2019年謹賀新年。

テーマ:

新年あげましておめでとう御座います。今年も宜しくお願いします。

去年は逆風が多い年でした。色々な物事で。その辺は前回のblogで書いたんで年も変わった事だし前向きに行きたいと言う事でネガティヴなマイナスな話はやめときます。コインランドリー関連以外でも大きくいい事ってのもなかったかな?散々言ってますがコインランドリー関連blogなんで他の事はあんまり書く気がありません。滅多に書かなくなったSNSのblogに書けばいい訳だし、そっちのblogはあくまで一個人で書いてるし。

 

平成最後の紅白歌合戦はオッと思う演出が後半あったんで面白かったです。印象的なのがトリの石川さゆりの天城越えで布袋がギター弾いてたのが印象的。他にも松任谷夫婦共演やサザンの歌ってる時の松任谷由実との絡みとか。サザンがあれだけ盛り上げてやっぱり花があるなとか、米津玄師が出てびっくりとか。平成最後の紅白と考えれば平成フィナーレとしては良かったのではないかと。

 

最近は寒気が入ったりまた出てったりで冬らしい寒い日が多くなりました。晴天も多くここらも冬らしい気候。なんていうのかありきたりな冬の毎日が続いてます。1月2月が寒さの底なのかな?前回の冬は偉い寒い冬でした。井戸から建物に入る所まで配管があって凍結防止の耐寒のスポンジが巻いてあるけど、それが鳥が突っついて長年の間に剥けてしまった所が多く、凍結したら勿論洗濯できなくなるんで完璧な補修を施した記憶が。児玉店開店してからのうちでは一番寒い冬になった印象。

 

先月見たテレビCMでメルカリので草なぎ剛が出てるのでコインランドリーで撮影してるのがありました。最近見なくなったけど。monstvaskと書いてあり、しゃぼんで撮ったんだなぁとか思いました。機械見れば主要なチェーン店ならわかるんで、そこらへんで自分でどこのコインランドリーかクイズみたくなってます。職業病とも言える。

 

12/25~1/5の間の開店キャンペーンを行い終了しました。キャンペーンを利用したお客さんでこのblog見てる人居るのかな?利用頂いたお客さんには御礼申し上げます。とは言っても多分児玉店のお客さんでは誰も見てない気が・・・。blogを始めた幾つかの理由の中に、洗濯中の待ってる間の暇潰しと案内に・・・と言うのがありますが、見られないなら必要性が薄れるから続けるかやめるか考えるかと。情報発信ならtwitterとかfacebookとかの方が適当だと思われる。twitterは140字だから読み物とするなら短すぎるから案内のみになる。コインランドリーと言う商売の特性で、そんなしょっちゅう案内する事柄もないし。他にはコインランドリー開業経営についてネットで流れてくる流浪の民に、情報提供の為ですね。今はどんな事でもネットでちょちょっと調べられちゃういい時代になりました。

 

そのキャンペーン前夜の話。値段が変わるんでキャンペーン値札と言うのを準備して店に向かいます。が・・・この値札をうっかり忘れてしまい。事務所と店の距離が遠いから簡単に行って戻るというのは厳しい。その場凌ぎで余ってる紙を貼り付けて凌ぎました。翌日はちゃんと忘れず持参して正規の物に貼り替え。毎年12/24と25はバイト店員さんてはなく自分で出勤してます。理由はキャンペーン設定変更作業は自分でないとできない、25日は開店日で思い入れがあるんで通常の業務をこなしながら初心に帰ったり感慨に耽ったりしてます。

 

先程書いたblog継続に近い話。せんたっく公式lineアカウントと言うのが確か去年正月に申請して認可が下りたのが確か2月下旬。blogは特性上無関係でネットで偶然流れてきただけの奴にも発見されますが、lineはその場に行かなかったり関係してなかったりしないと知る事ができない特性だと思われます。知ると言う意味で開放的と閉鎖的の違いと言うか。なのでコインランドリー開業者向けではなく児玉店顧客サービス用としてアカウント開設しました。が、店内に小さいPOPでQRコード貼り付けてあるだけで特段宣伝する類の物でもないから。あ、このblogにタグ貼ってたっけ。そんな訳で友達登録がそんなに増えず。友達登録してカードを所有してれば100ポイントプレゼントをしてますが、その申請も3から4回かな?これも先程述べたように、コインランドリーではそんなしょっちゅう配信するような事柄もない。逆に定型文をしょっちゅう配信してもユーザー側としてはうざったい。1年近くが経過してlineアカウントの必要性があるのかどうか?だから継続するか抹消するか見直してみる計画です。

あとはblogとlineを閉鎖して中間的役割としてtwitterを開設するとか。文字制限があるからblogのような濃い内容は発信できませんが。twitterとかレスバトルとかあるけど、あんな風になるの面倒臭いのとしょっちゅうSNSを見るほど暇もない。。twitterはコミュニケーションツールとしての物だと考えてます。このblogはコミュニケーションツールとしては利用してません。コニュニケーションは店舗利用なら店員さんと話すか、開業相談なら電話かメールで会話すればいいので、宣伝媒体としても考えてません。近くのコインランドリー検索とかならgoogleやyahoo!で作った頁があるからそっちを見れば事足ります。開業は埼玉営業所公式ページから連絡して下さいと言った感じです。いいねやコメントなどもチェックしてませんので。話逸れましたがlineアカウントどうするかと言ったとこです。

