■世界の検索エンジン市場のシェアとトレンドを知るツール。日本とは勢力図は違うが知ってて損は無い | 格安SEO対策会社Tonken‐トンケン経営研究所 SEO事業部(高品質)

格安SEO対策会社Tonken‐トンケン経営研究所 SEO事業部(高品質)

トンケン経営研究所の社長トンちゃんの2代目メインSEOブログ


テーマ:
世界の検索エンジン市場のシェアとトレンドを知るツールを紹介しておきたい。
日本の検索エンジン市場のシェアとは勢力図が異なるが、知っておいて損は無いと思う。

NET APPLICATIONの検索エンジン市場シェア(Search Engine Market Share)が見やすいと思う。

トンちゃんSEOコンサルティング|検索エンジン対策(SEO)<SEM<経営-検索エンジン市場シェアの画像

直近の調査時点での検索エンジン市場シェアがこれで分かる。
今であれば、2009年9月のデータが分かる。

Net Application 検索エンジン市場シェア(Search Engine Market Share)|
http://marketshare.hitslink.com/search-engine-market-share.aspx?qprid=4


Googleが83%の市場シェアを誇り断トツの1位だ。
Yahooが6%。
Baidu(百度)が4%。
Bingが3%で続く。

上記ツールはある一時点での検索エンジン市場シェアを表しているわけだが、「過去から今」・「今から未来」に向けて検索エンジン市場シェアがどう変化して行くか知りたいところだ。

NET APPLICATIONの検索エンジン市場占有率トレンド(Search Engine Market Share Trend)が見やすいと思う。

トンちゃんSEOコンサルティング|検索エンジン対策(SEO)<SEM<経営-検索エンジン市場占有率トレンドの画像

NET APLLICATIONの検索エンジン市場占有率トレンド(Search Engine Market Share Trend)|
http://marketshare.hitslink.com/search-engine-market-share.aspx?qprid=5


一ヶ月毎の検索エンジン市場シェアが数字とグラフで一覧出来る。
Googleが長期に渡り他者検索エンジンを圧倒している。

これを見ると、Googleからシェアを奪ったBaiduがつい最近まで8%だったのが分かる。
しかし、現在は4%。
一度Baidu(百度)に奪われた4%のシェアを、またGoogleが奪い返して80%台に返り咲いた形だ。
Buidu(百度)には、Google以上に光る何かを感じさるものがない。
当然の結果なのかなと思っている。

■複合検索キーワードの左右入れ替えで検索結果順位は変わる。複合キーワードのSEO対策
■検索エンジンに登録申請を忘れるな。特にBing検索ロボットは性能が低過ぎるので重要なSEO対策
■bloggerのページタイトル<title>を「記事タイトル:ブログタイトル」の順で表示させる
■世の中には怖いSEO業者や危険なSEO業者も居るようだ

■上位を狙うキーワードで1000位中何位かを数値で可視化する検索順位チェックツール ヴィーレッツ
■SEO対策ツール集
■記事タイトルだけでページ内容が分かるようにせよ。記事一覧の無いブログで記事一覧を可視化する方法
■SEO対策人向けなリアルタイム型無料アクセス解析を一つだけ挙げるなら、リサーチアルチザン

トンちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。