ついにキレた。 | 日々の日記

日々の日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:
あの日から、3日経ってるのに未だに引きずってるこの気持ち。
なんだろ?
あのとき、もっとガツンと言って怒っておけばよかったっていう思いが、頭を過り未だに引きずってる。

退職する職員が、『あの話、どうなりましたか?』って聞いてきた。
あの話?

そういえば、利用者様から好意を持たれて『ヤバイ このまま支援していたら、なにかされるんではないか?』っという勝手な妄想で、その利用者から遠ざけるかのように、支援を私達に放り投げた話のこと?

放り投げた割りには、聞いてくるのねあんたは…

ヤバイって思ってから、私とサービス責任者に委ねて、『退職すること、結婚することは内緒で‼ 口合わせに他の部所へ変わったって言っといて‼   あとは任せた』って…

何が?

直接聞いたわけでもないし、利用者様から『好意がある』っと言う言葉なんて1つも出てこないのに、あとは任せたって…何が?
だよ。

なんだか『好意持たれて困っている』っていうことを小耳に挟んだ記憶はあるが、
だからなんなの?
持たれて困ること…なの?これって‼

可愛がられて、気に入られて、好かれて…
嫌なことなの?
ダメなことなの?

その理由で、利用者様から遠ざけるように支援に入らず、私達が支援に入った。
薄々、私は感づいていた。

私たちより、あのこの方がいいんではないか?っと…


でも、それはそれで
私たちはきちんと支援しないといけない仕事をするだけのこと。
男と女の関係とかなんとか、私は知らん。
これは、仕事なんだよ。

あの子以上に、支援しないといけないって頑張るっていう気持ちで仕事してるんだよ。
これは、当たり前のこと。
代わりっていう意味は、そういうこと。

それから、数日後、
その利用者様から『〇〇に会いたい』だの『〇〇はどうしてる』だの『〇〇と個人的に食事に行きたい』だの
電話してくるはめとなる。

そりゃそうだよ。
初めからお世話している利用者様だから…
急に支援に来なくなったから、気になるわな。
情がわいて、気がかりで、何してるのかな?どこにいるのかな?って会いたくなるのは当たり前。情がわいてるから。

孫みたいに可愛がっていたもんね。
変な妄想で、
『私のこと好きみたい』って…

はぁ⁉
バカじゃないの?
利用者様からセクハラでもされたか?(笑)


なんで、一言
『これから支援変わりますね』の言葉ないの?
あんだけ可愛がられてるのに、なぜ逃げる?
なぜ、放り投げる?

信じられん。

ついつい怒りが爆発した。

久しぶりに来て、いきなり
女『〇〇さん、どうしてますか?』
責任者「〇〇さんね、不幸があって今、キャンセルしてるの」
女『へぇ、そうなんですか?』
責任者「でねぇ~ ちょっと悲しい感じで落ち込んでたよ」
女『で、あの事はどうなりましたか?』
責任者「あの事?」
しばらく、沈黙。

責任者「あっ、あれ‼ あの話ねっ(笑)」
女『そうそう』
責任者「〇〇さん、何も気にしてなかったよ。あなたが辞めたこと。退職することも、結婚することも話しちゃったよ‼」
女 『そうなんだ‼』

って…私がキレた。

私「〇〇さん、なんで自分で言わないの?
退職すること、結婚すること、なんで自分から言わないの?人任せにして」
女『ケアマネと決めたことなんで…』
私「じゃ、決めたことだったら、その事を聞かなくてもいいじゃない?責任者に任せたって言ったんなら、それで終わりにすればいいことじゃないの?」
女『それとこれとは違う』
私「あんなにも、会いたいとかどうしてるとか気にしてくれてるのになんで、一言お礼の言葉、お別れの言葉が1つも出でこないの? 初めからの担当してるんなら、お世話になりました。の一言があってもいいんじゃない?」
女 かなり震えた声で『どうも、ご迷惑おかけしてすみませんでした💦』って…
私は、かなりキレた。
周りを気にせず、今まで我慢していたこと、利用者の気持ちを引っくるめて怒った。


私「それをなんで、最初に言わないの?
迷惑かけてんなら、責任者に〇〇さん、どうしてますか?の前に、〇〇さんのことでご迷惑をおかけしてすみませんでした。いろいろとありがとうございました。ところで〇〇さん、お変わりありませんか?ってなんで、聞かないの?
自分しか考えてないじゃないの?
あんなにも可愛がってくれていたのに、〇〇さんが可哀想だよ。
不幸があって、キャンセルしてるって今、責任者がいってるんだから、落ち込まないでいてほしいですよね。ってなんで優しい言葉が、あなたにはないの?
あなたは、時間が止まっているかもしれないけど、私たちは前に進んでいるの、ミスしないように、仕事を覚えるように必死で前に進んで仕事してるの。
もう、私たちの中では終わってることなの。
利用者様もあなたのことより体の弱いところを必死で前に進んでいるの。学生みたいに
〇〇さん、なんか言ってました?気にしてました?って、そんなこと聞いてどうするの?
気になっているなら、なんで、言わなかったの? 仕事以外の自分の問題は、自分で解決して後始末してから辞めてってよ。利用者様が可哀想じゃん。あなたは、辞めていくけど、残された私たちのこと、考えてくれたことあるの?

って…言いたかった(笑)
ガツンと言いたかった。

後悔してる。
めっちゃ後悔しちゃっている。


言えなかった自分がイヤになり、未だに引きずってる今日この頃。

彼女は、ご迷惑おかけしましたのあとに、走ってトイレに駆け込んだけど、ありゃたぶん泣いていたんだろって感じた。

私は今までのあの子に対しての、苛立ちを最後の最後に言ってしまった。

年下のクセに、生意気なことをいい放つあの子。
利用者様からの好意があるって勘違いしているバカな奴。
『あとは任せた』って放り投げときながら、気になってしょうがない自分勝手なアホな奴。

なんなの?
腹立つわ~

ほんま腹立つわ~‼










tomoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス