箱モノを造っただけでビジネスが完結するのか? | トランクルーム投資・コンテナ投資のストレージビジネスは最強の不動産投資
新型コロナウイルスに関する情報について

箱モノを造っただけでビジネスが完結するのか?

 

こんにちは。

賃貸経営コンサルタント

一級建築士・宅地建物取引士の竹末です。

 

世の中のほとんどの人が犯す間違い。

 

それは・・・

 

「箱モノを造っただけでビジネスが完結する」

 

という妄想です。

 

これって、世の中のほとんどの人が

勘違いしていることなんですね。

 

いくら良い商品、性能の良い商品を造っても

売れなければビジネスは成り立ちません。

 

「よし、この商品は売れるぞ!」

「こんなに良いものなので

きっと買ってくれる人がいるはず。」

 

特に、零細中小企業の社長さんによくあることです。

 

しかし、いくら意気込んでも、売れないものは売れない。

売れると思って在庫が余るぐらい商品を増やし

手ぐすね引いて待っていても、結局は

売れなくて商品の在庫の山。山。

 

いくら良い商品でも世の中に認めてもらえなければ

その商品は売れない。

商売は「勘」でやるものではないんです。

 

トランクルーム投資でも同じことがいえるんですね。

 

収納スペースをたくさん造って並べていても

利用者が借りに来なければ空室が残って

いつまでたっても満室にならない。

 

そうこうしているうちに、今まで借りて

くれていた人が退去する。

だから、空室がいつまでも減らない。

 

それを何年も続け、

「この商売は失敗だった!

損失が大きくなる前に損切りしよう!」

 

ということで、この店舗から引き揚げ

トランクルーム投資から撤退する。

小生は、このような失敗事例を

嫌というほどたくさん見てきました。

 

このように、

トランクルームの部屋が埋まらないで

撤退した事例は枚挙に暇がない。

 

今日も卒業生の個別相談中に

首都圏のある街で、そんな

トランクルームを一つ見ました。

 

トランクルーム投資を甘く見ると

こうなるという典型的な事例でしたね。

 

何度も言いますが、

箱モノを造っただけでトランクルーム投資は

完結しないんです。

 

トランクルーム投資をそんな

甘く見てしまう人に見てもらいたいのが

下のレポートです。

 

これを読めば、失敗する理由が

腑に落ちると思います。

 

 

当ブログで一番人気の記事はこちら

       ↓↓↓

無理して良かった?JA共済の終身年期

 

 

 

 

 

 

 

                          

新型コロナの影響は全くなかった!

『トランクルーム投資で失敗する11の理由』

この無料の電子書籍や【動画】を見てみたい方は

コチラ→  http://rentaru-syuunou.com/lss/t-blog1107/

 

 

月々3,200円~広島市中区本川町の屋内トランクルーム レンタル倉庫 コンテナは安心安全マイボックス24本川へ

トランクルーム投資・レンタル倉庫経営