不安神経症について

テーマ:

こんにちは。世田谷区千歳船橋「せたがや漢方堂」の横山ですニコニコ


千歳船橋にお店を出して、2か月になりますが、このところだいぶご近所の方にお店の存在を知ってもらえたようで、新しいお客さんにポツリポツリと来ていただけるようになりましたラブラブ


縁あってご来店いただいた方たちを大事にして、お店を少しづつ育てていきたいと思っています。


ところで、この2か月で一番多い相談内容、それがタイトルにも書きました、不安神経症です。

年代的には特に60歳前後の方、時期的には更年期障害は終わったはずなのに、まだ更年期障害のような症状で悩まされている方、更年期をきっかけに余計に悪くなってしまった方が、実に多いんだなと実感しています。


不安神経症には漢方薬はとてもいいですニコニコ


心療内科に行くと、抗不安薬を処方されますが、副作用や依存症の心配から、その薬を飲むこと自体が不安になり、勝手にやめてしまって、余計に具合が悪くなってしまったという話をよく聞きます。


漢方薬は西洋薬のように即効性はありませんが、副作用や依存症の心配なくゆっくり体質改善ができますし、漢方薬を飲むこと自体が大きな安心につながります。


すでに西洋薬を服用している方には、漢方との併用をお勧めしています。


ご相談いただいた方は、来た時はとても暗い顔をしていらっしゃいますがガーン、ゆっくりお話を聞いて、その不安感は精神がおかしいのではなく、体から来ているのですよと説明し、体に合った漢方薬をお出しすると、とても安心するようで、帰るころにはみなさんとても明るいお顔で帰って行かれますニコニコ。その姿を見ると、私もこの仕事をやってよかったなと実感できますラブラブ


また、更年期を機に発症する方が多いことを考えると、更年期の時期の過ごし方がいかに大事が、考えさせられます。私自身もそろそろ更年期。自分もしっかり体のケアをしながら、主婦業と仕事をうまく両立させないとと、肝に銘じてます。


不安神経症に効果のある漢方薬は、種類がたくさんありますし、これでいいのかなと、不安に感じながら飲んだのでは、ほとんど効果は期待できません。漢方を飲んでみたいという方は、漢方の専門家にご相談することをお勧めします。



ご相談は→せたがや漢方堂