棋王戦、渡辺圧勝

テーマ:

 今日は棋王戦第1局をあまりのめり込まずに観戦。角換わり腰掛銀から後手渡辺棋王が攻め倒して先勝。日の出の勢いの佐藤天彦八段とにしては、なんとも精彩のない将棋であった。この結果の主な原因者は勝者なのか敗者なのか?

 ニコニコの実況解説は聴かず、棋譜コメントもほとんど読んでいないのだが、1図では普通は▲4五銀とぶつけるものではないか? 攻守の要になりそうな後手の金と交換になれば御の字だし、仮に金を取らせてくれるならそれもよし。さすがに△7六歩と叩き合いになっても先手玉は寄せられないと私は読んだのだが、そうでもないのだろうか?



 2図のところは桂馬を取らないことが不審だったので実況欄を読んだのだが、「桂馬を渡す反動があるので云々」とあった。でも本譜のように銀取りを保留すると利かされるだけ利かされて銀に逃げられ、桂馬が残ってしまう。さっさと取ってしまう方がよかったのではないか。



 手番が回って3図のような継歩しかないのでは、勝てないとしたもの。初心者向けの歩の使い方ではでてきても、高段者の対局で継歩で決まるのを私は見たことがない。この将棋も攻めに時間がかかりすぎるところを衝かれてあっさり寄せ切られた。



 うーむ。評価に困りますね。多分ですが、△6四銀から△5四金の渡辺棋王の対応がヒットしたのではないかというのが、現時点の私の感想です。