最近のバッテリーは昔と違うように感じます。

昔であれば、バッテリーが弱くなるとヘッドライトが暗くなる、エンジンのかかりが悪くなるなど、何かしらの現象がありました。

最近のバッテリーは違います。

エンジンかけて止めて、次にエンジンをかけるとかからない。

こんなことがあります。

私のような古い整備士であればお客様に「ヘッドライトが暗くなってきたらバッテリーの交換ですよ~」って言いますw

新しい整備士であれば「3年に一度交換してくださいね」

ってなるでしょう。

ボッタクリでもなんでもありません。

交換時期が見えてわからなくなっています。

バッテリーの交換時期はバッテリーに書かれています。

最近であればハイブリッドやエンジンストップの車も多いです。

それはそれでバッテリーは普通とは違います。

交換したらその日付をバッテリーに油性ペンで書く。

そして、3年に1度は交換する。

弱く感じなくても交換する。

車はバッテリーが無ければ大きい鉄の塊です。

バッテリーのチェックも日常点検の項目です。


今回の題ですが、実際に私が経験したことですw

走って停めて、コーヒーを買ってエンジンかけたら、かからないwww