タナミトラック | 大阪の塗装会社3代目社長松本悦典 これでいいのだ。

大阪の塗装会社3代目社長松本悦典 これでいいのだ。

好きなものスポーツ、海外、旅行、マインドフルネス(禅)、7つの習慣、資産運用
とりあえず、やってみよう


テーマ:

8月30日

朝何時に出発なのかすでにわからない。日が出たら動き出すサイクルになっていくのか。

昨日出会った二人はまだ寝ていたので、軽く挨拶して出発。

早速タナミに入る。まずは世界で2番目に大きいと言われている隕石の衝突あとへ。

それなりに大きいが、ふーんという感じ。

それからはひたすらに走る。その時にバイクのメーターが30000kmを表示。中古だったので自分が走った距離としては23000kmくらいだ、

まあ、このセローにとっては30000km。

 

カニングストックルートという、オーストラリアのダート路のなかで一番過酷だと言われている道に入る標識を探していたが、見つけられなかった。仕方がないので走り続けていると、再びボーだに着いてノーザンテリトリーに入った。

 

タナミは割とロードトレインが走っていて、追い越されるときはこんな感じ。

 

次のロードハウスであるラビットフラットをひたすら目指す。だいぶ日が暮れかけてきた時に発見した。そこで給油を行い、また走り出し10kmくらい走ったところでブッシュキャンプした。

 

8月31日

今日で8月も終わり、時間の感覚はなくなっても日付はまだわかる。

ここまでは予定通りに走れている。

時間はすでにわからないけど、早く出れたように思う。コルゲーションがきつい為、普段の速度よりは飛ばしていく、でないと道の凸凹のために衝撃が大きくなってしまう。そのため燃費が極端に落ちて25km/Lくらい。ユエンデュームで給油。次のロードハウスも100kmくらいなのですぐに出発。スチュアートハイウェイに出たので、タナミトラック終了。初心者向けのダートだとは聞いていたけど、それなりにはきつかった。

ここからアリススプリングまで一気に走り、今日は600km以上走った。タナミトラックは2日で抜けた。本日はキャラバンパークに泊まった。

 

 

松本 悦典さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス