拙者、不覚にも。のブログ

拙者、不覚にも。のブログ

東京局地的エステ探幽記

Amebaでブログを始めよう!

ポッチャリビッグバスト(PBB)な受付嬢から案内された半個室は施術台が中央に頓挫しておりがっかり意気消チン、からのスタート。

遅れて入ってきた担当嬢はスレンダー巨π。年齢は30代半ばと推察されますが、そのナイスバディにヤル気アップ↑

セルフ脱衣後、キャンタマちゃんにもきちんとご挨拶してくれて、期待度もアップ↑↑

洗体ではしっかり顔に水はねしないように手を添えて、好感度もアップ↑↑↑
仰向けでは泡をふんだんに使ってソフトに洗い上げてくれます。拙者久方ぶりに洗体室でFBK↑

マッサージは決して下手なわけではないんだけど、たまに筋をそれとなくどことなく外すことがあって痛い!(我慢はできる)
会話がちょい下ネタに入ると火がついたのか、うつ伏せオイルを早々に切り上げて嬢からの積極的なオイタが開始。

 

まずは二度目、いや三度目か?のご挨拶。こんにちは。

そして洗体室でやられた、あのソフトな洗いアゲをオイルでも再現。
それ以外にも、どっかしら何かが当たったり、さわったり、ネトっとされたり、何をされているのかわからない興奮と快感が体中をかけめぐります。

もう辛抱たまらんのでこちらから仰向けを懇願すると施術台の上で添い寝してくれます。顔を胸のあたりに添い寝する、ペロリン確定スタイル。

そこからは施術台上という制約も興奮材料になりうることを知らしめる、ペロリンと男殺し油地獄。

こちらからのオイタはやんわり断り、しかし徐々に受け入れる。寛容なのかそうじゃないのか、と聞かれたらたぶん寛容だ。

そして満足だったかそうじゃなかったか、と聞かれたら大満足だと答えよう。

すべてが終わったシャワーの後に、また来てね、と疲れ果て下を向いてる息子たちにご挨拶。
何度目の挨拶か、数えてはいないだろう。日は沈みまた上る。

設備はボロく、洗体室はカーテンで区切ったなんとも微妙なものだが、PBB受付や担当嬢の接客、そこかしこに見つけることができる掃除道具、チャイエスのホスピタリティ、侮りがたし、と感じましたとさ。

姉妹店に女手、喜手とこの両店の評判はよく聞くが、あまり話題にならない天屏に行ってまいりました。

初めてだったので案内してもらいながら行くと、目印がわりと目立つので場所はわかりやすいのかな。でもエステのエの字も感じられない周辺環境ですね。

指定された部屋へ赴くと、20代後半?な色白嬢がガチャリンコと出てきます。てっきり道案内してくれた男性が出てくるかと思ったんでチョイと拍子抜けとゆうかなんちゅうか本中華。
スケスケなやつ着てさらにぽっちゃりしてるんでなんか寛容度抜群な気配です。この嬢なら初回でも…グフフ。
さりげなくメニュー表を裏返しますが何もありませんでしたので、リンパ多目のちょい割高のコースをチョイス。日本語がかなり堪能ですがどうやら新人さんのようです。

マッサージはいたって普通。最初はお?うまいかな?とも思いましたがしばらくするとかなり単調な動きです。そして疲れてくるとやや適当に。さすがぽっちゃり。体力が続かないのかな?(失礼)

まあマッサージに期待してませんので(キッパリ)

うつ伏せマッサが終わると続いてはうつ伏せサワサワです。
これも初回はこそばゆくてかなりよかったのですが、だんだん嬢の手が湿ってきてうまくすべらなくなるとなんだかイマイチ。それとももんどりうってるおっさんを見て興奮してきちゃったのかな??さすがぽっちゃり。エロい。

そして待望の仰向けポジションは右側腰付近に陣取る正座スタイル。

おいおい、バカやっちゃあいけないよ、ぽっちゃりは「あっつーい」って言いながら足崩してパンツ見せながら施術するって相場が決まってんだよ。
もうチョイこっちに来てよと、わずかにずいっと跳ねて近寄るフリ。今はもう見る影もなくなってきたのVシネスマイルをかますも「何がおかしいの?」なにやら暗雲が立ち込めます。
手は届くんだけど服上が精一杯、こちらの密着要求もかるーくいなされます。少しでも寛容度を上げようとなんとか頑張るも、めんどくさい客認定されたのかスピードアップされて時間をあまらせての終了と相成りました。
ぽっちゃりで背が低いんだからもっとエロ全開で来てもらってもよかったんだけど(ご立腹)

この店のポテンシャルってこんなものなの?と不完全燃焼感半端ないので姉妹店に突入してみようかな。

 

駅から電話するとまさかの一時間待ち。まったく平日の昼間から、どスケベかっ!
と自分の事を棚に上げつつも、さすがゴッサムシティ南浦和、と期待も高まります。

電話番と受付をした幸薄い感のある嬢がそのまま担当。美形にみえるけど、つけま盛り盛り。盛ってます。

メニュー表を見せられて高めの価格設定のコースをチョイス。

脱衣もアシストつきで好印象。

まず泡洗体ですが部屋洗体です。店選びを間違えたかと不安になるような普通の泡洗体です。

オーケーツーやチョメチョメへのダイレクトアタックはあまり感じられませんでした。

そしてこの後のサービスがさらに不安になるほど上手なマッサージ、好みの強もみです。

なんだよ南浦和、ゴッサムシティじゃないのかよ


仰向けの時間。
左腰付近にポジショニング。オイタするには微妙な距離です。高らかに添い寝を希望するとおずおずと従う嬢。
しかし体つきがややこわばっている感じがしたのでガード固目を想像するもこちらからのわずかなちょっかいでなんと青息吐息のオープンザセサミ。感度抜群。

泡洗体・マッサージ中は想像できなかったほどの豹変、まさにトゥーフェイス、ゴッサム南浦和の底力である。


(つんっ)
「あっ」
(つんっつんっ)
「あっあっ」

 

こういう嬢は大事にしていきたいなぁ、だって楽しいもん。
気持ちよかったマッサージもなしでいいからずっと攻めていたかったなー

帰りの一人シャワーの際に目撃した隣室の嬢はかなりの上玉と見受けられ、裏返すかそれとも隣室のあの子を指名しようかと悩みながら店を後にしました。