児玉店blog.其壱五○話。

テーマ:

THE 冬な天気が続いてます。北国は寒気が強く大雪になってますが、関東地方はちょっと例年より寒いかな程度で特に雪が降る事も無く乾燥した晴れが続いて平常運転な天気で大雪の地域があるって言われても全くピンときません。ふ~ん程度。仕事で使うミニキャブも夏タイヤのまんまです。天気予報見てスタッドレスに履き替えますがそれも明日明後日変えねばって予報でもないです。

と言う訳でこのblogも今回で150話目となりました。今後もゆっくりまったり末永く更新していければと思います。仮に過去150話全部を読み返したら偉い時間がかかるんで、過去は振り返らず前を向いて更新したいものです。てか間隔で言えば前回更新より間が空いてませんが、手が空いてる時に書いてしまおうかと。忙しくなると書いてらんないので。

 

散々書いてきた当店自慢の布団乾燥機。これは本社工場では大活躍。洗濯代行もやってるんで布団をしまうシーズンになると一日中回ってます。ホームページでは布団丸洗いなんてのもでかでかと目に止まり易いバナーです。勿論毎回100円玉を投入なんかしないでスイッチで運転できるように改造されてます。ノアとかでお客さん宅に引き取りに行って洗濯乾燥して返却。布団乾燥機のお陰で乾燥時間も短縮でき業務効率化でも一役買ってます。

 

当店の布団乾燥機君はメーカーからいまだに原因の報告がありません。一回メーカーに正月も空けたし聞いたけどまだ調査中だそうな。次回キャンペーンまでにわからんと、またパネル外して基盤を操作してパネル戻しなんて面倒な手間がかかってしまいます。他に危惧してるのが、今後ITランドリー経由で設定変更ができなくなった場合。今回は前触れも無くいきなり起こった出来事なので。何があるかわかりませんからなぁ。

 

世の中にコインラdノリーって山程ありますが、管理の方法や頻度などは店それぞれ。児玉店の場合は盆暮れ正月祭以外は毎日店に赴いた管理をしてます。当店の場合、店舗近隣在住のバイトを雇用してます。けど、児玉店はよそのコイランドリーと比べて仕事の種類が非常に多いと思います。一番多いのは経営者一人で全てを管理するってパターンが多いです。店員を雇用した場合でも集金は自分でやって掃除だけバイトとか。児玉店は掃除は勿論ですが、集金、機器や付帯設備の点検もやります。エラー解除や軽微な修理もこなして貰います。こりゃバイトだとハードル高いって修理は自分がやってます。作業中にお客さんから質問あればそれは接客業務ともなります。じゃあ、お前は店行っても何もしないのか?と言われれば、逆に自分でないと出来ない仕事ってのも色々あるんで、店員よりも遥かに店に滞在します。なので児玉店の店員は、そこらのコインランドリー店員より知識が豊富です。利用者の質問レベルには殆ど答えられる躾もしてます。この店舗ならではってかよそじゃあんまり見られない設備やサービスもあるので、店員は覚えるのが大変だなぁとは思います。滅多にないけど店でアクシデントが発生して緊急性が必要と判断すれば駆けつけて対処を依頼する時もあります。こんなんで、有能な店員さんには感謝して、その分昇給や手当てで還元します。屑は使えてないので感謝しないし昇給もありません。

 

毎回自分のblogは糞長いですが、普段からネタをストックしてます。忘れちゃうから携帯に保存して。一ヶ月に一回であの程度の長さなんで、今月は3回更新するんで、今回と次回は普段より短くなります。けど、3ヶ月空いた4月のblogは普段にも増して長くなる事受けあい。

 

たまにネットを徘徊してコイランドリーの記事やblogなど見てますが、先日酷いblogをアメブロ内で発見。一言で言えば他店をdisりまくった内容。それをタイトルにつけてうちは凄い、ヨソは酷い的な記事。コインランドリー経営してる癖に業界に不信感を持たせるのが目的なの?と思う。幾つかかいつまんで突っ込んでみる。クリーニング師の資格を持った人間が店舗を作ってるとか。いやぁクリーニング師は店舗の設計施工のテストなんかないけど。クリーニング師資格は確かに取得に手間がかかるのはわかるが資格取得を自慢したいだけなんじゃねーの?と。店舗作りには全く関係ない。

洗濯には水が必要ですが、この経費をヨソはけちってるけどうちはけちってない。で、機械の設定は変えられるから水量を減らしてるけど、うちはメーカー規定でやってると。論破点は普通の経営者はわざわざ設定弄らない。理屈がわかって機械強けりゃ別だけどパネル外して基盤弄ってなんて普通やんないよ。それにあんな高い業務用機器で設定変更出来なかった場合の方が問題だわ。乾燥機にしても同様でヨソはガス代けちってるから乾燥温度は低くしてるけどうちは70℃だと。平均的なんだが。高温だと痛みが進行するってのは当たってるが。これも標準的温度のうちは凄いと言いたいらしい。

最後は一日一回掃除やってますと。で?だからなに?

決め付けで他店を貶める内容のblogをあげるのはいかがだとは思うけどなぁ。

 

過去に成功させるにはこんなポイントがありますよぉなんてのを散々書きましたが、、一つの大成功目安が年商1,200万円、つまり平均月商100万円です。乾季雨季ってのがあるから乾季に月商100万はかなり大変ですが、乾季の月商100万なら年商なら1,500万円は楽に行くでしょう。これをクリアするには立地、人口、駐車場、大型店、層、差別化、競合店などの項目をどこまで満点に近づけられるか否か。ここらは開業前にわかってる事なので、これに近い物件かどうか。滅多に上記に上げた満点物件なんてないとは思いますが。賃貸の場合、家賃て条件も加わる訳だし。生活道路に面してれば目にする人数も増えて認知が上がりやすくこれに商圏人口も加えて利用促進が期待できます。駐車場が広かったり、機械の台数(特に乾燥機)が少ないと繁忙時は捌ききれないので大型店でないと1,200万は難しいかもしれません。差別化と競合店は対応が似てますね。差別化はは色々あるんで相談して下さい。以上は郊外型での条件です。

どんな商売だってやるからには成功したいですよね。大成功の目安は1,200万円とこかな。

 

開業相談を受け付けてますがやっぱり世の中色んな人が居る。お客さんの話を聞いて返答する訳ですが、それの返しがパッパッといかないと言われたのがあって。喋り自体が非常にのろい+考えながら喋ってるのとで。それは貴方の頭の中では固まってて自分しかわかってないもん、こっちはわからん。それを返しがどーのこーの言われても・・・。こっちはきちんと話を聞かねば責任ある返事ができないから真剣に聞いてるんですが。

 

児玉町の管轄警察は児玉署です。仕事絡みで児玉警察にはみっつの貸しとひとつの貸りがあります。相殺するとまだふたつ貸しがあります。そのうち返してもらわなきゃ。てか、貸しをこれ以上増やされなきゃいーやって気もする。

 

blog最後に近くなってくるとコインランドリー関係ないネタぶち込んでますが今回もそれをいきます。

児玉の名所ってどこだろ?と。パッと思いついたのは本庄サーキット。走った事ありませんが。ミニサーキットですね。よく走行会もやってます。有名人だと塙保己一。でも児玉に関わるようになって初めて知った名前。塙保己一記念館てのもあるみたいで機会があれば訪れたいです。春には桜が有名らしく、こだま千本桜と周辺にも名を轟かせてるみたいです。工場だと赤木乳業。ガリガリ君で御馴染みです。他に何があるんだろ?自然くらいか?他にも知りたい人はじゃらんでも見て下さい。

 

毎回恒例画像解説。

レーザー距離計です。見積の為に現場行った時に重宝します。図面がなかったり、知りたい寸法が図面に載ってないなんて時に簡単正確に測れます。天井高は載ってないんで天井が低い時も瞬時に測れます。巻尺も大小持ってますが、でっかい巻尺は殆ど使いません。

見積時の相棒となってます。何十万円もしたら買えないけどコストパフォーマンスに優れてます。全ての機能を使う事は無いけど。

 

by  ダ

 

 

コインランドリーせんたっく埼玉
友だち追加