと、主に肝の血液が不足してくる(肝血虚:かんけっきょ)の状態になっていきます。

肝血虚の症状としては、不眠、多夢、目のかすみ、めまい、疲れ、母乳不足などといった身体的な症状の他に、イライラ、憂鬱感、落ち着かなくなる、集中力がなくなるといった、精神症状も出てきます。

つまり、肝血虚の方はみんなすでに、産後うつ予備軍ということになります。


体調がいい時はスルーできるストレスも、体調が悪いと深刻に受け止めてしまいがちです。
また、体調が悪いと母乳の出も悪くなり、どんどん悪循環になってしまいます。

「産後は目を使ってはいけない」というのは昔は常識のように言われていました。
産後に目を使うと体調が悪くなるというのを経験で知っていたのです。
昔はパソコンやスマホもないので、字を読んではいけないと言われていたそうです。

パソコンやスマホなどは、今の暮らしにはなくてはならないものになってきていますが、だからと言って人間の体が大きく進化して産後に目を使っても大丈夫になったわけではありません。

産後なんだか体調がすぐれない、気分が良くないという方、目を使いすぎていませんか?

どうしてもメールの連絡が必要な時は、一日何度もメールチェックするのをやめて、一日メールを開くのは一回にして、まとめてチェック、返信してみてはどうでしょう。
調べ物やショッピングはパパに頼みましょう。
育児ブログを立ち上げるのは、断乳後にしましょう。


赤ちゃんが寝ている間に家事をやっておく、という方も結構多いと思いますが、産後は赤ちゃんが寝ている間は一緒に寝ましょう。家事は極力手を抜いて。産後は体を休めるのもお母さんの大事な仕事です。

栄養をたっぷりつけて、しっかり寝て、目を使いすぎないように気を付ければ、産後の体調も良くなり、育児の辛さも軽減するはずですよ!

この記事を最後まで読んでくれた、産後のあなた、さあ!パソコンやスマホの電源を切って、ひと眠りしましょうぐぅぐぅ


関連記事:産後はみんな漢方薬を飲みましょう!

    出産トラウマ

女性のための漢方薬専門店  せたがや漢方堂


漢方相談は予約優先です。お電話にてご予約ください。


03-6413-7442

詳しくはホームページをご覧ください。URL:http://www.kanpodo.biz

営業時間:10時30分~17時


定休日:木・日・祝

小田急線千歳船橋駅から徒歩2分