ある意味うらやましい

テーマ:

酔って記憶を無くす。


怖い反面、その場で何が起きたか記憶が無いので余計に気にする必要が無い。

大半は「記憶を無くしたくは無い」だろうが。


これを得意技としているのが我がリーダー


トシ


である。


先日新たなメンバーが配属されたので歓迎会が開催された。

トシはヨーやチャなどと同じ席に座り、とりあえず「ワイン」を注文。


「最近凝ってるんだよー」なんて言いながらジャンジャングラスを空にしていく。

徐々に呂律も回らなくなってきて何を話しているのか良く分からない状態に。

そして一次会終了。

偉い人達がいなくなっての2次会開催。

大体2次会というのは話す内容もムチャクチャでまさに無礼講と言える。


そこにトシもいた。2次会でも只管ワインを飲んでいる。

そしてズーーッと訳の分からない話をしている。うるさいくらいに。


当然そんなトシを良く思わない人間もいるわけで、あまり場の雰囲気は良くなくなる。

勢いに任せて皆でトシを追い出そうとしてみるが、中々そうもいかず。

結局そんな状態が続いたまま、お開きとなった。


問題はその後である。トシは動けないくらいまで酔っ払い、面倒担当のチャがトシを抱いて駅まで送っていくことに。


「いつものこと」と割り切って先に帰宅してしまったメンバー全員にメールがチャから届く。


助けてください


トシが乗らなきゃいけない電車を拒んで乗らなかったらしい。

それに巻き込まれたチャだが、チャは歩いて帰れる距離に家がある。

だがトシがそんななので、どうしたらよいのかわからなくなったようだ。

皆からは「ほうっておけ」「ゴミ捨て場に置いとけ」など、アドバイスにもならないことばかりの返事が届く。


しかし結果的にチャはトシに「ついてくるな」と言われたらしく、その後の行くえはわからなかったとか。


次の日も仕事だったが、全員欠勤だろうと予想していた。


しかし、


通常通りの出勤。


ヨソウガイデスなんてヨーがつまらないことを言っていたが、皆驚いていた。

どうやら近くのスパで一泊して、始発電車で一度帰ってから出社したようだ。


だが昨晩のことを聞いてみると、どうやら


2次会に行った事を覚えていないらしい。


何処の店にいたのか、誰と一緒にいたのか全く記憶になく、当然その場の雰囲気も知らない。

飲みの席なので、他の人も気にはしていないが、全く反省しようがないトシはどうなんだろう?なんて思いつつも

うらやましい体質だななんて思ったりもする。



AD

何をするにもモノ作り

テーマ:

先日、教育検討会で書いたことの続編です。


教育を行うにあたり前提ですが、


我々は"ある企業"に常駐して仕事をしている身であること。
教育を行うにはその企業の許可を得なくてはならないということ。


ここに大きな壁があります。


その企業は教育には大変協力的で現在進行中の教育にも快く許可していただいた経緯があり
今回の教育についてもある程度、楽観的に考えていたものが上にはあったようです。


しかし、答えは"No"でした。


教育計画、教育目的、達成目標どこにおいているか?またそれを示した資料を提出して欲しいとのこと。


まあ当然のことだと思います。


いきなり「VBの教育やりたいんですけど、いいですか?」という具合に話を始めてしまったみたいで、
具体的なものがなかったんですよね。(ここで言う"もの"ってのは資料も含みます)


上は思いつきで始めたもんだからそういうものを一切準備していませんでした。
プロジェクトでも立案する際はちゃんとした要件書なりを作っているのに…

結局教育の話はまた暗礁に乗り上げてしまった状態。


まずはスタートに立たないと。

AD

風邪流行中

テーマ:

