95.恋人の真似っこ | 彼女じゃない恋愛*愛した男には彼女がいた
2005-08-06

95.恋人の真似っこ

テーマ:彼女じゃない恋愛

親友との電話で、翌日、この夏の水着を買いに行くことになった。


「私、使うことなさそうやけどさ・・・」
「なんで?」
「あれから、聞いたんよ。疲れるだと・・・」
「ま、男に誘われんでもウチが誘ったるさかい、な!」
「余計寂しい励ましやな」


とは言ったものの、水着売り場では大はしゃぎで水着を選んだ。
数十枚の水着を試着して、あれでもないこれでもないと言いたい放題。
試着室は既に専用個室化している。
従業員が手下に見えてくる。
これで買わないとか言える勇気は私にはないな。


「なぁ、イメージ通りかイメチェンかどっちがえぇ」
「今着てる黒はホンマイメージ通りやな!」
「そうやろう?似合いすぎて驚いてる」
「え~、そのイメチェン水着の白をを着てみてくれな判らんわ」
そう言うと親友は、カーテンを閉めて素早く着替えまたカーテンを開ける。
「どう?」
「うわ!それ、どっちかって言うとウチよりやね」
「そうやろ、でも、ホンマはこういうの好きやったりするねん」
「でも、似合わんことないで、初めて合う人やったら違和感なし」
「じゃぁ、彼氏やったらあかんやん」
「・・・痛いとこつかれた。でも同じ水着持ってても仕方なくない?」

悩む親友

親友は二つの黒と白の水着で悩んでいた。
試着室でうんうん唸りながら。


「なぁ、ウチも見て」
「なんか、あんたらしい可愛いの選ぶよな」
「で、どう?」
「どんなに可愛らしい水着着ても、エロイよな」
「エロイ言うな!」
「もうちょっと大きいカップないの?胸こぼれそうやん」
「ギリ!!」
「あれ、あれ、あれみたい!そう、何とかハルミって人」
水着 「根元はるみ?」
「そうそう!」
「髪長いだけやん!」
「そっちじゃなくて、グラビアっぽい」
「・・・ウチもイメチェンしたい」
「無理無理!グラビアからは抜け出せません。嫌なら胸ちょうだい!」


私は結局、根元はるみ水着を購入した。
が、親友はまだ悩んでいた。


「彼がな、白やねん。だから、白で合わせたいなって思うねんな」
「ふ~ん、ウチあの人の水着の色なんて知らん」
「そりゃ聞き出したよ、チグハグなっても嫌やしさ」


親友の彼に対する言動はいつも羨ましいと思う。
だけど、私はそんな羨ましい事を思いつかない。
聞いて初めて良いなと思える。
多分、私の中にもアレがしたいコレがしたいという願望はあるんだと思う。
だけど、何故気付けないんだろう。


親友は携帯を取り出し、鏡で自分を写している。
また、変なこと始めた・・・。
今度は一体何を思いついたんだろうか。
私は漏れなく彼女を観察する。


「もしもし、仕事中?」
彼女は電話を掛け出した。
「あ、そう。ちょっと聞いてくれる?…うん、え?…あぁ、でな、今水着買いに来てるんやけど…うん、そう、でな、二つの水着で迷ってんねん。…え?あぁ、もぅ、そう言うと思った。けど、選んで欲しい。…そう、うん、うん。取り合えず、写メ送るし選んで、直ぐメール頂戴。あぁ、もぅえぇから!ほな、頼むで」
相手は彼氏だったようだ。
親友はさっき取った2枚の写真をメールで送っている。
そして、白の水着を購入した。


彼に選んでもらえるという嬉しさってどんなもの?
自分のほっぺがぷ~っと膨らむのが判った。
ベタなすね方だと自分でおかしくなった。

ぷ~

<今、水着買ってる。沢山あって悩むな~>
既に購入済みだが、ちょっとした嘘をついて、彼にメールを送った。
<お疲れさま>
届いたメールに、親友も爆笑している。
「どういう意味?!」
「さぁ?」
「鈍感にも程があるやろ!」
私はまたほっぺを膨らまして、すねた。


言葉が足らないのは自分でも解かっている。
親友の真似だけど、やりたいって思ったこと実践していこうって思った。
そしたらいつか、親友みたいに自分で思いつく事が出来そうな気がした。


今度、彼と水着を買いにこれたらいいな。



← 94 ]  [ 96 →

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス