ssage body

 昨日の王座戦第2局。観戦のためにアクセスしたのは1図の頃。
 
 
 
 
 ざっとみて、駒割は銀桂交換で先手有利、手番は後手で△7六桂が直ぐに入る。飛車が下段にいるから先手が余せるのではないかと私は感じたが、実戦は思いもよらぬ方向に行く。桂馬の王手に対し、▲7七玉ではなく▲7九玉! いかにも狭い。追い打ちの△8八歩▲7七桂△8九角を食らうと早くも詰めろで、飛車を浮くしかない。(2図) 実況サイトにはこの手順への違和感が全く表現されていないのだが、後手だけがまとめて3手くらい指した印象である。
 
 
 普通に「桂先の玉寄せにくし」の▲7七玉△8八歩▲9七桂で下段を飛車が締めているので先手玉の状況は本譜よりは格段にいいと思うのだが、プロならでは深い読みがあるのだろうか。
 
 実戦は飛車が2八に浮いたのを咎められ、△3七金から金をただで取られるし、1図では4枚いた自陣の金銀が3図になると1枚にまで減らされている。後手玉周辺には金銀が複数枚健在で直ぐに詰めろがかかる状況ではない。残り時間の乏しい斎藤ではあったが、寄せの構図を立てやすいと感じていたはずだ。一人終盤となった中村に勝ち目は少ない。
 
 
 これで2連勝。5番勝負での2連勝3連敗は結構先例があるので、まだ安心ではないが、彼我の今年度の成績等を勘案すると視界良好であることは間違いない。