新歓

テーマ:

新人が配属され、日々教育に明け暮れる中、
また地獄に突き落とされたりしておりますが、
時期が時期の為、新人の配属を祝ってやらねばなりません。


そう。新人歓迎会です。


いまいる150人くらいいる部署で行われる歓迎会。
常駐しているので、自社で行われる歓迎会。
担当部署20人ちょいくらいで行われる歓迎会。
ほんでもって、担当部署でさらに自社のみのメンバーで行う歓迎会。


こう挙げてみると配属時には何度歓迎されているのかと...

細かくいろいろ部だったりグループが分かれているからなんですけどね。他の会社がどうかは知りませんが、ウチはこれだけ催されます。


今日はそんな歓迎会を裏で検討しているメンバーの風景を。


ベェ:「歓迎会いつにします?」
トシ:「ああ。そうだねぇそろそろ決めないと、他の歓迎会いつあるって言ってたっけ?」
チャ:「x月xx日とx月xx日とx月xx日です。」
トシ:「そんなにあるのか。じゃ今年はいいか(笑」
ヨー:「いやいや。ちゃんと歓迎してあげましょうよ」
マサ:「イマの時ってどこでやったっけ?」
イマ:「え??」
ベエ:「もう覚えてないよね(笑。昔のことだしね」
トシ:「昨日のことも覚えてないけどね」
全員:「(失笑)」
イマ:「覚えてますよ」
ベェ:「じゃあれだ。仕事のことだけ忘れるんだね(笑」
イマ:「えぇ!?」
ヨー:「ちゃんと反論しとかないと(笑」
チャ:「というか決めちゃわないと。」
トシ:「そうだそうだ。毎度のことながら話がそれるからね。いつにしよう」
マサ:「x月xx日とかって金曜だから、x月xx日とか?」
ベェ:「そこ俺休みだ」
トシ:「じゃあこの日は?ちなみに連休の谷間は俺いないからね。」
ベェ:「そこも休み…」
ヨー:「ベェさん休みマクリですね。」
ベェ:「ここで夏休みちゃんと取らないと他でとれないしね。。」
トシ:「よしじゃあこの日にしよう!」
イマ:「・・・」
ベェ:「どした?ダメならダメって言わないと」
トシ:「え?ここもダメ??」
イマ:「(頷く)」
マサ:「別にダメなら言っていいから」
チャ:「そうなると月曜くらいしかないですねぇ」
トシ:「そうだね。この日にしよう。ダメな人いない??」
ベェ:「さすがに月曜はね…身体的にキツいかもしれないすけど。」
マサ:「つうか次の日も歓迎されるジャン。」
トシ:「次の日の方が出れないな俺。もう歓迎されたからいいでしょ?」
ヨー:「連荘はムリですね(笑」
ベェ:「じゃ幹事のイマだけうちのグループからは参加ってことで(笑」
イマ:「え゛ぇ゛~」
マサ:「飲む量によるかな。。」
トシ:「じゃあまり飲まないような店にしよう」
ベェ:「飲み屋いったらどこも同じでしょ(笑」
トシ:「最近世界中の酒を飲んでみようと誓ったんだよね」
チャ:「じゃ飲み屋は変わったとこになりそうですね。」
トシ:「俺が探すよ」


その後・・・


韓国料理の居酒屋になりました。


ただ「マッコルリー」が飲みたいそうな…


新人を歓迎するって目的はどこへ…