洗濯家 中村祐一オフィシャルブログ「洗濯王子の美服のヒケツ」Powered by Ameba

洗濯アドバイザー中村祐一オフィシャルブログ
美服をつくる、とっておきの洗濯方法お伝えします。


テーマ:
洗濯やクリーニングは治療に近いと、ここのところ書いていますが、
では、衣服を創る人はどんな立場なのでしょうか??


僕は、「創り手=神」である と思っています。


例えば、宮崎駿はトトロとか、ナウシカとかを生みだした神だと思うし、
ウォルト・ディズニーはミッキーマウスを生み出した神。
または、バッハやベートベンも神だし、ピカソやゴッホも神だと思う。


あ、宗教的な怪しい話ではないので安心して下さい(笑)


要は、人間でも、服でも、キャラクターでも、絵画でも、音楽でも、
「生みだす人はみんな神」なのだと思うんです。
「クリエイター=神」なのだと。


だから、何かを生みだす人は、それが、何年も人々に寄り添い
ずっと残ることを願って作品を生みだすはずです。

逆に言うと、創り手は、何年、何十年、何百年残るものを生むべきだと思う。
それは、となりのトトロやディズニーランドが、何世代にも渡って愛されるように。


その意味で言うと、現在の多くの服は、
あまりにも短命に創られていないかい??と問いたくなる。


たとえば、冬物にもよく使われる、合成皮革なんていい例だ。
これって製造から3年でかなり劣化する素材として知られています。


神様が、3年で寿命を迎えると知っていて、
この世にモノを送り出すなんてことが、果たしてあっていいのでしょうか??
例えば宮﨑駿が、3年で廃れる映画作品を生みだすでしょうか??



送り出すのであれば、エイジングしながら
何年も一緒に着続けることが出来る、本革にすべきだと思うし、
もしくは、合成皮革を使うなら劣化しないようなものへ技術革新すべきだと。


合成皮革に限らず、生みだすのならば、
「ずっと愛されること」を前提に、生みだすべきだろうと僕は思う。
それが、クリエイターとしての義務だろうと。


そして、服を着る側、手入れをする側は、その創り手の思想に
最大限のリスペクトを払うべきだと思う。

創られた、そのデザイン、素材、色、ライン・・・・
そういったところに最大限敬意を持つべきだ。


と同時に、3年で着れなくなるような、思想なき創り手には
厳しく意見を言うことも時には必要だと思う。


そういう、リスペクトがあれば、服の着方って変わるよね??


また、僕らの様な手入れをする仕事は、
「出来るだけ神の様に、出来るだけ元々の状態の様に」治さなきゃ
という気持ちになり、いい加減な仕事ができなくなる。

「神業」って言うのは、そういう「神のような業」で、
治した人に送られる言葉だと思うわけで。


そういった、創り手、着る人、手を入れる人、
双方にリスペクトが無いとファッションはダメになり、
いい加減なデザインや手入れの方法がはびこってしまうのではないかと思う。


服は、一生を共にする相棒であり、自分の体の一部であって欲しいから、
服を生みだす人には、神らしくあってほしいと願うのであります。








●洗濯アドバイザー中村祐一の公式サイト
→ http://www.sentaku-yuichi.com/

●お洗濯で何かお困りですか??
メルマガにご登録頂くと洗濯王子に洗濯の相談が直接送れます→ 洗濯アドバイザー中村の公式メルマガ登録


●洗濯王子が主宰する洗濯講座に参加しませんか??
センタクスタジオ洗濯レッスン





いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース