限界の「キュプリアンブルー」

テーマ:

image

 

ついにカットされて弊社に来ました。

元は

 

image

 

これwww

 

image

 

こうなって

 

imageimage

 

特に蛍光性が有るとかでは無いんだけど、この石「太陽光」で見たらその「青さ」に驚きます。

石に青空と雲と電柱(笑)が写りこんでおります。

さすが限界の銅含有率20%。

...

一般的な銅採掘用の銅鉱石の銅含有量が0.6~0.8%くらいだそうですから、この石「ほぼ銅」ですwww

銅含有率がなぜ「限界」かと言いますと、20%以上含有すると宝石として成り立たない(結晶化しない)そうです。

パライバトルマリンに代表される銅含有の青、、、つまり「キュプリアンブルー」カラーの宝石としては

「限界の青さ」

と言えるでしょう。

パライバのトッピンでも銅含有率2~3%ですからね。。。

 

 

石目12.006ct、サイズ18.63x14.07x8.06mm

 

一般的な流通名は「ジェムシリカ」なんだろうけど、この石は今までの常識が当てはまらないほどの大粒も切れる。(原石の大きさから分かりますね)。

 

原石つか原木?と言うか。。。中心部分はとても透明度が高い。

 

産地、産状、来歴がとてもはっきりしている(ブルーペトリファイド・ウッド起源)。

 

上記の理由から単に「ジェムシリカ」つまり大まかに「クリソコラ」と呼ぶのは「鉱物名」に任せておいて、やはりセラフ的には

 

「Blue Palmrite」(ブルーパームライト)

 

でコマーシャルしたい。

 

【史上最高のキュプリアンブルー。ブルーパームライト】

 

これで行きます!

 

 

太陽光で。

 

 

複屈折です。

 

AD