平均寿命より健康寿命のほうが大事 | トランクルーム投資・コンテナ投資は最強の不動産投資

平均寿命より健康寿命のほうが大事

 

おはようございます。

賃貸経営コンサルタント

一級建築士の竹末です。

 

さて、

1昨日の新聞のニュースですが、

日本人の平均寿命がまた延びたようですね。

男性81.25歳 女性87.32歳だそうで

 

でも、その人の環境にも依るんでしょうが

小生の母親は95歳、近所のおじさんも97歳

その隣のおばさんも99歳。

叔母も95歳で、長寿のオンパレード。

 

小生の周辺には

まだまだこのぐらいの超高齢者が

一部頑張っているので、「ふーん」

その程度かと思えるぐらいの寿命なんですね。

 

 

しかし、最近言われている寿命で

「健康寿命」という言葉があります。

 

「健康寿命」とは? 

健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活が

制限されることなく生活できる期間のこと。2000年に世

界保健機関(WHO)が提唱したのをきっかけに注目され

るようになった。

単純に寿命そのものの長さを表しているのが平均寿命

であるのに対し、健康寿命は、医療や介護を日常的に

必要とせずに自立した生活ができる期間を指す。

例えば寿命が90歳でも、80歳から90歳までの10年間は

寝たきりで要介護だった場合、健康寿命は80歳という

ことになる。

≪2019 ヘルスケア女性マーケティングのウーマンズラボ≫より

 

 

この健康寿命の方が大切だという考え方もあります。

要は、亡くなるまでに健康寿命があと何年あるか

ということが大切なことであって

人間は医療や介護が必要になれば

人生ライフを楽しむことができません。

 

寝たきりになったり、痴呆になって生きていても

健全で健康的な人生とは言えないと

いうことが言えるのではないかと思います。

 

健康寿命を大切にしたいですね。

これは高齢者全員の悲願です。(笑

 

そのためにも経済的裏付けがないと

健康寿命をキープできません。

下記のような年金を補う仕組みを

作っておいたほうが良いですね。

 

 

 

■今からでも間に合う!

老後の資産形成2000万

 

全国で、すでに109店舗がオープン!

高利回り69.8%の不動産へ投資して
あなたの老後の年金を増やす方法。

もっと、詳しく知りたい方はコチラから。

無料です。
  ↓↓
無料メール講座『利回り69.8%の不動産投資レンタル収納ビジネス成功への13のステップ』