決して私が流行らせたわけではございませんが、
部署内で大流行しています。


今日はトシを筆頭に、ヨー、ギャ、スナ、ヤマ、イマがお休み。
うち体調不良なのは4名という異常事態。


他の部署では"おたふく"にかかって、出社禁止の人もいるとか。


仕事がさほど熱を上げていないので、休める時期ではありますが、
自宅療養という有休は個人的に"もったいない"ですね。

-------------------------------------------------------


全然関係無いですが、今日の"えんじにゃ"の日記は

いままで以上に訳がわかりません。。

AD

ゲーム検定

テーマ:

ベェよりあるサイトのアドレスが送られてきました。
ゲーム検定というのが先週からやっているらしく、
それをメンバーにもやってみろとの話です。


私も早速チャレンジした結果


+++ ゲーム検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は50点  全国平均 55点

全国順位(11月22日 13時現在)
17254位(24334人中)

--ジャンル別得点表------------
            0_________50__________100%
ハードウェア       ■■■■■■■■
ゲームシステム&テクニック■■■■■■■■■■
キャラクター       ■■■■■■■■■■■■■
ビジネス         ■■■■■■■■
雑学           ■■■■■■■■■■
--------------------------

--講評---------------------
あなたは「ゲーム大臣」
これだけの知識があれば、たいていのゲーム好きの人間とは
楽しく会話ができるはず。しかし、この先、もっと深く
広い知識を得ることで、世界はさらに広がるだろう。
貴方がもっとも詳しいゲームのジャンル:
   キャラクター
貴方がもっとも詳しいゲームの年代:
   80年代後半までのゲーム誕生期
--------------------------


平均を超えることができませんでした。。。
ファミコン世代、ゲーム誕生期にうまれたからといって、
PCエンジンとかメガドライブとか持ってませんでしたし、
各ゲームに出てくるキャラ名なんてわかりません。。。

試しにやってみたヨーとチャ。


ヨー:39点
チャ:56点


ヨーはファミコン世代ではないので「勘」だそうです。
チャは元々ゲーム好きでもあるので、平均越え。

ちょっと懐かしさを覚えながらも、ゲームの濃さに皆やられたようです。


ゲーム検定

新人?5

テーマ:

スナの歓迎会の翌日。


管理職に言われたのを忘れずにスナからメンバー全員宛てに自己紹介メールが着ました。


① 年齢   ヒミツ

② 趣味① キティちゃん集め(2~300個くらいあります)

③ 趣味② 楽器演奏(楽器はヒミツ)

④ 趣味③ ハーブ(トシさんより詳しいです)

⑤ 趣味④ アロマテラピー(資格有り)

⑥ 趣味⑤ 音楽鑑賞 (坂本教授)


なかなか個性的な内容。坂本龍一を教授と呼ぶあたりに好き度が読み取れます。

このメールには本当に上のようなことしか書かれていません。


仕事に関わるような内容はゼロだったので、彼女がどのような経験を持っているのか全くわからず。

その辺もアピールしておくべきではなかったのかと個人的には思いましたが、これからというとこでしょう。


仕事さえできれば何も問題ないのですから。

避難訓練

テーマ:

