実現リモコンZ

テーマ:

 

 

 

 

 

宇宙図書館には

自分の未来が描かれた本が置いてある。




 

 

 

その本は1冊どころの話じゃない

『無限』に存在する。

 

 


 

望まない未来も

望む未来も

 



 

頭の中でワードが浮かんでしまう

想像できるものならば

そのどれもがもう既にある未来。

 

 




 

無限にあるその本の中から

どれをピックアップして

どんな物語を読みたいのか

私たちは”いま”ここで決定することができる

 

 

 

 

未来は選べる。

 

 

 

 

 

でももどかしいことに

その読みたい内容の本をタイトル見て

せっかくピックアップしたのに

書いてある肝心の物語が読めない。

 

 


 

文字が書いてあるはずのページは真っ白だ。

 

 

 

なぜかって?

 

 

 

わたしたちには『自我』があるからね。

 

 

どーせ無理

そんなこと起きない

ありえるはずがない




 

自分のことだとこうなっちゃうよね。



 

 

この自我が本の文字を読めなくさせている

 

 

 

 

でも他人のことだと違ったりしない?



例えば私がなにかをやりたい、ってなったとき

 

 

自分は到底無理だと思ってるのに

 

 


周りの他人や読者さんは

 

 

『え?Happyちゃんなら絶対できるのになんでそんな自信ないの?』

 

 

 

なんてやりとりがザラにある。

 

 

 

 

『あなたならできるっしょ』

”それ”、、、自分に向けて思たらいいよね。

 

 





でも私自身だってそうで

やっぱりこの自我はなかなか手ごわいもの

 

 

 

だったら他人に、その本に書かれてること

読んでもらったらいい

 

 

 

 

 

一人の人が宇宙図書館から

読みたい本のタイトルを1冊取り出す

 

 

 

そこになにが書かれてるか

ワード、文字、浮かぶものすべてを

みんなでバシバシ投げかける

 

 

 

 

読んでもらう方は『え!』って自分じゃ絶対思い浮かばない内容がどんどん投げかけられて枠が壊れ始める

 

 

 

読む方も、”ふと”浮かんだものを思考でかき消さずにポンポン口にする直感を磨くトレーニングにもなるし


 

人の未来を覗きにいくことは

多次元に意識をスライドさせるから

狭くなってた意識はぐっと広がりをみせるし

 

 

これってチャネリングでもあるから

 

 

繰り返せば第6感を研ぎ澄ませる練習にもなる

 

 

 

 

 

どっちも一石二鳥の

集団で行う夢観測

 

 


 

 

最後のインスタライブになってしまった

バルセロナでの実現リモコンZの講義。



 


 

 

youtubeに上がってるからみてみてねラブ



 

 

 







 

現在、全国で開催されてるHAPPYのDVD上映会





 

この集まりで実現リモコンZも組み合わせて

会をやってもらうと面白いかもよー爆笑爆笑爆笑

 




全国上映一覧はこちらより

 

 






 

話の内容、文字の書き起こしもしてくださってる方いたので動画苦手な方はこちらをお読みください。

 






 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

 


 

 

ピカソ美術館を後にして

ブログのコメントいいねを消すことを決めた。



 

 

 

ふと、インスタコメントやいいねとかも消したいなって

 

 

それを愛ちゃんに相談してみた

 

 

『タケちゃんのこと周りのみんなが写真上げるからもういらないんじゃない?このタイミングでインスタも消したらめっちゃかっこいいよね』

 

 

 

インスタのアカウント削除

 

 

これは私の自我では全くもって考えもつかない内容だった。

 

 

でも相談内容を聞き間違いした愛ちゃんの口から出た何気ない意見に

 

 

なぜだかとても『ワクワク』してしまったのだ。

 

 

 



 

全くの想定外のことだったけど

自分のワクワクの羅針盤に従ってみようと思った。

 

 

 

 

 

今まで積み上げてきたもの

3万人のフォロワーさん

 

 

 

 

自分で創り上げてきたものを

自らの手で壊すときはいつだって怖い。

 

 



 


 

思いきって”えい”ってして

空港で大声で叫んだよね。




 

 

 









 

 

いつもこんな風にして

私も未だに扉を開き続けてるよ。

 

 



 




Happy