『この現実に 宣戦布告』

『この現実に 宣戦布告』

「マーブル」ボーカルにして主謀者の翔馬の日常、非日常。

マーブル公式メールマガジン「マダラナメルマガ」創刊。
隔週配信中。
madarana.mm@gmail.com 迄、タイトルを「マダラナメルマガ配信希望」とし、名前を明記の上、送信願う。

全公演、チケット予約はhttp://xxmarblexx.net/live.html
にて受付中。


もしくはinfo@xxmarblexx.net
迄、タイトルを「チケット予約」とし、日付・名前・枚数を明記の上、当日15時迄に送信願う。

↓マーブル公式ウェブサイト↓
http://xxmarblexx.net/

↓「狼煙を上げよ、其の身を燃して」MV↓
https://www.youtube.com/watch?v=3BVtNIXrloU
↓「宣戦布告」MV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Bk0vRWhU22k
↓「暗中模索」公演映像MV↓


https://www.youtube.com/watch?v=u_Ny-BFH8no

↓「サタニスト」公演映像MV↓


https://www.youtube.com/watch?v=kLUM8j5SdTg

テーマ:

3/12 池袋CYBER登壇が終了した。

 

 

駆け付けてくれた諸君、成功を祈ってくれていた諸君に感謝を。


GRACE主催にして、制覇君生誕祭。

 

一年に一度の大事な日に呼んで貰えて有難かった。

 

 

今回のセットリストは、

 

SE:登壇

1、ピグマリオンスピーチ

2、死なば諸共

3、リビングデッド

4、戯れ言

5、サイレントナイト

6、ノンフィクション

 

であった。

 

生誕を盛り上げるべく、MC無しで性急な楽曲を主軸に組んだ。

 

其の中で「戯れ言」が色濃く鳴る様に感じる。

 

歌えば歌うだけ、曲の芯に近付いてゆくのを感じている。

 

メロディも、歌詞も、同じなのだが。。不思議だ。

 

 

今回も見届けてくれて有難う。


テーマ:

3/11 神楽坂TRASH-UP!!登壇が終了した。

 

 

駆け付けてくれた諸君、成功を祈ってくれていた諸君に感謝を。

 

 

今回のセットリストは、

 

SE:登壇

1、カウントダウン

2、疑心暗鬼

3、盲目

4、Zukkin!(OSAM@S)

5、サイレントナイト(OSAM@S) 

 

であった。

 

親愛なる先輩、或月さん(Mちゃん)のGRAND TEMPTATION卒業の日。

 

一度ステージから降りられて、其の後に共に音楽活動をさせて頂いた期間も有った。

 

其の頃の楽曲も含め、此の日に相応しい曲目で臨んだ。

 

寂しい気持ちは勿論だけれど、音は残るし、記憶は残る。

 

受け継いでゆくとしよう。

 

 

或月さん、今迄御疲れ様でした。

 

これからも宜しく御願い致します。

 

 

今回も見届けてくれて有難う。


テーマ:

3/7 新宿club SCIENCE登壇が終了した。

 

駆け付けてくれた諸君、成功を祈ってくれていた諸君に感謝を。

 

 

今回のセットリストは、

 

SE:登壇

1、ピグマリオンスピーチ

2、暗中模索

3、蝙蝠病

4、サタニスト

5、サイレントナイト

6、死なば諸共

 

であった。

 

初めて呼んで頂けた、ヨロヅヤレコード主催。

 

想像していたよりバリエーション豊かな競演陣の中、「マーブルはこれだ」というものが撃ち出せたと自負している。

 

力を貸して貰えて有難かった。

 

 

強制でも付き合いでも無い、心からの声と想いが欲しい。

 

其の為には幾らでも命を張ろう。

 

 

今回も見届けてくれて有難う。


テーマ:

3/6 新宿Wildside tokyo登壇が終了した。

 

 

駆け付けてくれた諸君、成功を祈ってくれていた諸君に感謝を。

 

 

今回のセットリストは、

 

SE:登壇

1、一斉掃射

2、ノンフィクション

3、PLAY/DIE(CHICK@TTACK)

4、サイレントナイト

 

であった。

 

盟友CHICK@TTACK主催。

 

ベースフミさんの脱退となる一夜であった。

 

出演者が決まりきった後、準OAとしての役割で呼んでくれた。

 

節目に華を添えられればと、CHICK@TTACKの楽曲「PLAY/DIE」を歌わせて貰った。

 

時空旅行をテーマとし、アトラクションさながらの楽曲を次々産み出している彼等の、表題曲とも言える一曲。

 

大事に歌わずにはいられなかった。

 

自らの出番の後もステージを拝見していたが。。イベント通じて、競演陣も、ツアー参加者(観客)も、ホストたるCHICK@TTACKも、温かな一体感の有る時間であった。

 

 

求められているのは、幸せな事だな。

 

其れはきっと、何よりの原動力なのだろう。

 

マーブルにとっても、主謀者にとっても、そうだ。

 

 

今回も見届けてくれて有難う。


テーマ:

2/26 高田馬場AREA登壇が終了した。

 

 

駆け付けてくれた諸君、成功を祈ってくれていた諸君に感謝を。

 

 

今回のセットリストは、

 

SE:登壇

1、鬨の声

2、暗中模索

3、ジプシー

4、ピグマリオンスピーチ 

5、ノンフィクション

6、死なば諸共

 

であった。

 

セットリストを組むのにストレスの無い曲数が揃い、曲順に自由度が増して嬉しい。

 

定番のみに頼らずとも、流れを産み出せねばならぬからな。

 

 

精力的に出演させて頂いている高田馬場AREA。

 

此の場所での登壇も、ペースが掴める様になって来た様に感じる。

 

これから先、着実に味方を増やしてゆきたい。

 

 

今回も見届けてくれて有難う。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス