副所長の小部屋

副所長の小部屋

~副所長のぐだぐだ日記~


繁忙期はじめました。

(お決まりの冷やし中華風に)

 

ども、副所長です。

6月、そして7月は

どちらの社会保険労務士(略して社労士)さんにとっても

大変大変、それはもう大っ変!

お忙しい時期かと思われます。

いわゆる繁忙期。

 

ちなみに副所長のお勤め先であります、

葛城総研はその社労士事務所です。

はい、忙しいアピールです。

まぁ、ブログサボってた言い訳・・・的な・・・(;'∀')

 

さて、

 

6月がなぜ忙しいのか?

それは、

年に一度の労働保険料の申告シーズンだからです。

 

えっ?

労働保険って?

 

説明しよう(-ω-)/

 

労働保険とは

労災保険(労働者災害補償保険)と

雇用保険を総称したものである。

 

              イメージ図

 

労災保険とは

労働者が仕事(業務)や

通勤が原因で負傷した場合、

また、病気になった場合、

不幸にもお亡くなりなった場合に、

被災労働者やご遺族を保護するための

給付等を行っています。

 

雇用保険とは

労働者が失業した場合や、

働き続けるのが困難となった場合、

また自ら教育訓練を受けた場合に、

生活・雇用の安定と

就職の促進を図るための

給付等を行っています。

(よく皆さんが、失業保険、とよんでいるものなどです)

 

保険料の負担は、

労災保険分は、

全額事業主(会社)負担、

雇用保険分は、

事業主と労働者の双方負担(事業主割合多)

 

という、

働く人にとって、有り難い制度。

 

なのであーる(-ω-)/

 

と、まぁ、ざっくりとした説明でした。

詳しくは厚生労働省HPをご覧ください。

 

で、この労働保険料を

年に一度この時期に、

きっちり計算して清算して、

申告・納付することになっています。

 

で、こういう手続きのお仕事を

専門業務の一つとしているのが、

社会保険労務士であり、

葛城総研でございます。

 

というわけで、

労働保険料の方は、ほぼ落ちつきました、

┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

そして、次に待ってるのが、

算定基礎届、

そして

処遇改善加算と続きます・・・。

はぁーーーーーーーーーーーーー(;´Д`)

 

社労士事務所の皆さま!

ともに頑張りしょう(・ω・)ノ