 

児玉店では今月6日から一部機器の値下げを断行。12kg洗濯機の売りでもある除菌すすぎ機能と言うのがありますが、今迄はオプション料金としてプラス100円で700円でした。これを除菌すすぎ無料として、洗濯機の中では稼働率が低いので稼働率上昇と、単純に除菌すすぎがいいものだから是非お客さんに気安く利用してもらいたいとの狙いです。通常洗濯コースも残す為、カード利用の場合はカード利用ボタンを2回押してもらい、現金利用の場合は硬貨投入後カード利用ボタンを1回押せば除菌すすぎコースで運転します。注意事項として除菌すすぎは運転時間が15分延びます。15分時間に余裕あれば是非使ってみて下さい。この無料化を案内すべく洗濯機にPOPを貼りましたが、除菌すすぎボタン押して下さいと書いたものの、カード利用ボタンを押すから案内不十分かなと思われるんで、手が空いた時に作り直そうかと。本体にはカード利用ボタンの下に除菌すすぎは押して下さいとは書いてあるから間違いではないんですが目立たないので。

 

随分長い間なかったんですが、先々月頃から頻繁な不正大量両替が発生しました。コインランドリー機器に釣銭機能はありません。だから、両替機で両替して丁度の料金を投入して下さいというシステムです。なのでそういう輩が不正両替を行うと本来の目的であるお客さんに両替してもらい、釣銭として受け取って貰うと言うのが両替銭切れが発生してできなくなって迷惑をかけてしまいます。不正両替禁止については両替機脇にも案内してますが、無人営業と言う業態の為狙われやすいです。不正両替者へ告知を掲示して不正両替があった日の防犯カメラ録画を確認して車種とナンバーを確認。次回発見時には威力業務妨害被害届を提出予定です。相手が特定できなければ、小犯罪なんて警察に相手にされませんが、身元特定証拠があれば警察も動いてくれます。

 

先月コインランドリービジネスマガジン7号が発刊。その中で個人的に特筆するような記事について雑感。様々なコインランドリー店舗の事例に関しての記事が多かった。店舗自体の特徴や立地など。胆振地方中東部地震発生後、24時間営業を実施して住民のニーズに応えた店舗と言うのがありました。天災はいつどこで起こるかなんてわかんないし、万が一起きた場合は建物設備に問題なければ児玉店でも営業時間拡大や、洗濯機料金の値下げなど地域貢献できればと思います。そういう時は洗濯需要が多い筈なので、洗濯乾燥機は乾燥までやると占有時間が長くなって回転が悪くなるから、多数の利用を考えた場合洗濯コースのみにすると言った対応も考えられます。それだけの天災となると店員自身も色々と大変だろうし、掃除などは滞る可能性もありますがそこらは利便性や料金などでフォローしていくしかないですかね。本題に戻ってそんな北海道の店舗がある訳だからできるところは見習いたいです。

他には布団洗いついての取り組みを行ってる沖縄の店舗や、布団洗い需要促進で土日洗濯乾燥機大繁盛してる店舗の紹介。まだまだコインランドリーで布団を洗えるのを知らない人は一杯居る筈。特にコインランドリーなんか使った事ないって人は。そりゃそーです。普段コインランドリーに関わらない訳だから。ここらは認知を広める為折込でもそのうち入れたいと思っています。幸い児玉店には布団や毛布や敷物に特化したヨソには滅多にない布団乾燥機なる特徴的な機器もあります。うちで干すからいいわなんてのだと、芯まで乾くのに時間がかかりそこからカビが発生したら本末転倒。普通のドラム乾燥機より圧倒的な布団乾燥機でさっさと早く安く乾かして下さい。

店舗関連の記事が多く木になった記事はその2本くらい。

 

コインランドリー始めようと決めた。場所も見つけた。もしくはある。でもできない・・・。なんて事例も多々あります。売主との間で買えなくなった、その場所が調べてったら調整地域で建物が建てれないもししくは用途地域の制限が厳しくできない・・・。この前あった話で道路隔てて現在ドラッグストア建築中。なのにコインランドリーはできない。それはおかしいと思って役場に調べて回答を待った結果、道路挟んだだけで用途地域が違ったなんて事例も。新規で始める場合建物からだとできないなんてのは地目などでできないって場合も有ります。既に建物があればクリアできるのになと。こればっかりはどうしようもありません。調整地域だと建物あってもできない場合もあります。道路拡張で立ち退きの可能性があったりとか。どんな商売でも始めると決めたのにできたくなったりなんて例は幾らでもあります。あ、資金問題が解決できないのはまた別の話だけど。

 

それでは画像解説。契約更新に工務店に赴いた際についでに段差が大きくなってしまって危ない場所があるから直してほしいと要望。なかなか直しに来なくてせっついたけど、10月に話したわけだし年内には絶対何とかしてくれと要望して何とか年内に修理完了。あともう一箇所補修した場所があります。これで段差解消してこけにくくなりました。自分は元旦早々庭でこけてアバラが痛くて今だに治らない。医者行くべきか。

 

うちの娘はテレビでとにかく明るい安村を発見。それが気に入ったらしくyou tubeで見せてやると「おっぱい、おっぱい♪」とご機嫌。我が家ではとにかく明るい安村からおっぱいに名前が変わってしまいました。

 

by  ダ

 

 

コインランドリーせんたっく埼玉
友だち追加