僕の家には、ドラム式と縦型と二槽式洗濯機がそれぞれあるのですが、うちに来た方は大抵洗濯機たちを見て「二槽式洗濯機ってまだあるんですねー!」と言います(笑)

忙しい現代社会では選択肢から真っ先に除外されてしまう二槽式洗濯機ですが、水量も回す時間も自分の意のまま動かせるので、究極の洗濯機です(笑)

二槽式洗濯機のいい所の一つに、洗濯ものの様子がよく見えるということが挙げられます。

服や汚れや洗剤が今どうなってるか?がよく分かるということです。

逆に言うと、多くの洗濯機は、蓋を閉めてボタンを押した後、中で何がどうなってるか?分からないものが多いですよね。

洗濯機が魔法の箱だと思っている人も多いのですが、そんなことはないです。

洗濯機って、基本的に ・・・

 

・水をためる
・衣類を動かす。
・水を絞る


これらを代替して「洗濯を楽にしてくれるもの」であって、洗濯をパワーアップしてくれるのではないと僕は思います。

だから、例えば手洗いでちゃんと洗えない人は、洗濯機でも多分ちゃんと洗えてないです。

洗濯機は使う人以上に、洗浄力は上がりません。
あ、洗剤もそうです(笑)

僕はよく、ハード(洗濯機)じゃなくて、OS (自分の頭の中にある洗濯に関すること)をアップデートした方が何倍も効果があると言っています。

だから、「洗濯について伝える」という活動をしています。


せっかくの良い機械も良い洗剤も使う人次第なのだから。