御訪問頂きまして有難うございます!お願い

 

お弁当の猫きのこですドキドキ

 

我が家のルールでは各々が見たい映画やドラマは基本CTVでなんとかします。

各々変な趣味が多すぎて、一々お金をかけていたら財政破綻するからですニヤリ優先順位から行けばレンタルビデオとかは大分下になります・・

 

ですので、観たいなあと思っている映画があってもじ~っとCTVでするまで待つのです。

 

『シャイニング』の続編の2019年上演の『ドクター・スリープ』は2年待ちと言う比較的早めに観ることが出来ました。

 

 

結論から言えば・・・

 

騙された~ッ!!ムキームカムカ

 

お話はちょっとズレますが、原作のスティーブン・キングは多作で随分と私も追いかけて読んだものでした。

 

この作家を私の中で勝手に分類すると4期に分かれます。

 

【1期】 リチャード・バックマン名義でも発表していて、『スタンドバイミー』『キャリー』『シャイニング』『ゴールデンボーイ』など純粋な少年やら少女が主人公の読みやすいものが多い。

キングがまだ安月給の高校の教師をしながら作家を目指していて、嫁のタバサも働きながらそれを支え、そんな夢と愛に満ちた世界が影響した、読み手の心を鷲掴みするような希望と悲しみが入り混じった作品たちばかり。

 

【2期】 売れに売れて『グリーンマイル』『ショーシャンクの空』など、昇華された文学性の高いものが多い。

 

【3期】 売れすぎて嫁タバサが調子に乗ったのか、自分も作家として名乗りはじめて作品を発表し始める。この頃のキングは『ドロレス・クレイボーン』『ゴッサムカフェで朝食を』『ローズ・マーダー』など、旦那のDVや嫁殺しを彷彿とさせるような作品が多い。

 

【4期】 現実に嫌気がさしたのか、ファンタジー系作品増えて来る。全く面白くなくなったので私は読まなくなった。

 

【3期】までは面白く、追いかけてほぼ全部の作品を読みました。

キングの特徴は読んでいると映像が目の前に現れるような卓越した描写力で映画化しやすいとは思うのですが、反面、映画化したら思った通りか、それ以下か、とんでもないカスかとあまり小説以上の作品に出会えないところが難点です。

 

『シャイニング』【1期】この続編の『ドクター・スリープ』【4期】

 

 

【1期】の初々しいあの世界が果たして引き継がれるのかと嫌な予感はありましたが・・・

不安は見事当たりました。

 

この失望感は確か『サイレントヒル』の続編を観た時に感じたものと似ている。

 

 

続編を作る時にとにかくやって頂きたいこと。

 

・なぜ前作が売れたのかをきちっと把握してから作って欲しい。

・絶対に成長した主人公を不細工にしないこと。ターミネーター3、サイレントヒルリベレーションも怒りに震えて話が入って来なかったわ・・・ニヤリ

 

老いた作家がやらかしがちですが、自己投影しても見る側は若い人たちがほとんど。

ドキュメントを狙うのなら分かりますが、ビジュアルは大事です。

 

『シャイニング』のどこに惹かれたかと言うと閉鎖された世界に漂う腐敗にまみれた美しい悪夢。

年代も国も超えた、このホテルに悪霊になって住んでもいいかもとちょっと思わせるような何とも言えない不思議な魅力。

 

そしてそれが分かっているからこそあのCMを打ったのでは?

 

 

また、あの世界に出会えると楽しみにしていたのに~!!ムキームカムカ

 

 

 

『シャイニング』のキャスティングはダニーは可愛らしかったし、お母さんは繊細で浮世離れしていたし、ジャック・ニコルソンもある意味、壮絶な美がありました。

 

だからこそ、生まれた独特の世界観。

 

なのに『ドクター・スリープ』ほぼほぼ全体の三分の二の時間を、ジプシーのようなアメリカ感丸出しの弱っちい吸血鬼のような変な連中の移動に付き合わされ、やっと懐かしのホテルに来たと思ったら・・・なんだか、あまり美しくない。

 

主要キャストはおっさん、おばさん、そして黒人の少女と言う儚げな感じが微塵もないメンバーで、懐かしの亡霊たちの登場は一斉で雑。

 

 

 

せめてエンディングに流れた音楽をホテルで流し、古い時代の衣装を着た人たちがパーティをやっていて欲しかった。

 

もしかしたらこの世界は監督スタンリー・キューブリックの独特の感性が作ったものかも知れないですね。

確か、キングはこのシャイニングは気に入らないと言っていた記憶がある・・・

 

スティーブン・キングは、スタンリー・キューブリックが監督した『シャイニング』(1980)の気に入らなかった部分を“埋め合わせてくれた”として、マイク・フラナガンが監督を務めた『ドクター・スリープ』(11月29日公開)を称賛した。

 

だったら前作のイメージを映画のCMに使わなければいいのに・・・

どっちにしてもキング、アタシの中で終わったね・・・ニヤリ寂しいわ~

この映画を観た唯一の収穫は、「4期のキングに読む(観る)価値なし」とはっきり確信が持てたことでした。

 

 
ショボーンヒトって変にゃ~
そんなに怒るなら観なけりゃいいニャ~
 

 
ニヤニヤでも観たいのよ~
なんででしょうねぇ~