うちの職場があるビルでは定期的に避難訓練が行われます。
ビルには他の会社の社員もいるわけで、どの程度の人数がいるかはっきりわからないが、結構な人数。

その全員がビルの外に出て、消防の方のお話を聞くというもの。


全フロアに一斉放送が流れ、状況を連絡。指示の元外に出るわけですが、事前に連絡されてたということもあり、やはり避難する際の意識は低い。

のんびり会話を交しながら階段で降りて、外に出るという感じで、全く訓練にはなっていないことでしょう。


訓練は必要です。ニュースで出ている通り、そのような災害が多いわけで。


たまには抜き打ちでやるのもありなのかなと。


もちろん、やっていないところよりは全然良いと思いますが。

ビジネスマナー

テーマ:
今日のMTGにて、ビジネスマナーについての話がありました。
あるメンバーが研修を受け、それを我々にフィードバックしてくれるというものです。
主に、挨拶、電話応対、服装・態度、来客・訪問、メールマナー、冠婚葬祭と
資料自体の内容は濃いものでしたが、その場では時間も無いので、
掻い摘んで説明してくれました。
最近発売したニンテンドーDSの"大人の常識力トレーニング"では車内での配置やテーブル、エレベーター内などの位置を問われる問題等が出題され、某CMでも大人のマナーを盛り込んだようなものもあって、会社内のみならずでもマナーにはうるさいのかなと。
私も社会人になって中堅と言われる世代に突入し、
顧客と顔を合わせることもしばしばありますが、
営業とは違いやはりマナーへの意識は低いと思います。
マナーを意識しない大人が増え、さらに大人な人々が心配になったのでしょうかね。

そんななかリーダートシが一言。


トシ:「マナーって決めたモノ勝ちじゃない?メールマナーなんてごく最近でしょ。」


一同失笑。


任天堂 大人の常識力トレーニングDS

転職事情

テーマ:

新たに来る人もいれば去る人もいるということで、

また職場で退職するメンバーがいます。ウチは年2~4名というとこでしょうか。

他がどのくらいか知らないので多いか少ないかわかりませんけど。


「SEという職場だから転職とか多いんじゃないの?」


と思う人も多いかもしれませんし、私もハズレとは思ってません。

しかしウチの職場の場合、去る理由は大抵


「全く異なる職種になる」


という人が多いです。

特に今度退職する人はスポーツジムのインストラクターになるそうです。

今までにも、旅行会社とか保険屋とか介護系の職につく人とかいたので、

同職に着く人はどちらかというと少ないです。


個人的にはせっかく得たスキルを生かすことができなくなるのはもったいないと思ってしまいますが、それはやはり個人の考え方なので否定もしません。


実際私も職場からメンバーが減ること自体は業務に影響が出るというのは痛いですけど、転職自体は止めるような考えは持たず、むしろ私もいろいろ他を見ていきたいという派です。


こんな内容以前にも書いたかもしれませんね。。

今年の風邪

テーマ:

風邪が職場で蔓延中。


今年の風邪は喉にくるみたいで、皆声がかなり低いです。

ウチのメンバーではマサが風邪を引きやすく、毎度「体脂肪率が低すぎるからだよ」なんて突っ込まれてます。

多分関係無いんでしょうが。


とりあえず、職場に着いたら、手洗いうがいは必ずするように。


なんて、小学校の先生みたいなことをウチの管理職が言ってました。

悩みドコ

テーマ:

先日管理職との面談がありました。


会社が私への評価を決めるための面接です。面接前に資料へ目標などいろいろなことを記入し、それを基に1時間ほど話し合いを行います。
その管理職の査定結果がさらに上の管理職へ届き、その結果が私の評価になります。


私⇒管理職A⇒管理職B

という感じの流れ。


管理職Aから管理職Bへの流れは私には全くわかりません。
どう良く考えたとしてもその間で交わされている内容が結果に繋がっていないというのが、私の正直な気持ちです。


一応評価ランクというのが存在します。

一応というのはランクというからには「上がる」「下がる」というのがあると思うでしょうが、
現実私のところというのは「下がる」というのが無いそうです。
一度上がった人はそのまま。

さらにランクは定員があり、その定員一杯になるとそれ以上はそのランクには入れないとか。
その仕組みを聞きガックリしました。


上のランクの人が辞めるまで上がれないシステム


さらに「年功序列」がまだ根付いているということも聞き、
上のランクには年輪を重ねている人。下のランクには入社年数が一桁の人。
という図になるようです。


上に上がれる可能性はかなり低いと宣言されたも同然なわけですが、このシステム自体もここ何年かで作られ、今回この話を改めてちゃんと聞くことができて逆に良かったとも思えます。


業務に不満は無いが、評価されてても上に上がれない会社。


自分のこの先を考える上で重要なことになるでしょう。